マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」を一部改良

2018.06.07 自動車ニュース
「マツダ・ロードスターRF」
「マツダ・ロードスターRF」拡大

マツダは2018年6月7日、「ロードスター」および「ロードスターRF」を一部改良するとともに、ロードスターに特別仕様車「キャラメルトップ」を設定し、同年7月26日に発売すると発表した。

「ロードスターRF」に搭載される2リッター直4エンジン「SKYACTIV-G 2.0」は、最高出力が26psアップの184ps、最大トルクが5Nmアップの205Nmへと強化されている。
「ロードスターRF」に搭載される2リッター直4エンジン「SKYACTIV-G 2.0」は、最高出力が26psアップの184ps、最大トルクが5Nmアップの205Nmへと強化されている。拡大
メインサイレンサーの中にグラスウールを詰め込むなどして、低回転から高回転までリニアで伸び感のある、力強いサウンドを作り込んだという。
メインサイレンサーの中にグラスウールを詰め込むなどして、低回転から高回転までリニアで伸び感のある、力強いサウンドを作り込んだという。拡大
歴代「ロードスター」で初となるテレスコピック調整機構が採用されている。
歴代「ロードスター」で初となるテレスコピック調整機構が採用されている。拡大
予防安全パッケージ「i-ACTIVSENSE」が全車に標準装備とされた。これによりマツダは、国内で販売する主要7車種すべてが「サポカーSワイド」に該当することとなった。
予防安全パッケージ「i-ACTIVSENSE」が全車に標準装備とされた。これによりマツダは、国内で販売する主要7車種すべてが「サポカーSワイド」に該当することとなった。拡大
標準装着ホイールの塗装色が「ガンメタリック」から「ブラックメタリック」へと変更されている。
標準装着ホイールの塗装色が「ガンメタリック」から「ブラックメタリック」へと変更されている。拡大
特別仕様車「ロードスター キャラメルトップ」
特別仕様車「ロードスター キャラメルトップ」拡大
ブラウンのほろとスポーツタンの内装を組み合わせることで、“お洒落で上品な大人の甘さが香る”特別仕様車を目指したとされる。
ブラウンのほろとスポーツタンの内装を組み合わせることで、“お洒落で上品な大人の甘さが香る”特別仕様車を目指したとされる。拡大

RFのエンジン出力が大幅に向上

今回の改良では、パワーユニットの性能向上や先進安全装備の拡充を図っている。

ロードスターRFに搭載される2リッター直4自然吸気エンジン「SKYACTIV-G 2.0」については、高回転域での吸入空気量アップや回転系部品の軽量化、給排気損失の低減、燃焼期間の短縮などによって性能を強化。全回転域でトルクをアップさせたほか、高回転域における出力向上を実現した。その結果、最高出力は26psアップの184ps、最大トルクは5Nmアップの205Nm、最高回転数は700rpm引き上げられた7500rpmというスペックを得ている。

これに合わせてエンジンサウンドも見直しており、駆動系からのノイズを排除した上で、サイレンサーの内部構造を刷新。低回転から高回転までリニアで伸び感のある力強い音色を作り込んだ。また、市街地走行においては、アクセル操作に対するサウンドのフィードバックが強めに感じられるようチューニングを施している。

このほか、どんなシーンでもドライブを楽しめることを目指し、アクセル操作に対するレスポンスや加速感などがドライバーの意思に沿うよう、エンジンやトランスミッションの制御を見直している。

ロードスターに搭載される1.5リッター直4自然吸気エンジン「SKYACTIV-G 1.5」には、SKYACTIV-G 2.0に投入した燃焼改善技術を採り入れることで、トルクを全回転域で従来型と同等以上としながら、より高い環境・燃費性能を実現。スペックは最高出力が1psアップの132ps、最大トルクが2Nmアップの152Nmとなっている。このほか、レスポンスフィールの向上も図った。

歴代モデルで初となるテレスコ調整機能を搭載

先進安全装備については、緊急自動ブレーキや車線逸脱警報、AT誤発進抑制制御などからなる予防安全パッケージ「i-ACTIVSENSE」を全車に標準装備としたほか、交通標識認識システムやドライバーアテンションアラート、クルーズコントロールをオプション設定している。

このほかの装備については、歴代ロードスターで初となるテレスコピック調整機能(前後3cm)の採用や、標準装着ホイールの塗装色を「ガンメタリック」から「ブラックメタリック」へと、カラーリング変更を実施。さらに、ロードスターのメーターパネル内のマルチインフォメーションディスプレイをカラー表示対応としたほか、ロードスターRFの「VS」グレードの内装色に「スポーツタン」と「ブラック」を追加した。

価格はロードスターが255万4200円~325万6200円。ロードスターRFが336万9600円~381万2400円。

ロードスターの特別仕様車キャラメルトップは、ベース車「Sレザーパッケージ」を、ブラウンのソフトトップとスポーツタンのインテリアでコーディネートしたもの。ボディーと同色のドアミラーや高輝度塗装が施された16インチアルミホイールも装備する。

価格はベース車と同じで、6段MT車が309万4200円、6段AT車が320万7600円。

(文=Clubpyme/写真=向後一宏)

関連キーワード:
ロードスター, ロードスターRF, マツダ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターS(FR/6MT)【試乗記】 2018.8.18 試乗記 マツダのオープンスポーツカー「ロードスター」がマイナーチェンジ。エンジンに手が入れられた最新の「ロードスターRF」と「ロードスター」を乗り比べてみると、つくり手の思いが詰まったモダンなスポーツカー像が見えてきた。
  • ホンダ・ゴールドウイング(MR/7AT)【レビュー】 2018.8.7 試乗記 400kgに迫る車両重量、1.8リッターの水平対向6気筒エンジンと、あらゆる部分が規格外なホンダのフラッグシップモデル「ゴールドウイング」。6代目となる新型は、遠乗りに特化したクルーザーかと思いきや、“操る”ことを積極的に楽しめる一台に仕上がっていた。
  • ホンダCB1000R(MR/6MT)【レビュー】 2018.5.31 試乗記 スーパースポーツの心臓を持つ、走りのネイキッドモデル「ホンダCB1000R」。軽快なボディーと145psのエンジンが織り成す走りは見事だったが、リポーターはこのバイクに太鼓判を押さなかった。ホンダ最新の「ネオスポーツカフェ」に欠けていたものとは?
  • ホンダ・クロスカブ110(MR/4MT)【レビュー】 2018.4.21 試乗記 ビジネス用途の「スーパーカブ」をベースに開発された、ホンダの小型バイク「クロスカブ」。その最新型は、「単なるバリエーションモデル」と割り切れない、独自の魅力を持っていた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
ホームへ戻る