自動車界に激震!
フォードの「北米市場セダン廃止」を考える

2018.05.11 デイリーコラム

残るは「マスタング」だけ!?

2018年4月25日、米フォード・モーターは経費節減と利益率向上対策の一環として、北米市場におけるセダンの販売から撤退する方針を明らかにした。

2016年の日本市場からの撤退に続いて、クルマ好きを驚かせたフォードのこのニュース。これを読んだだけでは、いわゆる3ボックスのセダンのみをやめるように思えるが、より正確に言えば、近い将来、北米における販売車種をクロスオーバーを含むSUV、バンやミニバン、ピックアップ、およびスペシャルティーカーの「マスタング」に集約するということ。要するにマスタングを除き、セダンやハッチバックなどの“背の低いクルマ”は一切やめるというわけだ。

セダンの衰退は北米のみならず世界的な傾向ではあるが、だからといって一切合切やめてしまうほど北米におけるフォードのセールスは低調なのか、販売台数を調べてみた。現在、米フォードにラインナップされているセダン系モデル(セダン&ハッチバック)は、下位からサブコンパクトの「フィエスタ」、コンパクトの「フォーカス」、ミディアムサイズの「フュージョン」、ラージサイズ(フルサイズ)の「トーラス」の4車種。それらうち、ボリュームゾーンであるコンパクトのフォーカスとミディアムのフュージョンの2017年の販売台数を主なライバルと比較すると、次のようになる。

【コンパクト】

  • ホンダ・シビック    37万7286台
  • トヨタ・カローラ    30万8695台
  • 日産セントラ      21万8451台
  • ヒュンダイ・エラントラ 19万8210台
  • シボレー・クルーズ   18万4751台
  • フォード・フォーカス  15万8385台

【ミディアム】

  • トヨタ・カムリ     38万7081台
  • ホンダ・アコード    32万2655台
  • 日産アルティマ     25万4996台
  • フォード・フュージョン 20万9623台
  • シボレー・マリブ    18万5857台
  • ヒュンダイ・ソナタ   13万1803台

フォーカスがセグメントのトップである「ホンダ・シビック」の半分以下、フュージョンも「トヨタ・カムリ」の半分強というわけで、たしかにセールス好調とはいえない。とはいうものの、フォーカスとフュージョンで37万台弱、サブコンパクトのフィエスタとラージのトーラスを加えれば、2017年時点で北米フォードのセダン系モデルの販売台数は45万台以上。フォード全モデルで246万台強のうち約18%、つまり2割近くを占める市場を自ら捨てるという決断は、いかにしてなされたのか。

現在の米フォードの再量販セダンである「フュージョン」。「トヨタ・カムリ」や「ホンダ・アコード」などと市場を争うミッドサイズのセダンだが、ヨーロッパなどほかの地域では「モンデオ」を名乗っている。
現在の米フォードの再量販セダンである「フュージョン」。「トヨタ・カムリ」や「ホンダ・アコード」などと市場を争うミッドサイズのセダンだが、ヨーロッパなどほかの地域では「モンデオ」を名乗っている。拡大
米フォード最大のセダンである、6代目となる「トーラス」。4代目までのトーラスはミッドサイズだったが、5代目以降はラージサイズとなった。パトカー専用の「ポリスインターセプターセダン」も用意されている。
米フォード最大のセダンである、6代目となる「トーラス」。4代目までのトーラスはミッドサイズだったが、5代目以降はラージサイズとなった。パトカー専用の「ポリスインターセプターセダン」も用意されている。拡大
1986年に登場した、進歩的な空力ルックが特徴の初代「トーラス」。欧州と日本のライバルを徹底的に研究して開発され、1991年までの5年間に200万台以上を売るヒット作となった。これと2代目トーラス以降、北米で当たったフォードのセダンは存在しない。
1986年に登場した、進歩的な空力ルックが特徴の初代「トーラス」。欧州と日本のライバルを徹底的に研究して開発され、1991年までの5年間に200万台以上を売るヒット作となった。これと2代目トーラス以降、北米で当たったフォードのセダンは存在しない。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事