スズキ、新型「ジムニー/ジムニーシエラ」の情報を先行公開

2018.06.18 自動車ニュース
「スズキ・ジムニーXL」
「スズキ・ジムニーXL」拡大

スズキは2018年6月18日、新型「ジムニー/ジムニーシエラ」の一部の情報を先行公開した。正式な発表は同年7月を予定している。

「ジムニーシエラJC」
「ジムニーシエラJC」拡大
新型「ジムニー/ジムニーシエラ」のラダーフレーム。
新型「ジムニー/ジムニーシエラ」のラダーフレーム。拡大
「ジムニーXC」のインストゥルメントパネルまわり。
「ジムニーXC」のインストゥルメントパネルまわり。拡大
「ジムニーXC」のシート。
「ジムニーXC」のシート。拡大
ボディーカラーに「キネティックイエロー ブラックトップ2トーン」を採用した「ジムニーXC」。
ボディーカラーに「キネティックイエロー ブラックトップ2トーン」を採用した「ジムニーXC」。拡大
「ジムニーシエラJL」
「ジムニーシエラJL」拡大

タフな走破性能を支える伝統のメカニズムを継承

ジムニーシリーズは4WD機構を持つ軽規格初の本格クロスカントリー車として1970年に誕生。1977年にはジムニーシエラの祖先ともいえる登録車バージョンもデビューしている。今回、およそ20年ぶりのフルモデルチェンジによって登場する新型は、ジムニーが4代目、ジムニーシエラも他の車名だった時代を含めると4代目のモデルにあたる。

メカニズムについては基本的に従来モデルのものを踏襲。シャシーはラダーフレームに3リンクリジッドサスペンションの組み合わせで、縦置きのFRレイアウトでエンジンを搭載。駆動システムは副変速機付きパートタイム4WDを採用している。また、ジムニーシリーズとして初となる運転支援システム「デュアルセンサーブレーキサポート」が搭載される。

エクステリアデザインは、先祖返りしたかのようなクロスカントリー車らしいスクエアなフォルムと武骨なディテールが特徴で、フタをかぶせたようなボンネットや5スロットのグリルなど、各所にスズキの歴代SUVに通じる特徴がちりばめられている。

一方、インテリアも道具感を感じさせるデザインとなっており、速度計とエンジン回転計を独立させたメーターまわりや、インストゥルメントパネルの最上段に据えられたインフォテインメントシステムのモニター、助手席側のダッシュボードに備えられた手すりなどが特徴となっている。また、先代の途中で押しボタン式に変更された駆動システムおよび副変速機の切り替え機構はレバー式に戻されている。

グレード構成はジムニーが「XG」「XL」「XC」の3種類、ジムニーシエラが「JL」「JC」の2種類。ボディーカラーは両モデル合わせて全9色で、このうちの3色にはルーフを黒で塗り分けた「ブラック2トーンルーフ」も設定。さらに「キネティックイエロー」のジムニーXCでは、ボンネットもブラックとした「ブラックトップ2トーン」も用意している。

(Clubpyme)

関連キーワード:
ジムニー, ジムニーシエラ, スズキ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ジムニーXC(4WD/5MT)【試乗記】 2018.10.30 試乗記 20年ぶりのモデルチェンジによって登場したJB64型「スズキ・ジムニー」。ファンの「このままでいい」「変えないでほしい」という要望を受けて開発された新型は、すっかり洗練されながらも、その本質は荒野が似合う頑固なオフローダーのままだった。
  • スズキ・ジムニーXC(4WD/4AT)【試乗記】 2018.10.12 試乗記 20年ぶりのフルモデルチェンジでデビューするや、たちまち入手困難となっている新型「ジムニー」。かくも絶大な支持を集める理由はどこにあるのか? その長所、そして短所を、ATの最上級グレードに試乗して確かめた。
  • スズキ・ジムニーシエラ(4WD/4AT)【試乗記】 2018.10.4 試乗記 2018年7月の登場以来、各方面で好評を博す新型「スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ」。しかしいざ買うとなると、何を基準に、どんな仕様を選べばいいのか? すっかり新型が気に入ったというサトータケシが、ジムニーシエラの試乗を通して持論を開陳した。
  • ホンダ・スーパーカブC125(MR/4MT)【レビュー】 2018.12.10 試乗記 これまで1億台が生産された“小さな巨人”「ホンダ・スーパーカブ」。その誕生60周年の節目にデビューした「スーパーカブC125」とはどんなオートバイなのか? ホンダのこだわりがつまった小排気量車の魅力に触れた。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2018.12.7 試乗記 デビュー以来初めて仕様が変更された、ホンダの“ハイブリッドスーパースポーツ”「NSX」。ワインディングロードで乗った最新型は、特別な高性能バージョンとして売り出してもいいと思えるほどに変貌を遂げていた。
ホームへ戻る