誕生25周年を祝う「グランドチェロキー」限定発売

2018.06.09 自動車ニュース
「ジープ・グランドチェロキー スターリングエディション」
「ジープ・グランドチェロキー スターリングエディション」拡大

FCAジャパンは2018年6月9日、「ジープ・グランドチェロキー」の限定車「Sterling Edition(スターリングエディション)」を、台数125台の限定で発売した。

今回の限定車に装着される、25周年記念バッジ。
今回の限定車に装着される、25周年記念バッジ。拡大
「グランドチェロキー スターリングエディション」のデュアルペインパノラミックサンルーフ。
「グランドチェロキー スターリングエディション」のデュアルペインパノラミックサンルーフ。拡大
初代「グランドチェロキー」のデザインを復刻したレザーシート。
初代「グランドチェロキー」のデザインを復刻したレザーシート。拡大
「グランドチェロキー スターリングエディション」
「グランドチェロキー スターリングエディション」拡大
歴代の「グランドチェロキー」。写真左端が初代モデル。
歴代の「グランドチェロキー」。写真左端が初代モデル。拡大

今回のグランドチェロキー スターリングエディションは、グランドチェロキーが1993年に誕生してから25周年を迎えることを記念した限定車。車名の「スターリング」は銀合金を意味するもので、結婚25周年記念の銀婚式をモチーフに、シルバーのアクセントが随所にあしらわれている。

ベースとなるグレードは「リミテッド」。エクステリアにはシルバーアクセント付きのフロントバンパーやフォグランプベゼル、グロスブラックグリルなどが採用され、さらにシルバールーフレールや25周年記念バッジ、特製のシルバーエクステリアバッジなどで飾られる。

通常はオプション扱いとなるデュアルペインパノラミックサンルーフや、ジープのヘリテージにインスピレーションを得たという専用デザインの20インチアルミホイール、初代モデルのデザインを復刻したレザーシートも装備。レザーインストゥルメントパネルやイリジウムシルバーのインテリアアクセントも追加されている。

価格はベースモデル比で10万円高の620万円。

また、今回の限定車発売に合わせて、グランドチェロキー全車の仕様が変更された。

従来のLEDクリアランスランプは、より光度の高いLEDデイタイムランニングライトに。被視認性を高めるとともに印象的なフロントフェイスが演出されている。さらに、Uconnectシステム(オーディオナビゲーション)は新世代のものに変更。新たにApple CarPlayとAndroid Autoに対応したほか、「ラレード」「リミテッド」「サミット」にはオフロードページが、「SRT8」にはパフォーマンスページが追加された。USBポートは1基から2基へと増設され、スマートフォンの接続や充電がより快適に行えるようになっている。

このほか、ラレード、リミテッド、サミットについてはインテリアのアクセントカラーを変更。ラレードではファブリックシートのデザインが改められた。リミテッドには、逆位相の音をスピーカーから発生させノイズを打ち消すアクティブノイズコントロールシステムも追加されている。

ラインナップと価格は、以下の通り。

  • ラレード:499万円
  • リミテッド:610万円
  • サミット:675万円
  • SRT8:810万円

(Clubpyme)

関連キーワード:
グランドチェロキージープ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ロサンゼルスショー2017」の会場から(ジープ) 2017.12.4 画像・写真 いよいよ登場した新型「ラングラー」に、700psオーバーのモンスターSUV「グランドチェロキー トラックホーク」の姿も。ロサンゼルスオートショー2017の会場から、話題満載のジープブースの様子を写真でリポートする。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • ジュネーブモーターショー2018(その26) 2018.3.11 画像・写真 2018年3月6日に開幕した第88回ジュネーブ国際モーターショー。FCA傘下のジープブランドは新型「ラングラー」と「チェロキー」のマイナーチェンジモデルを欧州初公開した。その姿を写真で紹介する。
  • ジープ・コンパス リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2018.2.8 試乗記 「レネゲード」とともにジープのエントリーレベルを担う都会派SUV「コンパス」が、2代目にフルモデルチェンジ。世界4大陸の工場で生産されるグローバルモデルの出来栄えを、車内の利便性や乗り心地、運転のしやすさなど、さまざまな視点から確かめた。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る