人工知能で集客アップ!
街のタクシーはいまこうなっている

2018.05.18 デイリーコラム

異業種協力による変革

『タクシー運転手~約束は海を越えて~』の評判が上々だ。満席で立ち見が出たとも聞く。イケメンが登場しない韓国映画としては予想外のヒットとなった。

1980年の光州事件をテーマにした作品である。ソウルのタクシー運転手がドイツ人記者を光州まで乗せていく。民主化を求めるデモ隊を戒厳軍が武力で弾圧しているという情報を聞きつけ、現場を取材するために危険地帯に向かうのだ。最初はビジネスだけの関係だった運転手と記者が、次第に心を通わせていく。真実を報道するために力を合わせる展開は感動的だった。

通常は、客とタクシー運転手が深い交流を持つことはない。たまに話し好きの運転手もいるが、会話をわずらわしく感じる客もいる。早く目的地に着くことが最優先事項なのだ。運転手の側は、多くの客を乗せてなるべく長い距離を走ることを望む。

運転手と客の思惑はすれ違うが、どちらにもメリットのある関係性を築く方法がある。人工知能(AI)を利用した配車支援システムだ。2018年3月、トヨタが中心になって試験導入を開始した。JapanTaxi、KDDI、アクセンチュアが参加している。JapanTaxiは日本交通を母体とするタクシー会社で、ITに強い。KDDIは通信キャリアの大手だ。アクセンチュアはITシステムの構築や経営コンサルティングを手がけている。AI時代に対応するため、異なる業界の会社がそれぞれの強みを生かしてタッグを組んだということだろう。

JapanTaxiはもともと日本交通の給与システムなどを扱う日交データサービスという会社だったが、2011年からタクシー利用者向けのスマホアプリ開発を開始。配車アプリの「全国タクシー」を作り、マップに乗車位置を指定するだけでタクシーが迎えにきてくれるシステムを完成させた。現在ではさまざまな配車アプリがリリースされているが、先行したことで大きなシェアを得ている。2017年12月に400万ダウンロードを達成し、車両登録数は全タクシー車両の約4分の1にあたる約6万台にのぼる。このアプリで蓄積された膨大なデータを、配車支援に利用することができるのだ。

タクシーは今後、AIの技術を活用して利便性を高めることが期待されている。(写真は、日本交通のタクシー用車両)
タクシーは今後、AIの技術を活用して利便性を高めることが期待されている。(写真は、日本交通のタクシー用車両)拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る