第509回:“二輪シロート”による三輪バイク体験記
「カンナム・スパイダー」のオーナーズミーティングに参加して

2018.06.23 エディターから一言
 
第509回:“二輪シロート”による三輪バイク体験記「カンナム・スパイダー」のオーナーズミーティングに参加しての画像拡大

転ぶ、重い、大変……。大型オートバイを楽しむにあたって障壁となるそんな悩みを解決してくれるのが、前2輪、後ろ1輪の三輪オートバイ「カンナム・スパイダー」だ。原付きバイクに数回乗ったことがあるだけという“二輪シロート”記者は、果たして風を感じることができたのか!?

2018年の公式オーナーズミーティングに集まった「カンナム・スパイダー」は全75台。
2018年の公式オーナーズミーティングに集まった「カンナム・スパイダー」は全75台。拡大
こちらはスポーティーな性格の「スパイダーF3」。
こちらはスポーティーな性格の「スパイダーF3」。拡大
高い風防を備えるなどグランドツアラー的な性格の「スパイダーRT」。
高い風防を備えるなどグランドツアラー的な性格の「スパイダーRT」。拡大

原点はタイヤを付けたスノーモービル

カナダ生まれのユニークな3ホイーラー、カンナム・スパイダーの公式オーナーズミーティングが東京・お台場にて6月16日から17日にかけて行われた。全国から初日が63台、翌日が75台のスパイダー、そしてオーナーとファンが参加したのだが、天気予報が芳しくなかったこともあり、例年に比べると参加台数は少なめだったようだ。会場内では、ユーザー同士の交流に加え、新型車のお披露目やライブなども実施された。さらに、初日は東京・青山を、2日目は横浜を目的地としたプチツーリングも行われた。

まずは主役であるカンナム・スパイダーについて簡単に紹介したい。スパイダーは、BRPのバイク部門であるCan-Am(カンナム)が送り出したフロント2輪、後輪1輪の三輪バイク(トライク)だ。全車にロータックス製1330㏄の直列3気筒エンジンを搭載し、トランスミッションはバックギア付きの6段AMTのみ。バイクのようにスポーツ性を高めた「F3」とグランドツアラー的キャラクターの「RT」の2モデルを展開している。

その成り立ちも実にユニークだ。BRPは航空機まで製造する大企業、ボンバルディアグループの一員であり(エンジンを手がけるロータックスも同様)、原点は既に75年の歴史を持つスノーモービルにある。そのスノーモービルを開発するにあたり、冬季以外はタイヤを付けてテストを行っていたのだが、乗り味が思いのほか楽しかったことからスパイダーが製品化されたのだという。そういう意味では、オンロードを走るスノーモービル的な乗り物でもあるのだ。

あなたにおすすめの記事
新着記事