フェラーリ812スーパーファスト(後編)

2018.06.21 谷口信輝の新車試乗 「フェラーリ812スーパーファスト」の走りは、プロのレーシングドライバーである谷口信輝の目にどう映ったのか? 意外とも思えるその評価を、箱根のワインディングロードからお伝えする。

オトナのムードがただよっている

フェラーリのフラッグシップモデル、812スーパーファストをいつものように箱根のワインディングロードで試乗した谷口信輝。運転席から降り立つと、その伸びやかなデザインのボディーをしげしげと眺め始めた。

「外観は、フェラーリの割にはちょっとオトナな感じがしますね」 

フロントにV12エンジンを積んだ812スーパーファストは、スーパースポーツカーであると同時にグランドツアラー的な要素も備えている。しかも、フラッグシップなのだから威厳があって当然。そうした部分を指して谷口は「オトナ」と評したのだろうが、前作の「F12ベルリネッタ」に比べると、細部の処理を見直した影響でよりダイナミックな印象を与えるようになった。その説明に、谷口は次のように応えた。

「ああ、たしかにそうかもしれませんね。いずれにしても、一目でフェラーリとわかることだけは間違いありません。ところで、せっかくだからちょっとボンネットを開けてみませんか?」

スタッフが812スーパーファストの長いボンネットを開くと、その下からヘッドに赤い結晶塗装を施したV12エンジンが現れた。しかし、その位置はノーズの先端側から見るとはるか後方で、キャビンにめり込むようにして搭載されていることがわかる。

「エンジンは結構、遠いですね。なるほど、ノーズが長いのは、実はここのせいなんですね」 

 
フェラーリ812スーパーファスト(後編)の画像拡大
 
フェラーリ812スーパーファスト(後編)の画像拡大
 
フェラーリ812スーパーファスト(後編)の画像拡大
 
フェラーリ812スーパーファスト(後編)の画像拡大

フェラーリ812スーパーファスト
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4657×1971×1276mm/ホイールベース:2720mm/車重:1630kg(空車重量)/1525kg(乾燥重量)/駆動方式:FR/エンジン:6.5リッターV12 DOHC 48バルブ/トランスミッション:7段AT/最高出力:800ps(588kW)/8500rpm/最大トルク:718Nm(73.2kgm)/7000rpm/タイヤ:(前)275/35R20/(後)315/35R20(ピレリPゼロ)/価格:4000万円


	フェラーリ812スーパーファスト
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4657×1971×1276mm/ホイールベース:2720mm/車重:1630kg(空車重量)/1525kg(乾燥重量)/駆動方式:FR/エンジン:6.5リッターV12 DOHC 48バルブ/トランスミッション:7段AT/最高出力:800ps(588kW)/8500rpm/最大トルク:718Nm(73.2kgm)/7000rpm/タイヤ:(前)275/35R20/(後)315/35R20(ピレリPゼロ)/価格:4000万円
	拡大

関連キーワード:
812スーパーファスト, フェラーリ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【試乗記】 2018.10.31 試乗記 フェラーリのフラッグシップモデル「812スーパーファスト」は、その車名からも分かるように最高出力800psとなる伝統のV12エンジンをフロントミドに搭載している。限界特性を知るにはサーキットで走らせるしかないが、主に今回は日常使いについてリポートする。
  • マツダ・ロードスターRF VS(FR/6MT)【試乗記】 2018.11.2 試乗記 パワートレインの出力向上や運転支援システムの強化など、大幅な改良を受けた「マツダ・ロードスターRF」。雨雲の下でのドライブを通し、ハードトップを備えた“快適仕様”なロードスターの意義について考えた。
  • メルセデス・ベンツA220 4MATICセダン(4WD/7AT)【海外試乗記】 2018.10.20 試乗記 とどまるところを知らぬメルセデスの新型車攻勢。新型「Aクラス」にも、「ハッチバック」に続いて早くも「セダン」が設定された。ややもすれば「Cクラス」をも食いかねない、ニューフェイスの出来栄えやいかに!? アメリカ・シアトルからの第一報。
  • BMW 640i xDriveグランツーリスモMスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.11.8 試乗記 「BMW 6シリーズ グランツーリスモ」に試乗。5mを優に超えるビッグサイズのボディーにハッチゲートを備えた、BMWのモデルラインナップにおいて“変化球”ともいえるポジションのクルマに、果たして「駆けぬける歓び」はあるのだろうか。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2018.11.6 試乗記 FF市販車ニュル最速の座を奪還すべく、新たなエンジンやデュアルクラッチ式AT、4輪操舵システムなどを手にした新型「ルノー・メガーヌ ルノースポール」。富士山麓のワインディングロードで、その進化のほどを探った。
ホームへ戻る