フェラーリ812スーパーファスト(前編)

2018.06.14 谷口信輝の新車試乗 最高出力800psを誇る“跳ね馬”「812スーパーファスト」に、レーシングドライバー谷口信輝が試乗。「史上最強・最速のロードゴーイング・フェラーリ」とうたわれるスーパースポーツの印象を報告する。

“ありえないサウンド”にほれぼれ

今回は趣向を変えて、谷口信輝がドライブするフェラーリ812スーパーファストの助手席から彼のコメントを拾ってみることにした。

まずはステアリング上のスタート/ストップボタンを押してエンジンを始動。瞬時にして回り始めた珠玉のV12ユニットは、普通のクルマとは明らかに異なる高回転でアイドリングを始めた。

「えーと、走り始めるときはどうしたらいいんでしたっけ?」

そう問いかけてきた谷口に「右側のパドルを引くだけで発進できます。でも、もしもギアボックスはマニュアルがお好みなら、センタートンネルのところにあるオートスイッチを一度押してマニュアルモードに切り替えてください」と説明すると、「いや、まずはオートマチックで走ってみます」との答えが返ってきた。ほほー、意外にも谷口はオートマチックモード派なのか……。

オートマチックモードの場合、軽くアクセルを踏み込んだ状態ではトップエンドまで引っ張ることなく、3000~4000rpmで次々とシフトアップしていくが、それでも「フワーーーンッ!」と軽やかに響く抜けのいい音色は、フェラーリ以外にはありえない美しいサウンド。フェラーリミュージックと呼ばれるゆえんである。

ここで谷口は、まだ余力を残して走っていることを釈明するかのように「いやあ、ストレートじゃないと踏む気になれないですね」と口にしたが、いやいや、それでもすでにかなりのペースだ。

 
フェラーリ812スーパーファスト(前編)の画像拡大
 
フェラーリ812スーパーファスト(前編)の画像拡大
 
フェラーリ812スーパーファスト(前編)の画像拡大
 
フェラーリ812スーパーファスト(前編)の画像拡大
フェラーリ812スーパーファスト
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4657×1971×1276mm/ホイールベース:2720mm/車重:1630kg(空車重量)/1525kg(乾燥重量)/駆動方式:FR/エンジン:6.5リッターV12 DOHC 48バルブ/トランスミッション:7段AT/最高出力:800ps(588kW)/8500rpm/最大トルク:718Nm(73.2kgm)/7000rpm/タイヤ:(前)275/35R20/(後)315/35R20(ピレリPゼロ)/価格:4000万円
フェラーリ812スーパーファスト
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4657×1971×1276mm/ホイールベース:2720mm/車重:1630kg(空車重量)/1525kg(乾燥重量)/駆動方式:FR/エンジン:6.5リッターV12 DOHC 48バルブ/トランスミッション:7段AT/最高出力:800ps(588kW)/8500rpm/最大トルク:718Nm(73.2kgm)/7000rpm/タイヤ:(前)275/35R20/(後)315/35R20(ピレリPゼロ)/価格:4000万円拡大

関連キーワード:
812スーパーファスト, フェラーリ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【試乗記】 2018.10.31 試乗記 フェラーリのフラッグシップモデル「812スーパーファスト」は、その車名からも分かるように最高出力800psとなる伝統のV12エンジンをフロントミドに搭載している。限界特性を知るにはサーキットで走らせるしかないが、主に今回は日常使いについてリポートする。
  • フェラーリ488ピスタ(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.7.2 試乗記 「フェラーリ488GTB」をベースに、その走行性能を徹底的に高めたスペシャルモデル「488ピスタ」。マラネロのエンジニアたちは、この新型スーパースポーツでどんな走りを実現したのか。最終量産型に聖地フィオラノで試乗した。
  • ポルシェ911カレラS(RR/8AT)/911カレラ4S(4WD/8AT)【海外試乗記】 2019.2.6 試乗記 2018年11月にロサンゼルスモーターショーでデビューした8代目「ポルシェ911(タイプ992)」に、スペイン・バレンシアで初試乗。新型911のベースモデルともいうべき「カレラS」と「カレラ4S」のステアリングを握れば、タイプ992の実力とポルシェの狙いがきっと見えてくるはずだ。
  • レクサスRC350“Fスポーツ”(FR/8AT)【試乗記】 2019.1.23 試乗記 マイナーチェンジが施された「レクサスRC」に試乗。「LFA」の後を受け、ブランドイメージをけん引していたのは過去の話……。そのポジションを「LC」へと譲ったいま、微妙な立ち位置にある古典的な2ドアクーペを、あえてチョイスする理由はどこにあるのだろうか。
  • 「マクラーレン600LT」にオープンモデルの「スパイダー」登場 2019.1.17 自動車ニュース マクラーレンの高性能モデル「600LT」に、オープントップの「スパイダー」が登場。オープン化や電動ハードトップの採用にともなう重量増を50kgに抑えており、0-100km/h加速が2.9秒、オープントップ時の最高速が315km/hという動力性能を実現している。
ホームへ戻る