スズキ、広い車内が自慢の「スーパーキャリイ」発売

2018.05.16 自動車ニュース
「スズキ・スーパーキャリイX」
「スズキ・スーパーキャリイX」拡大

スズキは2018年5月16日、大型のキャビンを採用した軽トラック「スーパーキャリイ」の販売を開始した。

「スーパーキャリイL」
「スーパーキャリイL」拡大
運転席と助手席のスライドおよびリクライニング調整機構。
運転席と助手席のスライドおよびリクライニング調整機構。拡大
シートバックスペース
シートバックスペース拡大
助手席のシートバックテーブル。
助手席のシートバックテーブル。拡大
荷台をキャビンの下に貫通させることで、荷台のフロア長は1975mmを確保している。
荷台をキャビンの下に貫通させることで、荷台のフロア長は1975mmを確保している。拡大

ゆとりの車内空間がかなえる高い利便性

今回発売されたスーパーキャリイは、「キャリイ」をベースにキャビンを後方へ460mm拡大させた派生モデルである。広々とした車内空間に加え、運転席には180mmのスライド調整機構と角度最大40°のリクライニング機構を採用(助手席はスライド量100mm、リクライニング角度24°)。ゆとりある姿勢での乗車を可能としている。

また、全高1885mmのハイルーフ仕様とすることで十分な車内高も確保しており、ファイル等の収納に便利なオーバーヘッドシェルフを全車に標準装備。座席後方には工具や衣類などの収納に便利な高さ920mm、横幅1235mm、長さ250mmのシートバックスペースを設けているほか、助手席の背もたれには出先でのデスク作業や食事に便利な、シートバックテーブル付きの前倒し機構を採用している。

一方、荷台スペースについては、荷台長(荷台の後端からキャビン背面までの長さ)は1480mmとなっているものの、キャビンの下側をえぐることでフロア長は1975mmを確保。脚立などといった薄型の長尺物については、キャリイと同様に積載が可能となっている。

安全装備も充実しており、前後4つの超音波センサーによって障害物を検知し、衝突被害を軽減する「誤発進抑制機能」「後方誤発進抑制機能」を全車に標準で採用した。

グレードは「L」と「X」の2種類で、それぞれに2種類の駆動方式(2WD、4WD)と3種類のトランスミッション(5MT、3AT、5AGS)を用意。価格は97万4160円から133万9200円となっている。

なお、スーパーキャリイの発売と同時に、キャリイについても安全装備の強化を実施。上述の誤発進抑制機能と後方誤発進抑制機能を「KX」「KCスペシャル」「農繁スペシャル」に標準で、「KCパワステ」「KCエアコン・パワステ」「KC農繁仕様」にメーカーオプションとして採用した。

価格は90万3960円から122万6880円。

(Clubpyme)
 

関連キーワード:
キャリイ, スズキ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スーパーキャリイX(FR/5MT)【試乗記】 2018.8.6 試乗記 スズキの軽トラック「キャリイ」に、巨大なキャビンを備えたその名も「スーパーキャリイ」が登場。大幅に便利に、快適になった車内空間の“居心地”は? 比喩表現ではない、本当の意味での“プロのツール”の使用感と、乗用車とは全く違う走りの味をリポートする。
  • スズキ、広い車内が自慢の「スーパーキャリイ」発売 2018.5.16 自動車ニュース スズキが、大型のキャビンが特徴の軽トラック「スーパーキャリイ」を発売。ゆとりある車内空間に加え、運転席と助手席に採用されたリクライニングおよびスライド調整機構や、収納スペースの数々、充実した安全装備などもセリングポイントとなっている。
  • スズキ・ジムニーシエラ(4WD/4AT)【試乗記】 2018.10.4 試乗記 2018年7月の登場以来、各方面で好評を博す新型「スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ」。しかしいざ買うとなると、何を基準に、どんな仕様を選べばいいのか? すっかり新型が気に入ったというサトータケシが、ジムニーシエラの試乗を通して持論を開陳した。
  • 【東京モーターショー2017】スズキが「キャリイ軽トラいちコンセプト」を世界初公開 2017.9.22 自動車ニュース スズキが、東京モーターショーに「キャリイ軽トラいちコンセプト」を出展。収納力を高めた広いキャビンと、工夫の凝らされた荷台まわりが特徴で、女性のお買い物やレジャーにも使えるよう、内外装のデザインや運転のしやすさにも配慮がなされている。
  • ランボルギーニ・ウルス(4WD/8AT)【試乗記】 2018.11.16 試乗記 ランボルギーニが“スーパーSUV”と呼ぶ「ウルス」がいよいよ日本に上陸した。全長5m超のボディーに、最高出力650ps、最大トルク850NmのV8エンジンを備えたこの“猛牛”は、果たして日本の交通事情の中で生き延びていけるのだろうか……。
ホームへ戻る