BMWの高性能オープン「M4カブリオレ」受注開始

2018.05.24 自動車ニュース
写真はすべて「M4カブリオレ」の欧州仕様車。
写真はすべて「M4カブリオレ」の欧州仕様車。拡大

BMWジャパンは2018年5月24日、高性能オープンモデル「BMW M4カブリオレ コンペティション」と、限定車「BMW M4カブリオレ30 Jahre(ドライシッヒ ヤーレ)」の国内受注を開始した。納車は同年の秋以降になる見込み。

 
BMWの高性能オープン「M4カブリオレ」受注開始の画像拡大
 
BMWの高性能オープン「M4カブリオレ」受注開始の画像拡大
 
BMWの高性能オープン「M4カブリオレ」受注開始の画像拡大

450psのオープンモデル

今回導入されるM4カブリオレ コンペティションは、ハイパフォーマンスクーペ「BMW M4コンペティション」のオープンバージョン。最高出力450ps/7000rpm、最大トルク550Nm/2350-5500rpmを発生する、3リッター直6ツインターボエンジンを搭載する。

組み合わされるトランスミッションは、7段のM DCT。最高の加速性能を実現するローンチコントロール機能も備わる。優れた走行性能を支えるメカニズムとして、左右のリアホイールに最適にトルクを配分する「アクティブMディファレンシャル」や、走行環境に関わらず路面との接地性を高める「アダプティブMサスペンションシステム」を搭載。制動力と耐フェード性、耐摩耗性に優れる「Mカーボンセラミックブレーキシステム」もオプション設定される。

ルーフは、3分割式のリトラクタブルハードトップ。走行速度が約18km/h以下であれば、センターコンソールのボタン操作により、20秒以内でルーフの開閉ができる。

ルーフオープン時のボディーの前方から後端までフラットに伸びるシルエットやプロポーションもセリングポイントのひとつだ。

 
BMWの高性能オープン「M4カブリオレ」受注開始の画像拡大
 
BMWの高性能オープン「M4カブリオレ」受注開始の画像拡大
 
BMWの高性能オープン「M4カブリオレ」受注開始の画像拡大
 
BMWの高性能オープン「M4カブリオレ」受注開始の画像拡大

特別なカラーリングの限定車も

あわせて、BMW M4カブリオレの欧州における発売30周年(初代デビュー時のモデル名は「BMW M3 カブリオレ」)を記念したM4カブリオレ30 Jahreも、台数10台の限定で販売される(世界限定台数は300台)。

同車は、過去印象的だったモデルを想起させる2種類の特別なボディーカラーが特徴で、イエローの「マンダリンII」には専用のイエローステッチを施したブラックのメリノレザーインテリアが、「マカオブルーメタリック」のボディーカラーには、専用バイカラー(ブラック×シルバーストーン)仕上げのメリノレザーインテリアが組み合わされる。

オービットグレーで塗られた軽量構造の20インチ鍛造Mライトアロイホイールや、限定モデルであることを示す「Edition 30 JAHRE」のレタリング(ヘッドレスト/カーボンファイバー製インテリアトリム/ドアシルプレート)も専用装備となっている。

価格は以下の通り。

  • M4カブリオレ コンペティション:1380万円
  • M4カブリオレ30 Jahre:1483万円

(Clubpyme)

関連キーワード:
M4クーペ4シリーズ カブリオレBMW自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスES300h(FF/CVT)【海外試乗記】 2018.6.21 試乗記 1989年にデビューしながら日本未導入だった「レクサスES」。7代目となって、2018年秋からようやく日本でも販売されるようになる。レクサスの主力モデルは、ハイレベルなクオリティーと快適性を持つ優等生タイプの中型FFサルーンに仕上がっていた。
  • BMW M2コンペティション 2018.4.19 画像・写真 「M3」「M4」ゆずりの3リッター直6ターボエンジン(最高出力410ps、最大トルク550Nm)を搭載。BMWのコンパクトなハイパフォーマンスモデル「BMW M2コンペティション」の姿を写真で紹介する。
  • BMW 440iクーペ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.23 試乗記 BMWがスペシャリティーモデル「4シリーズ」のエンジンラインナップを一新。各モデルに、モジュラー設計の新世代パワーユニットを採用した。最もパワフルな3リッター直6ターボが搭載された「440iクーペ」に試乗し、その実力を報告する。
  • BMW M2クーペ(FR/7AT)【試乗記】 2016.6.10 試乗記 最もコンパクトなBMW Mモデルとなる「M2クーペ」に試乗。その引き締まったボディーと、3リッターの直6ターボエンジンが織り成す走りは、われわれがBMWと聞いて期待するスポーティーさにあふれていた。
  • 谷口信輝の新車試乗――BMW M5(前編) 2018.7.12 mobileCG レーシングドライバー谷口信輝が、歯に衣を着せず本音でクルマを語り尽くす! 今回のお題は600psのハイパワーを誇る「BMW M5」。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用したその走りを、プロはどう評価する?
ホームへ戻る