クルマ好きなら毎日みてる Clubpyme 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション(4WD/8AT)

原点回帰のたまもの 2018.05.24 試乗記 ライバルがひしめき合うコンパクトSUVの世界に現れた、ボルボ渾身(こんしん)のニューモデル「XC40」。そのデザインや走りは、北欧ブランドならではの個性にあふれていた。

いまや充実の新ジャンル

鎌倉の海辺で撮影中、海でこんがり焼けたとおぼしきステキな女性がひとりごとを言いながら、とても楽しそうにこちらをチラチラと見ていた。思わずほほ笑み返そうかと思ったけれど、目線の先は筆者ではなかった。同行の編集部S氏でもなければ、カメラマンのK氏でもなかった。白いボディーに黒いルーフの四角いボルボXC40なのだった。

XC40が海辺に止まっていると、材木座海岸の海が北極海に見えた。北欧のクールな風が吹いている。夏はいいでしょうなぁ、涼しげで。小麦色のその女性は、近くのサーフショップの駐車場にとまっていた白い「ジープ・コンパス」のオーナーで、次のクルマの候補についてXC40を見ながら、あれこれ携帯で話していたのだった。

次のクルマをなににするか、具体的に考える時間ほど楽しいひとときはない。まして自分の使い方にピッタリ合いそうな新型が出てきたとあってはなおさら。未舗装路でもさほど気を使うことなく行けて、アウトドアでのスポーツ用具が載せられ、少なくともカップルで移動できる。旧来の価値観から離れた自由気ままな都会のライフスタイル……を象徴しているのがコンパクトSUVである。

最近のその充実ぶりたるや、ドイツ御三家の「X1」「Q3」「GLA」に「レンジローバー イヴォーク」、あるいは大型化した「MINIクロスオーバー」、はたまた「ジャガーEペース」ときて、このボルボXC40と、ともかくつい10年ほど前には存在しなかったセグメントにプレミアムブランドが次々と参入し、大いなる活況を呈している。セグメントが新しいだけにいずこもまだチャンスがある。と思っているから、参入するわけである。

ボルボのSUVの中で、「XC90」「XC60」の弟分と位置づけられる「XC40」。日本では2018年3月に発売された。
ボルボのSUVの中で、「XC90」「XC60」の弟分と位置づけられる「XC40」。日本では2018年3月に発売された。拡大
鮮やかなカラーリングが目を引く「T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション」のインテリア。オレンジ色のドアの内張りとカーペットはオプションとして用意される。
鮮やかなカラーリングが目を引く「T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション」のインテリア。オレンジ色のドアの内張りとカーペットはオプションとして用意される。拡大
荷室の容量は、後席の背もたれを倒すことで拡大可能。長尺物に対応するためのスキーホールも備わる。
荷室の容量は、後席の背もたれを倒すことで拡大可能。長尺物に対応するためのスキーホールも備わる。拡大
荷室の床下には、取り外したトノカバーを収納するスペースが確保されている。写真はカバーをおさめた状態。
荷室の床下には、取り外したトノカバーを収納するスペースが確保されている。写真はカバーをおさめた状態。拡大

市場の反応も上々

このような群雄割拠時代にあって、2017年欧州で発売となったXC40は2017-2018年の欧州カー・オブ・ザ・イヤーを、ボルボとしては初受賞し、ここニッポンでも、発売記念モデルであるT5 AWD R-DESIGN ファーストエディションが、車両価格559万円もするわけだけれど、2018年3月28日に正式発表になって、4月上旬のプレス向け試乗会の時点ではやソールドアウトと発表されるという幸先のよいスタートを切った。市場は大いなる好感を持って迎え入れたのである。

2010年にフォードから中国の吉利汽車資本に変わったボルボは、これを奇貨として中長期計画をゼロから練り直した。エンジンは4気筒以下に絞り、独自のプラットフォームを開発、デザインも刷新して、新型「XC90」に始まる新型車攻勢を開始、2017年の全世界での販売台数は57万台を数えた。いまや成長の真っただ中にある。当面の目標として掲げる年産80万台も、早晩達成しそうな勢いである。

彼らの新計画の根本に原点回帰があったことは積年のボルボファンにとって、「待ってました、大統領!」というような掛け声は似つかわしくないので出さないにせよ、歓迎すべきであったに違いない。ごく簡単に申し上げれば、70~80年代の四角いボルボが帰ってきたのである。
 
以下、肝心のXC40に的を絞ろう。その成り立ちを簡単におさらいしておくと、プラットフォームはCMA(コンパクト・モデュラー・アーキテクチャー)と呼ばれる新開発で、次期「S40/V40」とも共有することになる。リアに特徴的な1枚式板バネを使う「60シリーズ」「90シリーズ」のSPA(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー)とは異なり、前マクファーソンストラット、後ろマルチリンクで前後コイルという、ごく一般的なサスペンション形式を採用している。

北欧神話に登場する神が持つハンマーをモチーフにした、T字型のLEDヘッドランプ。
北欧神話に登場する神が持つハンマーをモチーフにした、T字型のLEDヘッドランプ。拡大
今回試乗した「T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション」のシートは、専用のヌバックとナッパレザーで仕立てられている。
今回試乗した「T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション」のシートは、専用のヌバックとナッパレザーで仕立てられている。拡大
センターコンソールには、縦型の9インチディスプレイが備わる。タッチパネルは赤外線式のため、手にグローブをしたままでも操作可能。
センターコンソールには、縦型の9インチディスプレイが備わる。タッチパネルは赤外線式のため、手にグローブをしたままでも操作可能。拡大
運転席の右前方にあるカードホルダー。「XC40」は、優れたユーティリティー性がセリングポイントのひとつとなっている。
運転席の右前方にあるカードホルダー。「XC40」は、優れたユーティリティー性がセリングポイントのひとつとなっている。拡大
「モメンタム」グレードの一部と今回試乗した「R-DESIGN」グレードには、ボディーカラーとルーフカラーが異なる2トーンカラー仕様が用意される。
「モメンタム」グレードの一部と今回試乗した「R-DESIGN」グレードには、ボディーカラーとルーフカラーが異なる2トーンカラー仕様が用意される。拡大

SUVらしからぬ瞬発力

エンジンは当面、最高出力190psのT4と同252psのT5、同じ2リッター直噴直4ガソリンターボのチューン違いが2種類。グレードは、「モメンタム」と高級革仕様の「インスクリプション」、それにスポーティー仕様の「R-DESIGN」の3種類に加え、単に「XC40 T4」と呼ばれるスタンダードモデルの設定がある。

T4はFWDのみ、T4モメンタムはFWDと4WDの両方の駆動方式が選べる。それ以外はすべて4WDである。また、モメンタムはオシャレな白いルーフの2トーンをオプションで選ぶことができる。どこか50~60年代の郷愁を誘う色の組み合わせだ。

将来は3気筒やプラグインハイブリッド、フルEVの追加もある。環境問題はボルボにとって安全性と並ぶ最重要課題である。限られた資本と資源しか持たない中、「選択と集中」の決断を迫られた彼らが「北欧らしさ」を判断の根拠にすえたのは至極当然のことのように思われる。

ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディションがスッと動くことは、箱根での試乗会で確認していた。なので今回、撮影日前日の夜、Clubpyme編集部にピックアップに行って走り始めたとき、ああ、確かにこうだった、と思った。252ps、350NmというT5の高出力、大トルクのターボエンジンと、このクラスのグラスサンルーフ付きにしては比較的軽い車重1710kgと車重の組み合わせ、なによりそれに8段ATとアクセルペダル、それにステアリングのセッティングがタメをつくらない味付けになっている。SUVというとモッサリしがちだけれど、XC40はそうではない。小型車らしい瞬時のレスポンスがある。

「T5」モデルの2リッター直4ターボエンジン。最高出力252psと最大トルク350Nmを発生する。
「T5」モデルの2リッター直4ターボエンジン。最高出力252psと最大トルク350Nmを発生する。拡大
「XC40」の2リッター直4ガソリンターボエンジン搭載車は、出力を抑えた「T4」とハイパワー版「T5」の2本立てとなっている。
「XC40」の2リッター直4ガソリンターボエンジン搭載車は、出力を抑えた「T4」とハイパワー版「T5」の2本立てとなっている。拡大
トランスミッションは8段AT。シフトレバーの手前に電動式パーキングブレーキのスイッチがレイアウトされる。
トランスミッションは8段AT。シフトレバーの手前に電動式パーキングブレーキのスイッチがレイアウトされる。拡大

「XC40」の駆動方式は、グレードによりFWDまたは4WDとなる。「T5」は4WDのみ。


	「XC40」の駆動方式は、グレードによりFWDまたは4WDとなる。「T5」は4WDのみ。
	拡大

ドイツコンプレックスのない走り

夜の試乗会で初めて気づいたのが、グラブボックスの前と、サイドのドアノブ近辺に貼られたデコレーションパネルの光のマジックだ。小さな正方形の凹凸の連なりが室内のLEDライトを反射して、控えめにキラキラ光る。アンビエントライトがオレンジのフロアを浮かび上がらせ、かんきつ類の好きな筆者としてはなんとなくうれしい。細かいことだけれど、こういう見せ方は新型車をいっそうフレッシュに感じさせる。

それとフツウに走っているときの乗り心地のよさに感心する。ファーストエディションの特徴のひとつは245/45R20という大径の偏平タイヤを標準装備することである。フツウのR-DESIGNは19インチの235/50だから1サイズアップである。テスト車の履いていた銘柄は「ピレリPゼロ」で、そのせいかタイヤのあたりは硬い。

けれど、足まわりがしなやかに動くおかげで、極太偏平タイヤの存在をほとんど意識しないですむ。ボルボは乗り心地の面でも、ドイツコンプレックスをスッパリやめて、原点回帰した、ということが言えるのではあるまいか。速度無制限にチューニングするのではなくて、EUの制限速度130km/hあたりをターゲットにしているように思われる。

内径×行程=82.0×93.2mmのロングストロークから最高出力252psを5500rpmで、最大トルク350Nmを1800-4800rpmで発生するT5の2リッター直4直噴ターボは、ふだんはもう1500rpmぐらいでひっそりと回っている。8枚のギアを持つオートマチックはともかく高いギアを保ちたがるし、エンジンは静かに回りたがる。2000rpmぐらいからエンジンがうなり始めるけれど、それは海峡をわたる風の音みたいで、心躍る内燃機関の爆発音とはちょっと違う。むしろ爆発音を押し殺すような音で、エンジンを高回転まで回すなどという反社会的行為は自制することになる。

大きなスピーカーを廃した「XC40」のドアパネル。代わりに、大型のペットボトルやノートPCが収納できるスペースが確保されている。
大きなスピーカーを廃した「XC40」のドアパネル。代わりに、大型のペットボトルやノートPCが収納できるスペースが確保されている。拡大
写真の20インチアルミホイールは「R-DESIGN」限定のオプション。テスト車「T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション」には標準で装着される。
写真の20インチアルミホイールは「R-DESIGN」限定のオプション。テスト車「T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション」には標準で装着される。拡大
今回試乗した「T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション」は、スポーツサスペンションを装着する。
今回試乗した「T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション」は、スポーツサスペンションを装着する。拡大
メーターパネルはフル液晶表示。写真のようにカーナビのマップを映し出すことができる。
メーターパネルはフル液晶表示。写真のようにカーナビのマップを映し出すことができる。拡大
荷室のフロアパネルは、写真のように山折りにして、パーティションとして使える。これにより、小さな荷物を安定させたり、凸部のフックにバッグ類をかけたりすることが可能になる。
荷室のフロアパネルは、写真のように山折りにして、パーティションとして使える。これにより、小さな荷物を安定させたり、凸部のフックにバッグ類をかけたりすることが可能になる。拡大

まるでオシャレなキッチン

全長4425mm、ホイールベース2700mmという、1875mmの全高を別にすれば、「フォルクスワーゲン・ゴルフ」ぐらいのサイズのコンパクトさである。ただし、全幅は1875mmもあるので、パーキングメーターの白線の中におさめるのに苦労する。それ以外、ボルボXC40の欠点をあげつらうことはむずかしい。

よく考えられた北欧のオシャレなキッチンみたいなクルマである。室内にはティッシュボックスを入れる小物入れだけでなくて、使ったティッシュを捨てるゴミ箱の用意までしてある。まるで日本の軽自動車づくりみたいな心配りだけれど、日本の軽だってここまではやっていない。ボンネットの端からスウェーデン国旗が飛び出ているところもカワイイ。

衝突回避・軽減フルオートブレーキシステム等、16種類以上の先進安全装備はボルボの自慢だ。「インテリセーフ」と呼ばれるこの最新システムを、ボルボXC40は最廉価版ですら省略することなく標準で備えている。箱根での試乗会のとき、ボルボ・カー・ジャパンのひとが後席のヘッドレストが背もたれの後ろではなくて前に倒れているのを起こしながら、こう誇らしげに言った。

「後席にひとが乗らない場合、ドライバーの後方視界を確保するため、ヘッドレストは倒れるようになっています。ではなぜ、これが後ろではなくて前に倒れるのか。ヘッドレストは快適装備ではなくて、安全装備だからです」

ヘッドレストが前に倒れていると、後席に乗るひとはジャマだから起こさざるを得ない。ボルボの安全思想は単にハイテクだけではない。感心しました。

それと、前述したようにXC40のファーストエディションは売り切れだし、いまディーラーに行ってもXC40の即納車はないかもしれない(たまたまあるかもしれない)。そこでボルボが考案したのが「ブリッジSMAVO(スマボ)」という新制度である。新型XC40を購入すると、その車両が届くまでのあいだ、つなぎで、例えば「新車のV60ディーゼル、499万円を月々、車両価格の1%、4万9900円で貸し出します」というのだ。つなぎのクルマは赤字だけれど、客を囲い込む初期投資と考えれば1勝1敗という新戦略だそうである。明言しておきますが、筆者は一銭もいただいておりません。ただ、最近のボルボは面白いことを考えるなぁと感心したのです。

(文=今尾直樹/写真=郡大二郎/編集=関 顕也)

「XC40」は、上級車種にあたるボルボのSUV「XC60」に比べて全長は265mm短いものの、全幅は25mm狭いにすぎない。
「XC40」は、上級車種にあたるボルボのSUV「XC60」に比べて全長は265mm短いものの、全幅は25mm狭いにすぎない。拡大
センターコンソールの小物入れスペースは、非接触型のスマホ充電システムが使えるようになっている(モデルによりオプションまたは標準装備)。
センターコンソールの小物入れスペースは、非接触型のスマホ充電システムが使えるようになっている(モデルによりオプションまたは標準装備)。拡大
運転席と助手席の間にはティッシュボックスが収納できる。その前方(写真左下)には、取り外し可能なダストボックスも備わる。
運転席と助手席の間にはティッシュボックスが収納できる。その前方(写真左下)には、取り外し可能なダストボックスも備わる。拡大
助手席の前方、グラブボックスのふた部分には、収納式の荷掛けフックが用意されている。
助手席の前方、グラブボックスのふた部分には、収納式の荷掛けフックが用意されている。拡大
後席の背もたれは、肩部のレバーを使って畳むことができる。ヘッドレストだけを前方に倒し、ドライバーの後方視界を確保することも可能。
後席の背もたれは、肩部のレバーを使って畳むことができる。ヘッドレストだけを前方に倒し、ドライバーの後方視界を確保することも可能。拡大
今回の試乗では、高速道路を中心に約300kmを走行。燃費は満タン法、ドライブコンピューターともに9.1km/リッターを記録した。
今回の試乗では、高速道路を中心に約300kmを走行。燃費は満タン法、ドライブコンピューターともに9.1km/リッターを記録した。拡大

テスト車のデータ

ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4425×1875×1660mm
ホイールベース:2700mm
車重:1710kg
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:252ps(185kW)/5500rpm
最大トルク:350Nm(35.7kgm)/1500-4800rpm
タイヤ:(前)245/45R20 103V/(後)245/45R20 103V(ピレリPゼロ)
燃費:12.4km/リッター(JC08モード)
価格:559万円/テスト車=561万5000円
オプション装備:“Lava”オレンジカラー・フロアカーペット&ドア内張り(2万5000円)

テスト車の年式:2018年型
テスト開始時の走行距離:2592km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(8)/山岳路(0)
テスト距離:294.5km
使用燃料:32.4リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:9.1km/リッター(満タン法)/9.1km/リッター(車載燃費計計測値)

ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション
ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション拡大
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
注目の記事PR
注目の記事一覧へ

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

あなたにおすすめの記事
more information best-cooler.reviews

oncesearch.com/details/taboobyprimal_jade_jantzen_jades_brother_takes_every_hole_mp

https://steroid-pharm.com