フォルクスワーゲンから新型「ポロGTI」が登場

2018.06.08 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ポロGTI」
「フォルクスワーゲン・ポロGTI」拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2018年6月8日、新型「ポロGTI」を発表した。同年7月3日に発売する。

 
フォルクスワーゲンから新型「ポロGTI」が登場の画像拡大
 
フォルクスワーゲンから新型「ポロGTI」が登場の画像拡大
 
フォルクスワーゲンから新型「ポロGTI」が登場の画像拡大
 
フォルクスワーゲンから新型「ポロGTI」が登場の画像拡大
 
フォルクスワーゲンから新型「ポロGTI」が登場の画像拡大
 
フォルクスワーゲンから新型「ポロGTI」が登場の画像拡大

“これぞGTI”な走りとビジュアル

1976年に初代「ゴルフGTI」が発売されて以来、フォルクスワーゲンにおけるスポーツモデルの代名詞として人気を集めてきたのがGTIシリーズだ。ここしばらく、日本では「ゴルフGTI」のみの販売だったが、待望の「up! GTI」とポロGTIがラインナップに加わることになった。

ポロGTIは、日本でも2018年3月に発売された6代目「ポロ」をベースとしたスポーツモデルだ。エンジンは、先代ポロGTIの1.8リッター直列4気筒直噴ターボ(192ps)よりもさらにパワフルな、2リッター直列4気筒直噴ターボを採用。最高出力は200ps/4400-6000rpm、最大トルクは320Nm/1500-4350rpmを発生する。燃焼効率の高い“ミラーサイクル”方式を採用するのも特徴で、この方式のフォルクスワーゲンエンジンが日本に導入されるのは、今回が初めてとなる。

トランスミッションはデュアルクラッチ式ATの6段DSG。トルクベクタリング機能の「XDS」や、減衰力を切り替え可能なダンパー、エンジンやトランスミッション、ダンパーなどの特性を変更できるドライビングプロファイル機能などが標準装着となる。

内外装はGTIらしさにあふれている。エクステリアでは、ハニカムパターンを採用したラジエーターグリルや、そこに施された赤いストライプ、ブラックの大型ルーフスポイラー、そして専用デザインの17インチアルミホイールがスポーティーな印象を高める。一方、インテリアではGTIならではのシートやステアリングホイールのデザインに加え、レッドとブラックのダッシュボードも特徴となっている。

また装備については、ポロシリーズとして初めてフルデジタルメーターの“アクティブインフォディスプレイ”をオプション設定。「Qi(チー)」規格のワイヤレス充電機能も搭載している。

ボディータイプは標準モデル同様5ドアハッチバックのみの設定で、ボディーカラーは「ピュアホワイト」「フラッシュレッド」「ディープブラックパールエフェクト」「ライムストーングレーメタリック」(新色)の4色を用意。価格は344万8000円だ。

(文=生方 聡)

関連キーワード:
ポロ, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.6 試乗記 「フォルクスワーゲン・ポロGTI」に試乗。自身のボディーサイズの拡大に加えて、弟分の「up! GTI」がデビューしたことにより、コンパクトという主張がしづらくなった“次男坊”は、どんな魅力を備えているのだろうか。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)/up! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.7.6 試乗記 日本において13年ぶりに出そろったフォルクスワーゲンGTI 3兄弟の中から、デビューしたての最新モデル「up! GTI」と「ポロGTI」に試乗。他のホットハッチとは一味違う、抑えのきいたGTIならではの妙味に触れた。
  • ボルボXC40 T4 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.3 試乗記 好評を博しているボルボのコンパクトSUV「XC40」。豊富なラインナップの中から、今回はベーシックな190ps仕様の上級グレード「T4 AWDインスクリプション」に試乗。東京-愛知を往復するロングドライブを通して、その出来栄えを体感した。
  • 「アウディA4オールロードクワトロ」の限定車発売 2018.12.12 自動車ニュース アウディ ジャパンは2018年12月12日、「アウディA4オールロードクワトロ」に特別仕様車「A4オールロード アブソリュート」を設定し、125台の台数限定で発売した。
  • ボルボV60 T5インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2018.11.26 試乗記 2代目「S60」のステーションワゴン版として登場したボルボの「V60」がフルモデルチェンジを果たした。スポーツワゴン的な性格を持っていた初代に対し、こちらは「V90」の血筋を色濃く感じる内外装デザインが特徴だ。日本向けにこだわりをもって開発したという最新モデルの実力を探る。
ホームへ戻る