クルマ好きなら毎日みてる Clubpyme 新車情報・新型情報・カーグラフィック

トライアンフ・タイガー800XCA(MR/6MT)

21インチの本気 2018.06.16 試乗記 ユニークな3気筒エンジンを搭載したトライアンフのアドベンチャーモデル「タイガー800」。そのなかでも、最もオフロード向けのキャラクターを持つのが最上級グレードの「XCA」だ。21インチスポークホイールに秘められた、ヤル気の片りんに触れた。

威圧感もアップするけれど……

「現金輸送車か?」
これがトライアンフ・タイガー800XCAを目の当たりにした第一印象、というか第一声。写真をご覧になれば分かるとおり、オプションのアルミ製トップボックスとパニアケースが装着された、スペシャルなルックスに対する素直な感想だ。それにしても、もとよりでっかいアドベンチャーモデルに金属製のケースを装着すると、異様なまでに迫力が増す。もちろん重量だってかさむだろう。ゆえに気軽に乗ることを拒みそうな圧力もアップするわけだけど、だからこそ御したいという奇妙な欲望も沸いてくる。

これは一種のオチですが、巨大ケース付きモデルは乗り降りに慣れとコツが必要みたいで、何度かまたいで気を許したところでスネを思い切りぶつけました。人間のほうは「くぅ」と叫んだが、アルミの箱は傷一つつかなかったとさ。

トライアンフのアドベンチャーセグメントに属する、並列3気筒エンジンを搭載したタイガー800。それにしてもトラはアドベンチャーがお気に入りのようで、この“800”だけでもカタログ上では5種類も仕様が用意されている。その分類はXCとXRの2系統。前者すなわち今回の試乗車はよりオフロード向きで、後者はよりオンロード向きという設定だ。この2つの系統は、これまた最近のトラが自慢するライディングモードやTFTディスプレイといった電子デバイス系の機能などによってさらに細分化され、価格差が生じているのだが、とにかくXCとXRの決定的な違いはホイールサイズに集約されていると言っていい。

厚さ1.5mmのアルミで作られた、耐水性のトップボックスとパニアケース。トップボックスは42リッター、パニアケースは片方で37リッターの容量を持つ。
厚さ1.5mmのアルミで作られた、耐水性のトップボックスとパニアケース。トップボックスは42リッター、パニアケースは片方で37リッターの容量を持つ。拡大
排気量の違いにより「1200」と「800」の2モデルがラインナップされる「トライアンフ・タイガー」。今回試乗したのは、800ccモデルのなかでも最もオフロード寄りのキャラクターを持つ「タイガー800XCA」である。
排気量の違いにより「1200」と「800」の2モデルがラインナップされる「トライアンフ・タイガー」。今回試乗したのは、800ccモデルのなかでも最もオフロード寄りのキャラクターを持つ「タイガー800XCA」である。拡大
オフロードはもちろん、ロングツーリングにも重宝されるアドベンチャーモデル。「タイガー800XCA」にも、クルーズコントロールやグリップヒーター、シートヒーター、USBおよび12V電源ソケットなど、さまざまな装備が用意されている。
オフロードはもちろん、ロングツーリングにも重宝されるアドベンチャーモデル。「タイガー800XCA」にも、クルーズコントロールやグリップヒーター、シートヒーター、USBおよび12V電源ソケットなど、さまざまな装備が用意されている。拡大

いかにチャレンジャーかがうかがい知れる

XCは前21/後17インチ。XRは前19/後17インチ。ホイールもまたXCはスポークでXRはキャストと聞けば、XC系の高度なオフロード意識がうかがい知れるというものだ。

いや、ウソです。自分、オフロード系には疎いので、実はうかがい知れません。そこで、前21/後17という極端な格差をつけた同類他車があるかどうか調べてみました。ありました! リアこそ18インチながらフロントに21インチのスポークホイールを備えているのが、ホンダの「CRF1000Lアフリカツイン」。まさにパリダカ仕様の本気モデルも似たパターンだったとは!? 他を見渡すと、アドベンチャー系の代表的なモデルである「BMW 1200GSアドベンチャー」は前19/後17。で、同じトライアンフのアドベンチャー「タイガー1200XCA」までもが、スポークホイール採用だが前19/後17なのである。そこで本当にうかがい知れてくるのは、800のXC系がいかにチャレンジャーかということだ。

……などという話を続けていると、「調べて書ける感想より試乗記をお願いしますよ?」と目だけ凍った笑顔を浮かべるClubpyme編集部員にドヤされそうだ。書きますってば。

まず先述のように、ケースの位置を確認しつつ振り上げる足の軌道に注意してまたがります。すると、これが見た目以上に足つき性がよく、身長175cmなら一切不安を感じない座り心地だった。たぶんシートの形状が優れているのだろう。次に走りだします。トラのトリプルエンジンって、やっぱり独特。並列4気筒に近いようでモーター感は薄め。その分トルク感が厚い。とはいえ2気筒ほど重くないというか。う~、微妙だ。

タイヤサイズは前が90/90-21、後ろが150/70R17。サスペンションは、前がリバウンド&コンプレッションダンピング調整機能付きのWP製倒立式フォーク(φ43mm)、後ろが油圧式プリロード調整機能付きのリザーバータンク別体型WP製モノショックとなっている。
タイヤサイズは前が90/90-21、後ろが150/70R17。サスペンションは、前がリバウンド&コンプレッションダンピング調整機能付きのWP製倒立式フォーク(φ43mm)、後ろが油圧式プリロード調整機能付きのリザーバータンク別体型WP製モノショックとなっている。拡大
パワープラントには最高出力95psを発生する800ccの3気筒エンジンを採用。トランスミッションについては、従来モデルより1速のギア比をショート化することで、加速レスポンスとオフロード走破性能を向上させている。
パワープラントには最高出力95psを発生する800ccの3気筒エンジンを採用。トランスミッションについては、従来モデルより1速のギア比をショート化することで、加速レスポンスとオフロード走破性能を向上させている。拡大
シート高は840mmと860mmの2段階で調整可能。トップボックスを装着している場合、ヒザを折るようにしてまたがないと、スネなどをケースにぶつけてしまうので要注意。
シート高は840mmと860mmの2段階で調整可能。トップボックスを装着している場合、ヒザを折るようにしてまたがないと、スネなどをケースにぶつけてしまうので要注意。拡大
フロントスクリーンは5段階の高さ調整機構付き。走行風の整流と防風に効果のあるエアロディフューザーも装備されている。
フロントスクリーンは5段階の高さ調整機構付き。走行風の整流と防風に効果のあるエアロディフューザーも装備されている。拡大
「タイガー800XCX/XCA」のライディングモード切り替え機構には「OFF-ROAD PRO」というモードが備わっており、スロットルマップとサスペンションの設定をオフロード向けに切り替えられるほか、ABSとトラクションコントロールを停止させることができる。
「タイガー800XCX/XCA」のライディングモード切り替え機構には「OFF-ROAD PRO」というモードが備わっており、スロットルマップとサスペンションの設定をオフロード向けに切り替えられるほか、ABSとトラクションコントロールを停止させることができる。拡大
オフロード性能を高めるため、サスペンションには十分なストローク量を確保。ホイールトラベルの長さは、前が220mm、後ろが215mmとなっている。
オフロード性能を高めるため、サスペンションには十分なストローク量を確保。ホイールトラベルの長さは、前が220mm、後ろが215mmとなっている。拡大

タフな男になれた気分を盛り立ててくれる

さて、気になるフロント21インチホイールはどんな走りを披露してくれるのでしょうか。あくまで私見ですが、全体的に柔らかい感触でした。だからといってふにゃっと頼りないわけではない。これは、自分が直近で試乗したオフロード系の「ホンダCRF250 ラリー」(排気量も車格もまるで違うのは承知の上。ただしホイールサイズは前21/後18!)が相当に直進性の強いカチッとしたハンドリングだったこととの単純比較に過ぎません。

実際、オンロードでの安定性には問題も不満もなし。現実的にフロント21インチは“立ち”の強さがあるけれど、「そいや!」とタイミングよく倒し込む面白みは、おそらく重心が高いアドベンチャー系ならではのもの。そしてまたタイガー800XCAには、サイズ感を裏切るような軽快な乗り味があり、「だからこそ御したい」欲望を見事に満たしてくれる。それは何というか、自分がタフな男になれた気分を盛り立ててくれるのです。

そのあたりが多くの人に支持されるのか、タイガー800シリーズではこのXCAが一番人気だそうな。確かに、フロント21インチはマニアックな匂いも本気感も漂う。そして期待するのは、砂漠をまたぐような現金輸送を請け負う警備会社が、この800XCAを社用車として完備する姿だ。専属運転手にパリダカ経験者を雇ったりしてね。アルミケース一杯の現金を用意できるなら、ぜひ頼みたいです。

(文=田村十七男/写真=三浦孝明/編集=堀田剛資)
 
 

トライアンフ・タイガー800XCA
トライアンフ・タイガー800XCA拡大
 
トライアンフ・タイガー800XCA(MR/6MT)【レビュー】の画像拡大

【スペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=--×805×1390mm
ホイールベース:1545mm
シート高:840-860mm
重量:208kg
エンジン:800cc水冷4ストローク直列3気筒DOHC 4バルブ
最高出力:95ps(70kW)/9500rpm
最大トルク:79Nm(8.1kgm)/8050rpm
トランスミッション:6段MT
燃費:--km/リッター
価格:185万6000円

関連キーワード
関連記事
注目の記事PR
注目の記事一覧へ
この記事を読んだ人が他に読んだ記事

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『Clubpyme』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

あなたにおすすめの記事
sribnapidkova.ua

http://oncesearch.com

pills24.com.ua