第171回:ブリストル405から降りる時、男はすべてを受け入れる
『ファントム・スレッド』

2018.05.25 読んでますカー、観てますカー

ぬるくない『マイ・フェア・レディ』

イギリスファッション界で確固たる地位を占める高級婦人服デザイナーが、レストランのウェイトレスと出会う。ふたりは惹(ひ)かれ合うが、属している階級が違っている。テーブルマナーも知らない田舎娘に、男は美しいドレスを与えた。彼女は次第に洗練された振る舞いを身につけていくのだった……。

そういう紹介の仕方をすると、『ファントム・スレッド』がまるで『マイ・フェア・レディ』の焼き直しのように聞こえてしまう。もちろん、そんなぬるい話ではない。監督は、ポール・トーマス・アンダーソンなのだ。ヒロインは花売り娘イライザとは違い、男の色に染まることを拒否する。この作品は、男女が恋愛という戦場で繰り広げる激しくも華やかなバトルを描いているのだ。

1950年代のロンドン。ハウス・オブ・ウッドコックには朝早くから縫い子が続々と集まってくる。貴族や金持ちの女性にエレガントなドレスを仕立てるオートクチュールの名店なのだ。主人のレイノルズ・ウッドコック(ダニエル・デイ=ルイス)は、起床するとヒゲを整えて鼻毛を切り、入念に靴を磨く。毎朝のルーティーンらしく、完璧に身だしなみを整えるのだ。完全主義者で、厳格な性格であることが見て取れる。

朝食のテーブルでは、同居している恋人ジョアナが彼に不満を述べようとする。レイノルズはにべもない。冷淡に対話を拒絶した。彼女はもう、レイノルズの霊感をかき立てる存在ではなくなったのだ。彼の姉シリル(レスリー・マンヴィル)は、その光景を見てすべてを悟った。この年まで独身を貫いている姉弟は一心同体で、お互いの心を知り尽くしている。

© 2017 Phantom Thread, LLC All Rights Reserved
© 2017 Phantom Thread, LLC All Rights Reserved拡大
 
第171回:ブリストル405から降りる時、男はすべてを受け入れる『ファントム・スレッド』の画像拡大
 
第171回:ブリストル405から降りる時、男はすべてを受け入れる『ファントム・スレッド』の画像拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事