第553回:気分はラストエンペラー?
北京でシェア自転車に乗ってみた

2018.05.11 マッキナ あらモーダ!

シェアリング自転車にチャレンジ

「青春とは人生の在る期間を言うのではなく、心の様相を言うのだ。」とは、サミュエル・ウルマン原作/岡田義雄訳『青春』の冒頭部分である。かのマッカーサー元帥も座右の銘としていた。要は、老いとは皺(しわ)の数などではなく、精気を失ったときである、ということだ。

話はかわって2017年4月、上海を訪れたボクが、従来中国になかった「自転車シェアリング」に目を奪われたことは、本稿の第500回で記した。中国発の自転車シェアリングサービス「モバイク」は日本でも2017年8月に札幌市でスタート。その後奈良でもサービスを開始した。

実はボクが頻繁に仕事で訪れるフランス・パリや、イタリアの一部都市にも、中国系シェアリング自転車は相次いで上陸している。シェアリング自転車の先輩格であるパリの「ヴェリブ」は、規定のステーションの端末を操作し、ステーションから借り出し、再びステーションに返却しなければならない。スマートフォンの普及以前に構築されたシステムゆえ、登録も少々厄介である。使用前のデポジットも150ユーロ(約1万9000円)と高額で、問題がなければ返却されるとはいえ、あまり気持ちのいいものではない。

対して、中国系シェアリング自転車は、借り出し地も返却地も原則として自由である。ユーザー登録もスマートフォンにダウンロードしたアプリケーションを通じて行える。しかし、現地での移動距離が大きかったことなどから、この一年ついぞ使わずにきてしまった。

そうした中で2018年4月、モーターショーのために降り立った北京でも、地下鉄駅から階段を上がった途端、前年の上海同様、市民が乗ったシェアリング自転車が縦横に走っていた。北京は地下鉄網が充実しているうえ、タクシーも例えば空港から市街まで乗っても、高速代を含めて円換算で1300円程度と格安である。

なにもシェアリング自転車に乗らなくても……と考えたところで思い出したのが、冒頭の詩だった。精気や興味を失ったときこそ、老いの始まりである。思い立ったボクは、郊外のモーターショー会場を早めに切り上げ、北京市東部朝陽区の宿に戻った。

北京を本拠とするシェアリング自転車「モバイク」は、オレンジ&シルバーのフレームが目印。
北京を本拠とするシェアリング自転車「モバイク」は、オレンジ&シルバーのフレームが目印。拡大
首都を大量に走りまわるシェアリング自転車。前回訪れた2016年には見られなかった光景である。
首都を大量に走りまわるシェアリング自転車。前回訪れた2016年には見られなかった光景である。拡大
2018年の北京モーターショーの会場で。「中国一汽」は、モバイクとEVカーシェアリングを組み合わせたコンセプトビークルを展示した。
2018年の北京モーターショーの会場で。「中国一汽」は、モバイクとEVカーシェアリングを組み合わせたコンセプトビークルを展示した。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。、(ともに二玄社)、、(ともに光人社)、(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事