第556回:トゥトゥトゥトゥ~♪
日産の懐かしCMソングのルーツを探る

2018.06.01 マッキナ あらモーダ!

記憶に残るあのメロディー

読者の皆さんは絶景の中をドライブしているとき、どんな歌を思いだし、口ずさんでいるだろうか。

筆者の場合、気がつくと歌っているのは、かつて日産グループのテレビCMで盛んに流れていた音楽だ。女性グループのスキャットで「トゥトゥトゥトゥ、トゥトゥトゥトゥトゥートゥ~」というものである。

北米と思われる、広大な風景の中、直線路をひたすら走っている映像に「日産車体、愛知機械、厚木自動車部品・・・」といった日産グループの社名がスーパーインポーズされる。日立グループの「この木なんの木」の日産版といってもよい。

もしかしたら、撮影した人は炎天下で大変だったのかもしれない。だが、見る者にとっては映像とスキャットのマッチングが心地よかった。そのため、この映像とはまったくかけ離れた風景でも、美しい景色の中を走っていると、つい口ずさんでしまうのだ。

そのCMソングは、日産グループの提供番組だけでなく、70年代末から80年代にかけて日産のさまざまな企業PR用CMに使われていた。例えば「日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞」といった告知のときにも流れた。それ以前に、海外ラリーで優勝したときは、スキャットでない別アレンジが挿入されていた。

AMラジオでは、当時日産のイメージキャラクターであったタレント、ロイ・ジェームスのナレーション ――ボクなどは中学生のとき、「ロイの日産インフォメーション!」などと、休み時間に教室でその声色をまねてふざけていたものだ―― にかぶせるかたちで、BGMとして使われていた。

それはともかく後年、多磨霊園でロイの墓を偶然発見したときは、神聖な場所にもかかわらず、思わず日産のCMソングを口ずさんでしまった。

例のスキャット+直線路映像はその後、オルゴール風アレンジ+メリーゴーラウンドの映像に変わった。いったいあの曲はなんというタイトルだったのだろうか。

横浜の日産グローバル本社ギャラリーで。「COLOR DESIGN STORIES」と題された特別展示。初代「日産サニー」が3台。
横浜の日産グローバル本社ギャラリーで。「COLOR DESIGN STORIES」と題された特別展示。初代「日産サニー」が3台。拡大
1966年に発売された「日産サニー1000」(B10型)のイメージカラーは、生産終了まで手前の「サンライズレッド」であった。
1966年に発売された「日産サニー1000」(B10型)のイメージカラーは、生産終了まで手前の「サンライズレッド」であった。拡大
1968年「サニー1000バン」のカラーは「スカイブルー」。それまで重厚なダークブルーが一般的だったが、「クルマは高級なもの」という概念を打ち砕く画期的なものであったという。2018年4月23日撮影。
1968年「サニー1000バン」のカラーは「スカイブルー」。それまで重厚なダークブルーが一般的だったが、「クルマは高級なもの」という概念を打ち砕く画期的なものであったという。2018年4月23日撮影。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。、(ともに二玄社)、、(ともに光人社)、(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事