第554回:歴史は繰り返すのか!?
いま「前から乗り降り」するクルマがアツい

2018.05.18 マッキナ あらモーダ!

ルノーの最新コンセプトのルーツを探る

東京で走り始めた話題の「ジャパンタクシー」を見るたび、「もしイタリアに持ち込んで走らせたら注目を浴びるだろうな。フェンダーミラーもウケそうだし」などと考えてしまう。

そうしたくだらない話はともかく、同車にも採用されているスライドドアは、開口部が大きく、かつ歩道側の障害物に邪魔されにくい。大変実用的なアイデアだ。

今回はドアの話をしよう。

「クルマの乗降は、なにも側面からだけではない」と思い出させてくれたのは、2018年3月のジュネーブモーターショーでルノーが展示した「EZ-GOコンセプト」である。レベル4の自動運転を想定したシェア用モビリティーで、フロント部がルーフとともに大きく開く。ベビーカーや車いすの乗降性を考えに入れたものだ。2018年4月の北京モーターショーのルノーブースにもやってきていた。

厳密には前から乗降するわけではないが、その前段階の一例といえるのは、フランスで1947年に考案された「アラマニー」である。ゴルディーニの創始者、アメデー・ゴルディーニと働いたこともある技術者、マルセル・アラマニーによるものだ。

意欲的な設計で、モンレリーのサーキットで4000kmの走行試験も実施されたが、結局量産には至らなかった。

フロントから乗り降りしちゃったら? というアイデアを採用したクルマとして、史上最も有名なモデルといえば、イソ/BMWの「イセッタ」(1953年~1962年)や、それを追った「ハインケル・カビーネ」(1956年~1958年)だろう。

旧西ドイツのチュンダップが1957年に生産したマイクロカーは、さらに視覚的に強烈だ。運転席列の乗員は前から、進行方向と逆に座った後部座席の乗員は後ろから乗降する。車名は、ひとりで2つの顔をもつローマ神話の神にちなんで「ヤヌス」と名付けられていた。

フロントが開くのは、マイクロカーだけではない。ベルトーネが1970年のコンセプトカー「ストラトス ゼロ」でも提案している。全高わずか84cm。まともにサイドから乗り降りすることはできないので、やむを得ずフロントウィンドウを跳ね上げる ――厳密には右フロントタイヤの前からまたいで乗るのが、最も楽だが―― ことにしたのはたしかだろう。

ルノーのコンセプトカー「EZ-GO」。2018年3月のジュネーブショーにて。
ルノーのコンセプトカー「EZ-GO」。2018年3月のジュネーブショーにて。拡大
「EZ-GO」は2018年4月の北京ショーにも展示されていた。ただし、ブースのスペースの都合か、ジュネーブのときとは異なり乗降性がアピールされていなかったのが残念。
「EZ-GO」は2018年4月の北京ショーにも展示されていた。ただし、ブースのスペースの都合か、ジュネーブのときとは異なり乗降性がアピールされていなかったのが残念。拡大
1947年「アラマニー」。エンジンは前後席の間に搭載されており、正真正銘のミドシップである。
1947年「アラマニー」。エンジンは前後席の間に搭載されており、正真正銘のミドシップである。拡大
「チュンダップ・ヤヌス」(1957~1958年)。右が前。
「チュンダップ・ヤヌス」(1957~1958年)。右が前。拡大
「ヤヌス」を後部が見えるアングルから。エンジンは単気筒248ccで、最高速は85km/hだった。
「ヤヌス」を後部が見えるアングルから。エンジンは単気筒248ccで、最高速は85km/hだった。拡大
「ベルトーネ・ストラトス ゼロ」
「ベルトーネ・ストラトス ゼロ」拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。、(ともに二玄社)、、(ともに光人社)、(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事