新型軽「ホンダN-VAN」は3タイプのデザインで登場

2018.06.01 自動車ニュース
「ホンダN-VAN」
「ホンダN-VAN」拡大

本田技研工業は2018年6月1日、同年夏に正式発表を予定している新型車「N-VAN」の概要を公開した。

助手席側のドアを開いた状態。(図中の数値は、ハイルーフ仕様のFF車のもの)
助手席側のドアを開いた状態。(図中の数値は、ハイルーフ仕様のFF車のもの)拡大
「N-VAN」のテールゲートを開いた様子。(図中の数値は、ハイルーフ仕様のFF車のもの)
「N-VAN」のテールゲートを開いた様子。(図中の数値は、ハイルーフ仕様のFF車のもの)拡大
「N-VAN +STYLE FUN・Honda SENSING」
「N-VAN +STYLE FUN・Honda SENSING」拡大
「N-VAN +STYLE COOL・ターボ Honda SENSING」
「N-VAN +STYLE COOL・ターボ Honda SENSING」拡大
運転席まわりの様子。写真は「G・Honda SENSING」のもの。
運転席まわりの様子。写真は「G・Honda SENSING」のもの。拡大

技ありの軽商用車

N-VANは、「N-BOX」をはじめとする「Nシリーズ」に属する、新型の軽商用車。優れたユーティリティー性を備え、「軽バンの世界に新しい基準をつくる」とアピールされる。

特徴のひとつは助手席側のBピラーを廃したこと。これにより車体側方に大開口(高さ1230mm×幅1580mm)を作りだし、テールゲートと助手席側スライドドアという、2つの動線からの効率的な積み降ろしを可能とした。テールゲートの開口部は高さ1300mm×幅1230mm。荷室床面の地上高は525mmとなっている(寸法はハイルーフ仕様のFF車のもの。以下同じ)。

もうひとつの特徴はパッケージングだ。後席および助手席のダイブダウン機能を使えば、Nシリーズならではの低床フロアと相まって、助手席部分からテールゲートにかけてフラットかつ大容量な積載スペースが利用できるようになる。助手席および後席を畳んだ際の荷室長は1585mmで、室内高は1365mm。重量にして最大350kg、ダンボール箱(380mm×310mm×280mm)なら71個、ビールケース(447mm×364mm×315mm)なら40個まで積むことができる。

好みに応じて荷室空間をアレンジするためのディーラーオプション(ルーフキャリアや簡易テーブル、セパレートカーテン、ラゲッジマットなど)も豊富に用意される。

エクステリアのデザインは大きく分けて3種類。「G」グレードと「L」グレードで構成されるスタンダードタイプのほかに、丸目のヘッドランプが特徴の「+STYLE FUN」、低めのルーフを持ちスタイリッシュなイメージが演出された「+STYLE COOL」がラインナップされる。

運転席周辺のデザインについては、道具としての使いやすさと気持ちよく働ける空間をテーマに開発。“タフなつくりの棚”を思わせる収納や、傷が目立ちにくく、きれいな状態を長く保(たも)てる内装が与えられている。安全運転支援システム「ホンダセンシング」が標準で備わる点も、セリングポイントとなっている。

なおN-VANは全車、4ナンバーの軽貨物車。自動車税の負担は、5ナンバーの軽乗用車(1万0800円)の半額以下(5000円)となる。

(Clubpyme)

関連キーワード:
N-VAN, ホンダ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダN-BOXカスタム 2017.8.31 画像・写真 軽乗用車初のシーケンシャルウィンカーなど、他のモデルにはないディテールが目を引く新型「ホンダN-BOXカスタム」。クロームメッキで飾られたボディーや、黒を基調としたインテリアなど、標準車とは一味違うその姿を写真で紹介する。
  • ホンダN-VAN 2018.6.1 画像・写真 本田技研工業は2018年6月1日、同年夏に正式発表を予定している新型軽商用車「N-VAN」のイメージを公開した。3タイプのデザインと全10色のボディーカラーで構成されるエクステリアを、写真で紹介する。
  • ホンダN-BOX/N-BOXカスタム【試乗記】 2017.9.28 試乗記 ホンダのベストセラー軽乗用車「N-BOX」がフルモデルチェンジ。見た目はマイナーチェンジ? と感じさせるほどの小変更にとどまるが、新設計のプラットフォームやエンジンの採用など、中身はまるで別物といえるほどの進化を遂げている。その使い勝手をテストした。
  • 第105回:N-BOXは怪獣だ 2018.10.2 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第105回は「N-BOXは怪獣だ」。広報車とディーラー車では乗り味が違うってホント!? 今、日本で一番売れている、事実上の国民車「ホンダN-BOX」をプチ検証。実物を前に、筆者が導き出した答えとは?
  • スズキ・スペーシア カスタム ハイブリッドXSターボ(FF/CVT)【試乗記】 2018.3.8 試乗記 生活必需品として、日本で独自の発展をみせる軽乗用車。新型「スペーシア」は、その中で一番の激戦区であるスーパーハイトワゴンカテゴリーに、スズキが投入した自信作だ。ワイルドなフロントマスクが主張する「カスタム」に試乗した。
ホームへ戻る