第555回:みんなに好かれなくてもいいんです
ピアッジオ副社長に聞くべスパの現在・過去・未来

2018.05.25 マッキナ あらモーダ!

ついにベスパも電動化

ベスパといえば、今も昔もイタリアを象徴するアイコンのひとつである。

生産するピアッジオは、2017年にミラノで開催された「EICMA」ショーで、電動スクーター「ベスパ・エレットリカ」を公開した。モーターの連続出力2kW(2.7hp)、ピーク出力4kW(5.4hp)。わずか4時間でフルチャージ可能、かつ航続可能距離100km以上というスペックは、スクーターとしてかなり実用的である。電動化の波は、ついにベスパにも押し寄せた。

ピアッジオの本社は、ボクが住むシエナと同じトスカーナ州のポンテデラにある。ベスパの「今」を、同社のアジアパシフィック代表取締役副社長に聞くチャンスを得た。

ジャンルカ・フューメ氏は、イタリア北部ボルツァーノの出身。同地はボーツェンという別名があるとおり、もともとオーストリア-ハンガリー帝国領だった地域だ。ほとんどの人たちがドイツ語を話すマルチナショナルなエリアである。

フューメ氏の経歴は多彩だ。1993年に大学卒業後、メディア業界を振り出しに、1995年からはベネトングループで中近東・アフリカ地域のエリアマネジャーを務めている。続いて2001年からは競技用ライフルなどで知られるベレッタに転職、セールスダイレクターの職に就いている。

ピアッジオグループに加わったのは2008年だ。欧州向け二輪部長をスタートに、2014年には欧州・新興国市場およびインポーターの責任者に昇格。そして2017年4月に現職であるピアッジオ・アジアパシフィック代表取締役副社長兼ピアッジオ・ベトナム代表取締役会長に就任した。参考までにベトナムには、ベスパの重要な生産拠点がある。

電動スクーター「ベスパ・エレットリカ」。ミラノEICMAショー2017で公開された。
電動スクーター「ベスパ・エレットリカ」。ミラノEICMAショー2017で公開された。拡大
最大トルクは200Nmを超える。特に加速に代表されるパフォーマンスは、50ccスクーターを上回る。
最大トルクは200Nmを超える。特に加速に代表されるパフォーマンスは、50ccスクーターを上回る。拡大
スマートフォンとのコネクティビティーを実現する「ベスパ・マルチメディア・プラットフォーム」も搭載されている。
スマートフォンとのコネクティビティーを実現する「ベスパ・マルチメディア・プラットフォーム」も搭載されている。拡大
ジャンルカ・フューメ氏はピアッジオのアジアパシフィック代表取締役副社長にしてピアッジオ・ベトナムの代表取締役会長である。
ジャンルカ・フューメ氏はピアッジオのアジアパシフィック代表取締役副社長にしてピアッジオ・ベトナムの代表取締役会長である。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。、(ともに二玄社)、、(ともに光人社)、(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事