「三菱eKシリーズ」の予防安全性能がレベルアップ

2018.05.28 自動車ニュース
「eKスペース アクティブギア」
「eKスペース アクティブギア」拡大

三菱自動車は2018年5月28日、予防安全性能を向上させた軽乗用車「eKワゴン」「eKカスタム」「eKスペース」を発表。新たに設定した特別仕様車「eKスペース アクティブギア」とともに、同日発売した。

「eKスペース アクティブギア」のインテリア。
「eKスペース アクティブギア」のインテリア。拡大
 
「三菱eKシリーズ」の予防安全性能がレベルアップの画像拡大

今回、「衝突被害軽減ブレーキシステム」の機能向上に加え、従来の誤発進抑制機能に歩行者対応(前進時)を追加した「踏み間違い衝突防止アシスト」を全車に標準装備とした。さらに、「車線逸脱警報システム」を新たに設定するなどして予防安全技術「e-Assist」を強化。「サポカーSワイド」または「サポカーSベーシック+」の該当車種となった。

あわせて「eKスペース」に、オレンジ色をアクセントカラーとした「アクティブギア」を新たに設定した。eKスペース アクティブギアでは、フロントグリルのラインやドアミラーをオレンジ色でドレスアップ。エクステリアの要所に専用デカールを装着し、ステアリングホイールにはオレンジ色のステッチを施すなど、アウトドア用品の“ギア感”が表現されている。

ボディーカラーは、ホワイトパール×ブラックマイカ、チタニウムグレーメタリック×ブラックマイカ、モノトーンのブラックマイカの3色展開。

そのほか、ステアリングオーディオリモコンスイッチやリアスピーカーなどを標準装備し、専用ワイド2DINナビゲーションも付与した上でベースモデルから価格を据え置きとした特別仕様車「eKシリーズ プラスエディション」も設定されている。

ラインナップと価格帯は、以下の通り。

  • eKワゴン:110万9160円~158万0040円
  • eKカスタム:151万2000円~170万1000円
  • eKスペース:131万7600円~197万7480円
  • eKカスタム アクティブギア:170万2080円~180万9000円
  • eKスペース アクティブギア:197万8560円~208万5480円
  • eKワゴン プラスエディション:122万0400円~152万0640円
  • eKカスタム プラスエディション:159万4080円~170万1000円
  • eKスペース プラスエディション:151万4160円~197万7480円

(Clubpyme)

関連キーワード:
eKスペース, eKワゴン, eKカスタム, 三菱, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱eKワゴン/eKカスタム 2013.6.6 画像・写真 新しくなった三菱の軽「eKワゴン」「eKカスタム」の姿を、写真で紹介する。
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
  • 三菱が新型「eKワゴン」と「eKクロス」の予約注文受け付けをスタート
    2019.3.14 自動車ニュース 三菱自動車は2019年3月14日、同年3月28日に発売予定の新型軽乗用車「eKワゴン」および「eKクロス」の予約注文受け付けを開始した。高速道路同一車線運転支援技術「MI-PILOT」やハイブリッドシステムを採用している。
  • 三菱eKカスタムT Safety Package(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2015.12.22 試乗記 発売から約2年を経て、燃費、走り、装備、デザインと全方位的な大幅改良を受けた「三菱eKワゴン/カスタム」。競争が激化する軽市場において、独自の存在感をどれだけ示せるか。絶対的な性能だけではなく、市場における“立ち位置”も含めてチェックしてみた。
  • 日産と三菱の新型軽乗用車がラインオフ 2019.3.14 自動車ニュース 日産自動車と三菱自動車、NMKVは2019年3月14日、日産および三菱から3月中に発売予定の新型軽乗用車のオフライン式を、三菱の水島製作所で実施した。日産は「デイズ」「デイズ ハイウェイスター」として、三菱は「eKワゴン」「eKクロス」として発売する。
ホームへ戻る