アウディが新型フラッグシップSUV「Q8」を世界初公開

2018.06.07 自動車ニュース
「アウディQ8」
「アウディQ8」拡大

独アウディは2018年6月5日(現地時間)、中国の深センで開催された「アウディ ブランドサミット」において、ラグジュアリーSUVのニューモデル「アウディQ8」を世界初公開した。

 
アウディが新型フラッグシップSUV「Q8」を世界初公開の画像拡大
 
アウディが新型フラッグシップSUV「Q8」を世界初公開の画像拡大
 
アウディが新型フラッグシップSUV「Q8」を世界初公開の画像拡大
 
アウディが新型フラッグシップSUV「Q8」を世界初公開の画像拡大
 
アウディが新型フラッグシップSUV「Q8」を世界初公開の画像拡大
 
アウディが新型フラッグシップSUV「Q8」を世界初公開の画像拡大
 
アウディが新型フラッグシップSUV「Q8」を世界初公開の画像拡大

“Qファミリー”と呼ばれるアウディのSUVラインナップに、新たな最上位モデルが加えられた。アウディQ8は、ラグジュアリー4ドアクーペのエレガンスさと大型SUVの多用途性を兼ね備えたとされており、全長×全幅×全高=4.99×2.00×1.71mのボディーは、基本設計を共有する「Q7」よりも幅広く、短く、低いプロポーションとなっている。

エクステリアは、アウディのシンボルであるシングルフレームグリルに、Qファミリーの新しい顔となる八角形デザインを採用した。さらに、立体的なフロントバンパーや、かつての「アウディ・クワトロ」をイメージさせるブリスターフェンダーなどにより、力強さを強調。一方、特徴的なデザインのLEDヘッドライト/テールライトが、最新のアウディモデルであることをアピールする。クーペらしさを表現するために、窓枠のない“サッシュレスドア”を採用するのもQ8の特徴のひとつだ。

インテリアは、最新の「A8」などと同様、センターパネルに上下2段の液晶パネルを配したMMIタッチレスポンスを採用。フルデジタルメーターの「バーチャルコックピット」とともに、先進的な雰囲気を形成している。シートは2列、定員5人という構成で、後席を畳めば最大1755リッターのラゲッジスペースが現れる。

パワートレインは、48V電源システムとマイルドハイブリッドを搭載することで高効率化を実現。駆動方式はフルタイム4WDの「クワトロ」で、機械式センターデフにより、前40:後60に駆動力を配分する。必要に応じて自動的にその比率を変えるのは、従来のクワトロと同様である。ステアリングには、操舵角とともにギアレシオが増すプログレッシブステアリングを採用。また、オプションで4輪操舵機構のオールホイールステアリングが用意される。

最新モデルだけに、ドライバーアシスタンスシステムも充実しており、アダプティブクルーズコントロールなどに加えて、2019年には、車庫入れや車庫から出す操作をスマートフォンを介して指示できるリモートガレージパイロットが導入される予定だ。

ヨーロッパでの販売は、2018年第3四半期に開始される予定となっている。

(文=生方 聡)

関連キーワード:
Q8, アウディ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディQ7 55 TFSIクワトロ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.24 試乗記 アウディのフルサイズSUVといえば、いま最もホットな存在なのが「Q8」。しかしベースとなったこの「Q7」なくしてその存在は語れない。2代目の発表から4年、そろそろマイナーチェンジの声も聞こえてくる同車の熟成ぶりを確認してみた。
  • アウディQ8 50 TDIクワトロ(4WD/8AT)/Q8 55 TFSIクワトロ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.8.21 試乗記 アウディの新たなフラッグシップSUV「Q8」に試乗。ラグジュアリークーペのようなスタイリングとSUVの多用途性を両立させるというニューモデルは、どんな走りを見せるのか。南米チリの砂漠地帯から報告する。
  • アウディQ2 35 TFSIシリンダーオンデマンド スポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2019.1.9 試乗記 既存のヒエラルキーの外にあるという、野心的なポジションで誕生した「アウディQ2」も、日本での販売開始から1年半の時が経過した。あらためてステアリングを握り、ワインディングロードに連れ出すと、導入初期のモデルでは気付かなかったものが見えてきた。
  • アウディA8 55 TFSIクワトロ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.11 試乗記 フルモデルチェンジで4世代目となった、アウディのフラッグシップサルーン「A8」に試乗。その走りは、隙のない技術的完成度を感じさせながらも、乗り手を和やかな気持ちにもさせてくれた。
  • アルピーヌA110リネージ(MR/7AT)【試乗記】 2019.1.5 試乗記 これぞフランス車と思わせる、しなやかな乗り心地。そして、思わずワインディングロードに行きたくなる軽快な身のこなし。復活した「アルピーヌA110」は、ポルシェやロータスとはひと味違うドライビングプレジャーに満ちていた。
ホームへ戻る