ブラックが基調の「ジープ・レネゲード ナイトイーグル」限定発売

2018.06.09 自動車ニュース
「ジープ・レネゲード ナイトイーグル」
「ジープ・レネゲード ナイトイーグル」拡大

FCAジャパンは2018年6月9日、「ジープ・レネゲード」の特別仕様車「Night Eagle(ナイトイーグル)」を台数200台の限定で発売した。

「リミテッド」と「トレイルホーク」に新たに採用された、8.4インチオーディオナビゲーションシステム。
「リミテッド」と「トレイルホーク」に新たに採用された、8.4インチオーディオナビゲーションシステム。拡大
「レネゲード ナイトイーグル」。写真のボディーカラーは、すべて「グラナイトクリスタルメタリック」。
「レネゲード ナイトイーグル」。写真のボディーカラーは、すべて「グラナイトクリスタルメタリック」。拡大

今回のレネゲード ナイトイーグルは、2017年6月に発売された同名の限定車の第2弾。エントリーグレード「ロンジチュード」をベースに、黒を基調としたエクステリアパーツや上級グレード「リミテッド」に匹敵する先進安全装備が与えられている。

ボディーカラーは、前回の「カーボンブラックメタリック」に加え、レネゲード初設定となる「グラナイトクリスタルメタリック」をラインナップ。ブラックグリルやグロスブラックフロントフォグランプベゼル、グロスブラックリアバンパーディフレクター、18インチグロスブラックアルミホイールなどを採用し、精悍(せいかん)さを高めたとうたわれる。運転席の2ウェイパワーランバーサポートやリバーシブル式の高さ調整機能付きカーゴフロアなどもセリングポイントとなっている。

安全機能については、「LaneSense車線逸脱警報プラス」や「クラッシュミティゲーション(自動ブレーキ)付き前面衝突警報」「オートヘッドライト」「雨量感知機能ワイパー」などが搭載される。

価格は315万3000円。

また、今回の限定車発売に合わせ、レネゲード全車の仕様も変更。新たにApple CarPlayとAndroid Autoに対応した最新の「Uconnectシステム」が装備される(ロンジチュードには7インチラジオを、「リミテッド」と「トレイルホーク」には8.4インチオーディオナビゲーションシステムを採用)。

さらに、ブラインドスポットモニター/リアクロスパスディテクションおよびParkviewリアバックアップカメラの採用モデルを全車に拡大したほか、USBポートを追加し、センターコンソールのデザインを変更。リミテッドとトレイルホークはボディーカラーの設定が増え、ロンジチュードとリミテッドのシートデザインが改められた。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • ロンジチュード:299万円
  • リミテッド:337万円
  • トレイルホーク:365万円

(Clubpyme)

関連キーワード:
レネゲード, ジープ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド スポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.6 試乗記 実に11年ぶりとなるフルモデルチェンジを受けた「ジープ・ラングラー」。エンジンのダウンサイジング化やATの多段化などによって洗練されたのはいいものの、果たして人々が求める“ジープらしさ”は残っているのだろうか。4ドア・2リッターの「アンリミテッド スポーツ」に試乗した。
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.10.25 試乗記 70年を優に超える歴史を誇る、元祖クロスカントリーモデル「ジープ・ラングラー」。11年ぶりのモデルチェンジで誕生した新型は、従来モデルからどう進化し、何を受け継いだのか。オンロードとオフロード、双方の試乗を通して確かめた。
  • ジープ・チェロキー リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2018.12.25 試乗記 ジープブランドのモデルラインナップにおいて、日本ではちょっと地味な立場の「チェロキー」だが、中身はなかなかの実力派SUVだ。旗艦モデル「グランドチェロキー」風のマスクを手にしただけでなく、パワーユニットにも手が入るほどの大規模な改良を受けた、最新モデルの出来栄えやいかに!?
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド ルビコン(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.9.10 試乗記 「Gクラス」と「ジムニー」ばかりが目立っているが、本格オフローダーといえば「ジープ・ラングラー」を忘れてはいけない。世界有数の悪路といわれるアメリカ・ルビコントレイルで、新型の出来栄えをチェックした。
  • 【デトロイトショー2019】トヨタが新型「スープラ」を世界初公開 2019.1.14 自動車ニュース トヨタがデトロイトショーで新型「スープラ」を発表した。「BMW Z4」とコンポーネンツを共有するスポーツクーペで、最高出力340psの3リッター直6ターボエンジンに加え、出力の異なる2種類の2リッター直4ターボも用意される。日本導入は2019年春の予定。
ホームへ戻る