スバルは2018年5月8日(現地時間:5月7日)、同社の米国生産拠点であるスバル オブ インディアナ オートモーティブ インク(SIA)が新型3列シートSUV「アセント」の生産を開始したと発表した。

アセントは、スバルが北米市場での持続的成長を目指し、特にファミリーユーザーに向けて開発した北米専用車。2017年11月28日に米国ロサンゼルスで世界初公開された。

ボディーサイズは同ブランドの中で最大となる全長×全幅×全高=4998×1930×1819mmで、ホイールベースは2890mm。新開発の2.4リッター水平対向4気筒ターボエンジン(最高出力260hp、最大トルク376Nm)を搭載する。

SIAで生産されたアセントはその後、米国、カナダで順次販売される予定。初夏に発売を控える米国では、現時点で4500台以上を受注しているとのこと。

(Clubpyme)

すべての画像・写真を見る