第557回:いろんな人がいろんなクルマを愛している!
「性の多様性」と44年前の「ダットサン・サニー」

2018.06.08 マッキナ あらモーダ!

男性同性愛者の古典車クラブ

「性の多様性」が話題となる今日。今回は、それにまつわるお話をひとつ。

2018年3月、ドイツ北西部エッセンで開催されたヒストリックカー見本市、テヒノクラシカ・エッセンの会場でのことである。

このイベントは、ドイツ系プレミアムブランド各社が、それぞれ広いパビリオンをまるごと借り切って歴史的車両を展示することで有名だ。

いっぽうで、さまざまな自動車クラブの出展も楽しみのひとつである。その数は、2017年の200から220へと増えた。

そうしたクラブが集まる一角で「20 Jahre」、つまり20周年の横断幕を掲げた愛好会がある。その名を「クィアレンカー/シュヴラー・オールドタイマークラブ・ドイッチュラント」という(以下クィアレンカーとする)。訳せば「性的マイノリティーのドライバー/ドイツ男性同性愛者古典車クラブ」といったところだ。

20周年を祝っていたのは、彼らであった。

テヒノクラシカ・エッセン2018における「クィアレンカー」のスタンドで。結成20周年の今年はクルマで多様性を表現した。クライスラー、「オペル・カデット」「BMW 8シリーズ」「メルセデス・ベンツSクラス」……。
テヒノクラシカ・エッセン2018における「クィアレンカー」のスタンドで。結成20周年の今年はクルマで多様性を表現した。クライスラー、「オペル・カデット」「BMW 8シリーズ」「メルセデス・ベンツSクラス」……。拡大
思えば2010年、「消滅したブランドの墓地」企画に感激したのが、彼らを知るきっかけだった。車両は旧東ドイツのヴァルトブルク。
思えば2010年、「消滅したブランドの墓地」企画に感激したのが、彼らを知るきっかけだった。車両は旧東ドイツのヴァルトブルク。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。、(ともに二玄社)、、(ともに光人社)、(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事