もはや10万台は当たり前!
スズキの登録車が好調な理由を考える

2018.05.21 デイリーコラム

クルマの進化は今に始まった話ではない

「小さなクルマ、大きな未来。」

これがスズキの企業スローガンであるが、今世間をにぎわせているのは、軽自動車よりむしろ(スズキとしては)大きいクルマの、登録車の方である。

年間販売が300万台を突破し、過去最高を記録したグローバル市場と比べれば地味かもしれないが、2017年のスズキは国内でも四輪全体で前年比+2万9000台(+4.6%)の66万8000台と、結果を出している。その中でも興味深いのが、堅調な登録車の伸びだ。2016年度に初めて10万台を超え、2017年度も5.0%の増となる11万2000台を達成。同年末の新型車「クロスビー」の発表会では、鈴木俊宏社長が「12万台も通過点」とコメントし、さらに2018年3月には「来期は13万台を目標にする」といった発言もしている。

こうした登録車の伸びを、近年の新車攻勢によるものと考える向きもあるが、自動車業界で30年仕事をしてきた筆者としては、むしろ長年の取り組みの、文字通りの“積み重ね”によるものに思われる。

筆者が、スズキの登録車の進化を最も強く実感したのは、2004年11月に登場した2代目「スイフト」であると記憶している。それまでのスズキの登録車は、軽自動車のプラットフォームをベースに登録車用に改良したものが多かった。スイフト自体も、2000年に誕生した際は軽自動車である「Kei(ケイ)」から外板パネルなどを流用していたし、「ワゴンR+」や「ジムニーシエラ」も考え方は近かった。

ただ、生まれ変わったスイフトは確かにすごかった。ハンドリングの著しい向上により、世界戦略車としての地位や評価が一気に高まったのだ。これに続く「SX4」(2006年登場)も含め、スズキの登録車はグローバル市場ではもちろん、国内でもその存在を高めていくことになる。

スイフトに関しては2016年12月に発表された現行型も、国内外で人気を博している。特に2017年9月にフルモデルチェンジした「スイフトスポーツ」(スイフトの名前は冠しているが、クルマとしては別物)の販売はさらに高く、エリアによっては納期待ちもあるほどである。

2004年に登場した2代目「スズキ・スイフト」。スズキのクルマづくりにおいてエポックメイキングな存在となった。
2004年に登場した2代目「スズキ・スイフト」。スズキのクルマづくりにおいてエポックメイキングな存在となった。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事