「ホンダ・フィット」に快適装備を充実させた特別仕様車

2018.05.17 自動車ニュース
「ホンダ・フィット ハイブリッドFコンフォートエディション」。写真のボディーカラーは特別仕様車専用色の「ブリティッシュグリーンパール」。
「ホンダ・フィット ハイブリッドFコンフォートエディション」。写真のボディーカラーは特別仕様車専用色の「ブリティッシュグリーンパール」。拡大

本田技研工業は2018年5月17日、コンパクトハッチバック「フィット」に特別仕様車「コンフォートエディション」を設定し、同年5月18日に発売すると発表した。

こちらのボディーカラーは「モーニングミストブルーメタリック」。
こちらのボディーカラーは「モーニングミストブルーメタリック」。拡大
「プレミアムアイボリーパール」(写真)も特別仕様車専用色としてラインナップされる。
「プレミアムアイボリーパール」(写真)も特別仕様車専用色としてラインナップされる。拡大
オプションの「プレミアムブラウンインテリア」に含まれる本革巻きステアリングホイール。
オプションの「プレミアムブラウンインテリア」に含まれる本革巻きステアリングホイール。拡大

今回のコンフォートエディションは、ハイブリッド車の「ハイブリッドF」とガソリン車の「13G・F」がベース。紫外線を約99%カットし赤外線を軽減するガラスをすべての窓に採用した「360度スーパーUV・IRカットパッケージ」と、運転席&助手席シートヒーターが標準装備されている。「13G・Fコンフォートエディション」には、DC12Vのアクセサリーソケットが備わるアームレスト付きセンターコンソールボックスも与えられる(ハイブリッドFには標準装備)。

ボディーカラーは、特別仕様車専用色の「ブリティッシュグリーンパール」「モーニングミストメタリック」「プレミアムアイボリーパール」を含む全9色。これまで上位グレードのみで選択可能だったインテリアパッケージ「プレミアムブラウンインテリア」もオプション設定される。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • ハイブリッドFコンフォートエディション:184万7880円(FF車)/204万2280円(4WD車)
  • 13G Fコンフォートエディション:146万1240円(FF車)/165万5640円(4WD車)

(Clubpyme)

関連キーワード:
フィット, ホンダ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フィット ハイブリッドL Honda SENSING 2017.6.29 画像・写真 デビューから4年を控え、大幅な改良が施された「ホンダ・フィット」。充実した装備が特徴の「ハイブリッドL Honda SENSING」と、同車にオプション設定される「プレミアムブラウン・インテリア」の詳細を、写真で紹介する。
  • 第2回:藤トモ&フィットと満喫する春の房総ツアー 2019.2.22 藤トモ × ホンダ・フィットのONE DAY TRIP<PR> 「都心から日帰りで楽しめるツアー」ということで、選ばれた先は房総半島! モータージャーナリストの藤島知子が、「ホンダ・フィット」で早春の房総フラワーラインを駆ける。花にあふれた南房総の旅の様子を、写真でリポートする。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
  • 歴代のV8モデルをオマージュ!
    「フェラーリF8トリブート」を読み解く
    2019.3.20 デイリーコラム 2019年のジュネーブモーターショーでデビューした「フェラーリF8トリブート」には、「ディーノ308GT4」以来、連綿と続いてきたV8モデルへのオマージュが込められているという。そのポイントを識者が解説する。
  • BMW X3 M40d(4WD/8AT)【試乗記】 2019.3.15 試乗記 最高出力326psの3リッター直6ディーゼルターボエンジンを搭載する「BMW X3 M40d」に試乗。BMW Mが手がけた高性能ディーゼルと、同社がスポーティーなチューンを施したというシャシーの組み合わせを味わってみた。
ホームへ戻る