トヨタ・アルファード ハイブリッド エグゼクティブラウンジ(前編)

2018.05.31 谷口信輝の新車試乗 谷口信輝が今回試乗するのは、マイナーチェンジが施されたトヨタの高級ミニバン「アルファード」。プロのレーシングドライバーとして、元アルファードオーナーとして、最新型の走りをどう評価する?

走りだしで違いがわかる

いまや世界的な人気を誇るトヨタのワンボックスカー、「アルファード」と「ヴェルファイア」がマイナーチェンジを受けたのは2017年12月のこと。今回は第2世代の「Toyota Safety Sense(トヨタ・セーフティー・センス)」が全モデルに標準装備され、プリクラッシュセーフティーやレーントレーシングアシストといった待望の運転支援装置が盛り込まれることになった。

さらには内外装にも化粧直しが施されたが、最も注目されるのは、構造用接着剤の使用範囲を拡大したりウィンドウガラスの固定に高剛性接着剤を用いるなどしてボディー剛性の改善を図ったこと。

これまでも乗り心地や静粛性には定評のあった“アル・ヴェル”だが、今回のマイナーチェンジでどう生まれ変わったのか? 早速、谷口信輝に試乗してもらうことにしよう。グレードは、エアロパーツの付かないハイブリッドモデルとしては最上級の「アルファード ハイブリッド エグゼクティブラウンジ」である。

「いやあ、いいですねえ。走りだした瞬間に質感が向上したことがわかります」 
長年愛用したアルファードを手放したばかりの谷口は、感慨深そうにそう語った。

「運転席に腰掛けて、セレクターレバーでDレンジを選んで走りだしただけで、すぐに質感の高さがわかりますよね。『お、これ、なんかすごい!』みたいな感じで」

そういった質感の高さはどこから感じられるのだろうか?
 「まずは音とか振動なんでしょうね。このクルマ、やっぱり静かですよ」

 
トヨタ・アルファード ハイブリッド エグゼクティブラウンジ(前編)の画像拡大
 
トヨタ・アルファード ハイブリッド エグゼクティブラウンジ(前編)の画像拡大
 
トヨタ・アルファード ハイブリッド エグゼクティブラウンジ(前編)の画像拡大
 
トヨタ・アルファード ハイブリッド エグゼクティブラウンジ(前編)の画像拡大
トヨタ・アルファード ハイブリッド エグゼクティブラウンジ
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4945×1850×1950mm/ホイールベース:3000mm/車重:2230kg/駆動方式:4WD/エンジン:2.5リッター直4 DOHC 16バルブ/フロントモーター:交流同期電動機/リアモーター:交流同期電動機/トランスミッション:CVT/エンジン最高出力:152ps(112kW)/5700rpm/エンジン最大トルク:206Nm(21.0kgm)/4400-4800rpm/フロントモーター最高出力:143ps(105kW)/フロントモーター最大トルク:270Nm(27.5kgm)/リアモーター最高出力:68ps(50kW)/リアモーター最大トルク:139Nm(14.2kgm)/タイヤ:(前)225/60R17 99H/(後)225/60R17 99H(ヨコハマ・ブルーアースE51A)/価格:735万8040円
トヨタ・アルファード ハイブリッド エグゼクティブラウンジ
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4945×1850×1950mm/ホイールベース:3000mm/車重:2230kg/駆動方式:4WD/エンジン:2.5リッター直4 DOHC 16バルブ/フロントモーター:交流同期電動機/リアモーター:交流同期電動機/トランスミッション:CVT/エンジン最高出力:152ps(112kW)/5700rpm/エンジン最大トルク:206Nm(21.0kgm)/4400-4800rpm/フロントモーター最高出力:143ps(105kW)/フロントモーター最大トルク:270Nm(27.5kgm)/リアモーター最高出力:68ps(50kW)/リアモーター最大トルク:139Nm(14.2kgm)/タイヤ:(前)225/60R17 99H/(後)225/60R17 99H(ヨコハマ・ブルーアースE51A)/価格:735万8040円拡大

関連キーワード:
アルファード, トヨタ,

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・アルファード エグゼクティブラウンジS(4WD/CVT)【試乗記】 2018.3.16 試乗記 あたりを払うかのような見た目の迫力と、使い勝手に優れた装備で人気のミニバン「トヨタ・アルファード」がマイナーチェンジ。2列目が“主役”のトップグレード「エグゼクティブラウンジS」に試乗し、最新型の出来栄えを確かめた。
  • トヨタ・ヴェルファイアZG(FF/8AT)【試乗記】 2018.3.9 試乗記 トヨタのフラッグシップミニバンとして、根強い人気を誇る「アルファード/ヴェルファイア」。極東の自動車大国・ニッポンで、コワモテの四角い高級車がここまで支持を集める理由とは何か? その文化的背景と、高級ミニバンの歩むべき道について考えてみた。
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • トヨタ・プリウスα シリーズ(FF/CVT)【動画試乗記】 2011.7.27 試乗記 トヨタ・プリウスα Gツーリングセレクション スカイライトパッケージ(FF/CVT)/Sツーリングセレクション(FF/CVT)
    ……400万7450円/338万6950円

    好調な売れ行きを見せる「プリウス」のワゴンモデル「プリウスα」。5人乗りと7人乗りに試乗した塩見 智が、その違いを動画でリポートする。
  • トヨタ・クラウン2.0 RSアドバンス(FR/8AT)【試乗記】 2018.9.4 試乗記 新しいユーザー層に訴求すべく、従来モデルとは趣を異にするパーソナル志向のセダンとして登場した15代目「トヨタ・クラウン」。その中でも、最もドライバーオリエンテッドな2リッターターボの「RSアドバンス」に試乗し、変革の成果を確かめた。
ホームへ戻る