第508回:ウエットグリップ性能が長持ち!
雨に強い新タイヤ「ミシュラン・プライマシー4」を試す

2018.06.22 エディターから一言
散水路を走行する、「ミシュラン・プライマシー4」を装着した「トヨタ・クラウン」。
散水路を走行する、「ミシュラン・プライマシー4」を装着した「トヨタ・クラウン」。拡大

ミシュランのプレミアムコンフォートタイヤ「プライマシー」シリーズが第4世代に進化。「摩耗しても高いウエットグリップ性能を発揮する」といううたい文句は本当か? 散水路を含む特設コースで、新製品「ミシュラン・プライマシー4」の実力を試した。

2018年6月18日に日本導入が発表された「ミシュラン・プライマシー4」。欧州でも同年2月に発売されたばかりのプレミアムコンフォートタイヤである。
2018年6月18日に日本導入が発表された「ミシュラン・プライマシー4」。欧州でも同年2月に発売されたばかりのプレミアムコンフォートタイヤである。拡大
東京・新宿にて行われた発表会において、撮影に応じる日本ミシュランタイヤのポール・ペリニオ社長(右)と、“ミシュラン最古の従業員”ことビバンダム氏(左)。
東京・新宿にて行われた発表会において、撮影に応じる日本ミシュランタイヤのポール・ペリニオ社長(右)と、“ミシュラン最古の従業員”ことビバンダム氏(左)。拡大
発表会場に展示されていた「プライマシー」シリーズの歴代製品。左奥から、第1世代の「パイロットプライマシー」、第2世代の「プライマシーHP」と「プライマシーLC」、第3世代の「プライマシー3」。
発表会場に展示されていた「プライマシー」シリーズの歴代製品。左奥から、第1世代の「パイロットプライマシー」、第2世代の「プライマシーHP」と「プライマシーLC」、第3世代の「プライマシー3」。拡大

同じような見た目でも性能は全然違う

「タイヤなんて、サイズが合って溝さえあれば何だってOKでしょ?」……と、半ばそんな考え方から、摩耗が進んでいざ交換という際に“安さオンリー”で商品を選択するユーザーが少なからず存在するという。

とはいえ、少なくともこのサイトを目にする人にぜひもう一度認識してほしいのは、「唯一路面と接触する部品」であるタイヤとは、“車体を支える”という機能を筆頭に、“走り・曲がり・止まる”という運動性能や、静粛性、乗り心地といった快適性など、他に類を見ない多くの、しかも重要な役割を担っているということだ。

当然それは安全にも直結しているし、日々のカーライフをゆううつにも、あるいは楽しくもしてくれるアイテムといって過言ではない。極端に言えば、それひとつでクルマのキャラクターさえも一変させてしまうのが、1本当たりわずかハガキ1枚ほど――すなわち4本すべてでもA4サイズのコピー紙1枚ほどの面積だけで路面と接している、タイヤという代物なのである。

そんなタイヤは、乱暴に説明すれば、ゴムを中心とした練り物を成形した後、金型に入れて加熱・加圧することで化学反応させた工業製品である。となれば、その“練り物”自体にどのような物質を混ぜ込むかや、どんな温度や圧力で、どの位の時間化学反応させるか等々、そこで生かされるアイデアやノウハウはまさに無限大。それこそがタイヤメーカーの技術の見せ所である。

一見、皆同じように思える黒くて丸いタイヤというのは、1種類ごとにすべて固有のキャラクターを備えている。今回紹介する「ミシュラン・プライマシー4」の試走でも、そうしたタイヤという工業製品の特色を感じずにはいられなかった。

あなたにおすすめの記事
新着記事