ブリヂストン、新たな合成技術を使用した世界初のポリマーを開発

2018.05.17 自動車ニュース
ブリヂストンが新規開発した「ハイストレングスラバー」。
ブリヂストンが新規開発した「ハイストレングスラバー」。拡大

ブリヂストンは2018年5月17日、新たな合成技術を用いることで、耐久性に優れた世界初のポリマーの開発に成功したと発表した。

「ハイストレングスラバー」の概要について説明したブリヂストンの中央研究所担当フェロー、会田昭二郎氏。
「ハイストレングスラバー」の概要について説明したブリヂストンの中央研究所担当フェロー、会田昭二郎氏。拡大

「High Strength Rubber(ハイストレングスラバー)」と名付けられたこの新ポリマーは、合成ゴムと樹脂を分子レベルで結び付けたものだ。一般的に合成ゴムよりも耐破壊特性が高いとされる天然ゴムと比較しても、耐亀裂性能が5倍以上、耐摩耗性能が2.5倍以上、引張強度が1.5倍以上という画期的な性能を持つとされる。

これまでにも合成ゴムと樹脂を物理的に混ぜ合わせた物質を作ることは可能だったが、ブリヂストン独自の「改良型Gd触媒」を用いることで、分子レベルで結合させることに成功した。この技術は、2016年12月に発表した分子構造を高度に制御したポリイソプレンゴムの合成に用いたGd触媒技術を発展させたものだ。

ハイストレングスラバーは、ブタジエンやイソプレンなどの合成ゴム成分とエチレンなどの樹脂成分を結び付けたものだが、合成ゴムと樹脂の組み合わせ比率を変化させることで、ゴムと樹脂、それぞれの持つ特性を高めることもできるという。

ブリヂストンはハイストレングスラバーの2020年代の実用化を目指すとしており、またこの新技術をタイヤにかぎらずさまざまな分野に投入したいとしている。

(文と写真=大音安弘)

 

関連キーワード:
タイヤ・スタッドレスタイヤ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事