新型車がぞくぞくデビュー
マクラーレンの市販計画はどうなっている?

2018.05.25 デイリーコラム

今後4年で11車種も!?

マクラーレン・オートモーティブの近未来は、同社の中期計画「トラック22」にすべて記されている。トラック22に基づく彼らの将来像を、チーフ・オペレーティング・オフィサー(COO)のジェンス・ルードマン氏に聞いた。

「トラック22はマクラーレン・オートモーティブの2022年にあるべき姿を描いたもので、この計画を発表した2016年からの6年間で15のニューモデルを投入することがその骨子です」

ちなみにマクラーレンは、2016年以降に「720S」と「570Sスパイダー」をローンチし、2018年のジュネーブモーターショーでは「セナ」と「セナGTR」を公開した。つまり、残る4年間で登場が見込まれるのは計11モデルということになる。

実は、マクラーレンは次に発表するモデルをすでに明らかにしている。
「セナとセナGT-Rに続いてはコードネーム“BP23”を発表します。これはセナのようなサーキット向けのモデルではなく、高速クルージングを得意とするグランドツアラーとなります」

現在、マクラーレンのモデルラインナップがスポーツシリーズ、スーパーシリーズ、アルティメットシリーズで構成されていることはご存じのとおり。このうち、BP23は「P1」やセナと同じアルティメットシリーズに属する。

「アルティメットシリーズは、登場するモデルごとに特定のジャンルが定められています。そして必ず限定生産となるのがアルティメットシリーズの特徴です」

BP23の“BP”はビスポークプロジェクト、つまり特別に用意されたモデルであることを意味する。続く“2”は、ビスポークプロジェクトを担当するマクラーレン・スペシャル・オペレーションズ(MSO)にとって2番目のプロジェクトであることを示している。

2018年3月に発表された、最新のアルティメットモデル「セナ」。日本では同年5月22日に披露された。
2018年3月に発表された、最新のアルティメットモデル「セナ」。日本では同年5月22日に披露された。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事