「BMW 3シリーズ」は全60種類の大所帯!
輸入車のグレードが多いのはなぜ?

2018.06.06 デイリーコラム

グレードを細分化してニーズに対応

欧州車はグレードの数を豊富に取りそろえているモデルが多い。例えば「BMW 3シリーズ」は、「セダン」とワゴンの「ツーリング」、車内の広い5ドアハッチバックの「GT」という3種類のボディータイプを用意する。

パワーユニットも多彩で、ガソリンエンジンが直列3気筒の1.5リッター、直列4気筒2リッター(チューニングは複数)、直列6気筒3リッター(高性能な「M3」も)。さらに直列4気筒2リッターをベースにしたプラグインハイブリッドに、直列4気筒2リッターのクリーンディーゼルターボという具合だ。「メルセデス・ベンツCクラス」なども同様で、欧州車は全般的にグレードが多い。

こうなる理由は、メーカーとしての販売台数があまり多くないからだ。2017年にトヨタは世界で901万台(ダイハツと日野を含めると1047万台)を販売したが、BMWの世界販売台数はグループ全体で246万台、メルセデス・ベンツは242万台であった。

販売規模が小さいと、当然ながら車種を増やしづらい。しかし、一方では多様化するニーズに応える必要があるため、グレードやエンジンの種類を増やしているのだ。トヨタのようにメーカーの規模が大きいと、販売する地域のニーズに応じた車種を用意できるため、グレードを細分化する必要はない。

「BMW 3シリーズ」は、「セダン」が28種、「ツーリング」が24種、「GT」が6種、そしてハイパフォーマンスモデル「M3」が2種と、実に60グレードをラインナップする。
「BMW 3シリーズ」は、「セダン」が28種、「ツーリング」が24種、「GT」が6種、そしてハイパフォーマンスモデル「M3」が2種と、実に60グレードをラインナップする。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事