第507回:ここがイノベーションの最前線
Movin’Onの会場から未来のモビリティーを思う

2018.06.15 エディターから一言
Movin’Onの開催は今回が2度目。前回、今回ともに、カナダ・モントリオール市の特設会場で行われた。
Movin’Onの開催は今回が2度目。前回、今回ともに、カナダ・モントリオール市の特設会場で行われた。拡大

技術革新は、本当にモビリティーを豊かにするのだろうか? ミシュランが主催する、持続可能な未来をテーマにした複合イベント「Movin’On」。各界のリーダーによる討論や、新しいビジネスの創造を目指すベンチャーへの取材を通し、モビリティーの将来について考えた。

会場となったのは、モントリオール市内の展示スペース「Arsenal art contemporain」である。
会場となったのは、モントリオール市内の展示スペース「Arsenal art contemporain」である。拡大
会場入り口にできた長蛇の列。時節柄か、Movin'Onの会場に入るためには、空港のように荷物検査を受けなければならなかった。
会場入り口にできた長蛇の列。時節柄か、Movin'Onの会場に入るためには、空港のように荷物検査を受けなければならなかった。拡大
今回、ミシュランのマスコットキャラクターであるビバンダムは、ご覧のような“絵"だけの出演だった。
今回、ミシュランのマスコットキャラクターであるビバンダムは、ご覧のような“絵"だけの出演だった。拡大

未来のモビリティーを模索する“グローバルサミット”

宿泊しているホテルからバスで揺られること30分。Movin’On 2018の会場である運河沿いのアートギャラリーを見た記者の第一印象は、「ライブ会場みたいだな」というものだった。「環境系のイベント」と聞いて想像するような、義務感と正義感に満ちた排他的な雰囲気はない。参加者は皆笑顔というか、ちょっと大げさに言うと、ワクワクした面持ちで荷物検査の列に並んでいた。

Movin’Onとは、環境や未来のモビリティーを題材にした複合イベント、事前資料にあった言葉を借りると“グローバルサミット”である。会場となったのは、開催初年度の2017年と同じく、カナダのモントリオールだ。C40(世界大都市気候先導グループ)に加盟する、環境に関する取り組みに積極的な都市のひとつで……などと説明するより、Clubpymeの読者におかれては「ジル・ビルヌーブ・サーキットがある都市」と言った方が通じやすいかもしれない。

各所に書かれた「MOVIN’ON par Michelin」という文字からも分かるとおり、主催はフランスのタイヤメーカー、ミシュランである。そもそもMovin’Onは、1998年から行われてきた「チャレンジ・ビバンダム」の後継として位置づけられているイベントなのだ。

ただ、ミシュランのイベントであれば必ずいるはずの彼……“ミシュランマン”こと、ビバンダム氏の姿が見当たらない。また、会場のそこここにミシュランの青や黄色ののぼりが立てられているわけでもない。

あなたにおすすめの記事
新着記事