第26回:フェルッチョ・ランボルギーニ
一代でスーパーカーメーカーを築いた情熱の男

2018.06.21 自動車ヒストリー 希代の企業家の情熱が生んだスーパーカーメーカー、ランボルギーニ。“戦後生まれ”の新興メーカーは、いかにしてフェラーリと双璧をなす存在となったのか? 創業者フェルッチョ・ランボルギーニのエピソードとともに、その歴史を紹介する。

機械いじりばかりしていた少年時代

1970年代中盤、日本にスーパーカーブームが吹き荒れた。エキゾチックなスタイルと目覚ましいスピードを持つマシンに、子供たちが夢中になったのだ。火付け役となったのは、マンガの『サーキットの狼』である。「ロータス・ヨーロッパ」に乗る主人公の風吹裕矢が、「ポルシェ911カレラRS」 や「フェラーリ365GT4BB」などと公道バトルを繰り広げるストーリーだ。マンガで世界のモンスターマシンを知った子供たちが実車に興味を持つのは自然の流れである。各地でスーパーカーショーが開かれるようになり、大勢の観客を集めた。

ショーでダントツの人気を誇ったのは、1974年に発売された「ランボルギーニ・カウンタック」である。V12エンジンをミドに搭載する高性能スポーツカーで、ウエッジシェイプのゴツゴツしたデザインが他のモデルとはまったく違うオーラを放っていた。しかも跳ね上げ式ドアというわかりやすい特徴を備えていて、子供たちを熱狂させたのである。

ランボルギーニは、フェラーリと並ぶ世界トップのスポーツカーブランドと目されていた。創業は1963年で、歴史は浅い。フェルッチョ・ランボルギーニが一代で作り上げた自動車会社である。しかし、日本がスーパーカーブームに沸いていた頃、彼はもう自動車の製造には関わっていない。イタリア中部のパニカロール村にあるフィオリータ農園に移り住み、田舎暮らしを始めていた。

フェルッチョの出自は、もともと農家にある。1916年、彼はイタリア北部エミリア・ロマーニャ州の町チェントに生まれた。少年時代のフェルッチョは農作業の手伝いを好まず、家畜小屋の片隅で機械いじりばかりしていた。ミシンや自転車の修理などはお手のもので、小学校を卒業すると鍛冶屋に弟子入りする。その後ボローニャに出て自動車整備工場に就職。知識と技能を身につけてチェントに戻り、自ら修理工場を開く。商売のかたわら、オートバイをチューンしてレースに明け暮れた。

第2次世界大戦が始まると、フェルッチョは徴兵される。ギリシャのロードス島で自動車部隊に配属された彼は、そこでも自動車の知識を蓄えていった。トラックの整備を任されたことで、ディーゼルエンジンの扱いにも習熟していったのだ。

1974年に登場した「ランボルギーニ・カウンタック」。最高速300km/hを豪語する高性能はもちろん、マルチェロ・ガンディーニが手がけた斬新なデザインも注目を集めた。写真は初期モデルの「LP400」。
1974年に登場した「ランボルギーニ・カウンタック」。最高速300km/hを豪語する高性能はもちろん、マルチェロ・ガンディーニが手がけた斬新なデザインも注目を集めた。写真は初期モデルの「LP400」。拡大
「カウンタックLP400」のインテリア。カウンタックには25年のモデルライフの間に何度となく改良が加えられ、内外装の意匠も変更されていった。
「カウンタックLP400」のインテリア。カウンタックには25年のモデルライフの間に何度となく改良が加えられ、内外装の意匠も変更されていった。拡大
最終モデルの「25アニバーサリー」。デビュー当初4リッターだったV12エンジンの排気量は5.2リッターまで拡大され、最高出力も80ps高い455psに引き上げられていた。
最終モデルの「25アニバーサリー」。デビュー当初4リッターだったV12エンジンの排気量は5.2リッターまで拡大され、最高出力も80ps高い455psに引き上げられていた。拡大
スーパーカーメーカー、ランボルギーニを築いた実業家のフェルッチョ・ランボルギーニ(1916-1993)。オイルショックの影響もあって1974年に自動車ビジネスから手を引き、その後は農場経営などを手がけた。
スーパーカーメーカー、ランボルギーニを築いた実業家のフェルッチョ・ランボルギーニ(1916-1993)。オイルショックの影響もあって1974年に自動車ビジネスから手を引き、その後は農場経営などを手がけた。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事