第559回:かつては“夢の職業”だった時代も
イタリア版ガソリンスタンド盛衰記

2018.06.22 マッキナ あらモーダ!

給油所が激減

日本と同様、イタリアでも減少しているものといえば、出生数ともうひとつ、ずばりガソリンスタンドである。ボクが住む街シエナでも、ここ十数年で覚えているだけでも11軒のガソリンスタンドが廃業した。

イタリア商業連盟によると、2011年に国内で約2万1100軒あった給油所は、2016年には1万7600軒にまで減っている。たった5年間で3400軒、率にして17%も減少したことになる。

同連盟は理由も分析している。ひとつは石油需要の減少だ。背景にあるのは、数年前まで続いていた石油価格の高騰と、イタリア経済の低迷である。

そうした中、大手石油会社もイタリアでの戦略を変えざるを得なかった。ロイヤルダッチ・シェルのイタリア法人は2014年、国内全830スタンドを「Q8」のブランドネームで展開しているクウェート石油に譲渡することを決めた。

2017年3月になると、今度はエッソを展開するエクソン・モービルが、国内2500拠点の半数を他社に売却する計画であると報道された。

同年11月には、フランス-イタリアの合弁であるトタル-エルグが、イタリア国内全2600のスタンドをイタリアのアピに譲渡することを決めた。

ガソリンスタンドに対する政策の変化も、淘汰(とうた)に追い打ちをかけた。ひとつは2015年に改定された、給油所の安全に関する規則だ。それによって、歩道脇にポンプのみがあって、脇に店主の小屋がある、といった超小規模スタンドの営業が不可能になった。

加えて、欧州連合(EU)は域内の市場競争を促すため、24時間・無人営業のセルフサービス式スタンド普及に力を入れるようになった。

その傍らで、スタンドの経営者に課される税金は増え続けるばかりだった。そうした中、行き詰まったスタンドがイタリア各地で廃業を余儀なくされたのだ。

フランス各地の自動車イベントで、昔懐かしいガソリンスタンドの風景を再現しているおじさん。かつて給油所は、人々の憩いと触れ合いの場であった。
フランス各地の自動車イベントで、昔懐かしいガソリンスタンドの風景を再現しているおじさん。かつて給油所は、人々の憩いと触れ合いの場であった。拡大
つい先日まで営業していたシエナにある旧エッソのスタンド跡。早くも雑草がポンプの周辺に生え始めている。2018年6月撮影。
つい先日まで営業していたシエナにある旧エッソのスタンド跡。早くも雑草がポンプの周辺に生え始めている。2018年6月撮影。拡大
同じく旧エッソのスタンド跡。にぎわっていた洗車コーナーの事務所も、気がつけば廃屋に。2018年6月撮影。
同じく旧エッソのスタンド跡。にぎわっていた洗車コーナーの事務所も、気がつけば廃屋に。2018年6月撮影。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。、(ともに二玄社)、、(ともに光人社)、(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事