“匠の技”を注入! 「ホンダS660モデューロX」発売

2018.05.24 自動車ニュース
「ホンダS660モデューロX」
「ホンダS660モデューロX」拡大

本田技研工業は2018年5月24日、軽スポーツカー「ホンダS660」をベースとしたコンプリートカー「S660 Modulo X(モデューロX)」を、同年7月6日に発売すると発表した。

 
“匠の技”を注入! 「ホンダS660モデューロX」発売の画像拡大
 
“匠の技”を注入! 「ホンダS660モデューロX」発売の画像拡大
 
“匠の技”を注入! 「ホンダS660モデューロX」発売の画像拡大
 
“匠の技”を注入! 「ホンダS660モデューロX」発売の画像拡大
 
“匠の技”を注入! 「ホンダS660モデューロX」発売の画像拡大
 
“匠の技”を注入! 「ホンダS660モデューロX」発売の画像拡大
 
“匠の技”を注入! 「ホンダS660モデューロX」発売の画像拡大
 
“匠の技”を注入! 「ホンダS660モデューロX」発売の画像拡大

開発コンセプトは「真のスポーツドライビングの喜び」

「モデューロX」は、ホンダの純正アクセサリーメーカーであるホンダアクセスのカスタマイズパーツを、生産過程で装着して販売するコンプリートカーである。これまで「N-BOX」「N-ONE」「ステップワゴン」「フリード」に設定されており、今回のS660は第5弾モデルとなる。

開発コンセプトは「真のスポーツドライビングの喜び」。アルミホイールやサスペンション、空力パーツなどの専用装備を採用することで、意のままに操れる操縦性と上質かつしなやかな乗り味、さらに、所有する喜びを体現した存在感のあるデザインを実現したとされる。

グリル一体型の専用フロントバンパーは、取り入れた空気を狙った位置へと導くエアガイドフィンを採用するなどして空力性能を追求。全体の空力バランスを整えるため、リアエンドのアクティブスポイラーにはガーニーフラップを装着している。さらに、5段階の減衰力調整機構を備えた専用サスペンションやドリルドタイプのディスクローター、スポーツブレーキパッドを採用し、街なかからワインディングロード、さらにはサーキットまで、場所を選ばずに楽しめる走行性能の高さがうたわれている。

S660モデューロXの主要装備は以下の通り。

【エクステリア】

  • グリル一体型専用フロントバンパー
  • 専用LEDフォグライト
  • 専用カラードドアミラー(ブラック)
  • ロールトップ(ボルドーレッド)
  • 専用アクティブスポイラー(ガーニーフラップ付き)
  • リアロアバンパー
  • 専用リアエンブレム
  • ステルスブラック塗装15インチアルミホイール(フロント)
  • ステルスブラック塗装16インチアルミホイール(リア)
  • ホイールナット(ブラック)
  • 専用サスペンション(5段階減衰力調整機構付き)
  • ディスクローター ドリルドタイプ
  • スポーツブレーキパッド

【インテリア】

  • 専用スポーツレザーシート(本革×ラックススエード/ボルドーレッド×ブラック/「Modulo X」ロゴ入り)
  • 専用本革巻きステアリングホイール(ボルドーレッド×ブラック)
  • 専用「Modulo X」ロゴ入りメーター
  • 専用「Modulo X」ロゴ入りアルミ製コンソールプレート
  • シフトノブ(チタン製)×シフトブーツ(グレーステッチ)【6段MT車】
  • 専用セレクトノブ(本革製/ボルドーレッド×ブラック)【CVT車】
  • 専用サイドブレーキカバー(ボルドーレッド×ブラック)
  • 専用インパネソフトパッド(ボルドーレッド)
  • 専用フロアカーペットマット(デザインタイプ/ボルドーレッド×ブラック/「Moduro X」アルミ製エンブレム付き)

ボディーカラーはS660モデューロX専用色となる「アラバスターシルバーメタリック」に加えて、「プレミアムスターホワイトパール」「アドミラルグレーメタリック」「フレンチブルーパール」の全4色が設定される。

価格は6段MT車、CVT車ともに285万0120円。

「ホンダS660 α」
「ホンダS660 α」拡大
新たにオプション設定されたトップキャリア。
新たにオプション設定されたトップキャリア。拡大

ルーフキャリアをオプション設定

なお、S660モデューロXの発売にあわせて、ベースのS660にも一部改良が行われた。

ボディーカラーには、新色として「フレンチブルーパール」「ブリティッシュグリーンパール」「ナイトブラックホークパール」を追加設定した。

また、「ナビ装着用スペシャルパッケージ」を設定することで、カーナビゲーションシステムを利用可能(オプション)としたほか、耐荷重10kgのトップキャリアをオプション設定している。

価格は6段MT車、CVT車とも「β」が198万0720円、「α」が218万5920円。

(Clubpyme)

関連キーワード:
S660, ホンダ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダS660モデューロX(MR/6MT)【試乗記】 2018.7.20 試乗記 ホンダの軽オープンスポーツ「S660」に、走りの質を高めたコンプリートカー「モデューロX」が登場。ベースモデルと比べてお値段ざっと1.3倍、シリーズ初となるスポーツカーの出来栄えやいかに!?
  • モデューロの歴史を彩る新旧3台を比較試乗 2018.12.21 Moduloの25年史<PR> ホンダの純正カスタマイズブランド、Modulo(モデューロ)のコンプリートカー「ホンダS660モデューロX」に試乗。モデューロの用品を取り付けた「ビート」や初代「NSX」との比較なども通して、このブランドの特徴と、今日に受け継がれる走りの思想を探った。
  • トヨタ・シエンタ ファンベースG(FF/CVT)【試乗記】 2019.1.10 試乗記 トヨタの人気ミニバン「シエンタ」に、3列目シートを取り払った5人乗り仕様「ファンベース」が追加された。乗車可能人数を削減してまで手にした広いラゲッジスペースは、家族にどのような世界を見せてくれるのだろうか。
  • アルピーヌA110リネージ(MR/7AT)【試乗記】 2019.1.5 試乗記 これぞフランス車と思わせる、しなやかな乗り心地。そして、思わずワインディングロードに行きたくなる軽快な身のこなし。復活した「アルピーヌA110」は、ポルシェやロータスとはひと味違うドライビングプレジャーに満ちていた。
  • BMWアルピナB4 Sビターボ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2018.12.27 試乗記 ドイツの小さな自動車メーカー「アルピナ」が生産する市販車は、年間わずか1700台ほど。今回、車名に「S」を冠した「B4ビターボ」の高性能版クーペをワインディングロードに連れ出し、21世紀になった今も変わらず貴重な存在であり続ける、その魅力を味わってみた。
ホームへ戻る