往年の人気色をまとう「フィアット500」限定発売

2018.06.19 自動車ニュース
「フィアット500アニベルサリオ」(写真のボディーカラーは「オレンジ」)
「フィアット500アニベルサリオ」(写真のボディーカラーは「オレンジ」)拡大

FCAジャパンは2018年6月16日、「フィアット500」の限定車「Anniversario(アニベルサリオ)」を、台数400台の限定で発売した。

「オレンジ」のボディーカラーのモデルは、インテリアにもオレンジ色があしらわれる。
「オレンジ」のボディーカラーのモデルは、インテリアにもオレンジ色があしらわれる。拡大
こちらは、ボディーカラーが「グリーンティーリーフ」のモデルのインテリア。
こちらは、ボディーカラーが「グリーンティーリーフ」のモデルのインテリア。拡大
「500アニベルサリオ」(ボディーカラーは「グリーンティーリーフ」)
「500アニベルサリオ」(ボディーカラーは「グリーンティーリーフ」)拡大

今回のアニベルサリオは、フィアット500の誕生60周年を記念した限定車。充実した装備を特徴とする「1.2ラウンジ」がベースで、1950年代の人気色を現代風にアレンジした2種類の専用ボディーカラー、「グリーンティーリーフ」(限定100台)と「オレンジ」(同300台)が採用されている。

エクステリアはさらに、クロームエンジンフードラインやFIATビンテージロゴ、16インチビンテージスタイルアルミホイールなどでドレスアップ。インテリアについては、レトロな雰囲気を表現した専用デザインのファブリックシートや専用インストゥルメントパネル、「Anniversario」ロゴ入りフロアマットなどが装着される。

価格は236万5200円。

(Clubpyme)

関連キーワード:
500, フィアット, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る