コンパクトSUVが人気を集める背景とは!?
ユーザーとメーカー、それぞれの視点から考える

2018.05.09 デイリーコラム

5年前と比べて販売台数は“倍増”

確かに見かける機会が増えた。そして何よりも売れている。それが今回のお題に選んだスポーツユーティリティービークル(SUV)、その中でもチョイ小型のコンパクトSUVである。

国内におけるSUV人気は、数字の面からもホンモノである。自販連のデータによれば2017年の国内におけるSUVの販売台数は45万5804台、対前年比で121.7%を記録した。2013年の販売台数22万7532台から見ればなんとほぼ2倍! このご時世、5年前との比較とはいえ、販売台数を2倍に伸ばしている自動車のジャンルはほかにないだろう。実際、国産車だけではなく、輸入車の国内販売が20年ぶりに30万台を超えたのも、SUVの好調さが支えたという事実があるのだ。

国産勢では目下のところ「トヨタC-HR」が独走状態。C-HRの登場までこのカテゴリーでトップだった「ホンダ・ヴェゼル」もいったん落ちた販売台数をマイナーチェンジによって徐々に盛り返しつつある。「マツダCX-3」も毎年行われる改良により商品力をキープしているし、三菱は新型車「エクリプス クロス」を投入した。輸入車勢も、最近では「BMW X2」や「ボルボXC40」がデビュー、また「メルセデス・ベンツGLA」「アウディQ2」なども好調なセールスが伝えられている。

2018年4月に発売されたばかりのBMWの新型コンパクトSUV「X2」。クーペスタイルのボディーを持ち、BMWでは「スポーツアクティビティークーペ」と呼んでいる。
2018年4月に発売されたばかりのBMWの新型コンパクトSUV「X2」。クーペスタイルのボディーを持ち、BMWでは「スポーツアクティビティークーペ」と呼んでいる。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事