第510回:ドイツ発のタイヤメーカー
コンチネンタルの将来戦略を読み解く

2018.06.24 エディターから一言
コンチネンタルの将来戦略を語る、タイヤ部門プレジデントのニコライ・ゼッツァー氏。
コンチネンタルの将来戦略を語る、タイヤ部門プレジデントのニコライ・ゼッツァー氏。拡大

創業は1871年と、タイヤメーカーの中でも特に長い歴史を持ち、またタイヤ以外の自動車部品サプライヤーとしても大きな存在感を示すドイツのコンチネンタル。これからの世界戦略について、タイヤ部門の責任者に聞いた。

日本での知名度はいまひとつだが、欧州ではメジャーなタイヤメーカーとして知られており、数多くのモデルに新車装着されている。写真は現行型「フォルクスワーゲン・ポロ」の日本導入発表会にて、展示車両に装着されていた「コンチネンタル・ウルトラコンタクトUC6」。
日本での知名度はいまひとつだが、欧州ではメジャーなタイヤメーカーとして知られており、数多くのモデルに新車装着されている。写真は現行型「フォルクスワーゲン・ポロ」の日本導入発表会にて、展示車両に装着されていた「コンチネンタル・ウルトラコンタクトUC6」。拡大
コンチネンタルのタイヤはドイツ以外のメーカーでも広く採用されており、日本では「NSX」「シビック タイプR」といったホンダのスポーツモデルや、「スイフト」や「エスクード」などのスズキのグローバルモデルに装着されている。
コンチネンタルのタイヤはドイツ以外のメーカーでも広く採用されており、日本では「NSX」「シビック タイプR」といったホンダのスポーツモデルや、「スイフト」や「エスクード」などのスズキのグローバルモデルに装着されている。拡大
タイヤ以外の自動車部品サプライヤーとしても高い存在感を示すコンチネンタル。運転支援システム用のセンサーをはじめ、日本車の中にも同社製品を搭載しているクルマは少なくない。
タイヤ以外の自動車部品サプライヤーとしても高い存在感を示すコンチネンタル。運転支援システム用のセンサーをはじめ、日本車の中にも同社製品を搭載しているクルマは少なくない。拡大

他のメーカーにはないアドバンテージ

日本車ユーザーにとってはまだなじみが薄いかもしれないが、ヨーロッパ車ユーザーにとっては、とても身近な存在がコンチネンタルだ。実際、「あっ、ウチのクルマにも付いている!」という人は多いはず。というのも、ヨーロッパメーカーの新車のうち、3割強にコンチネンタルのタイヤが装着されているからだ。

最近では、「ホンダ・シビック タイプR」や「ホンダNSX」「スズキ・スイフトスポーツ」といった話題の日本車にも新車装着され、じわじわと知名度が高まっているコンチネンタルなのだが、タイヤブランドとしての顔はその一面にすぎない。同社の売り上げに占めるタイヤの割合は26%。これに対し、自動車部品の比率は約6割で、実はロバート・ボッシュに次ぐ、世界第2位の自動車部品サプライヤーなのである。

だから、コンチネンタルのタイヤが付いていなくても、知らないところにコンチネンタルの品が付いていることが多い。ブレーキやABS、スタビリティーコントロールといった部品はその一例。最近では、自動ブレーキやレーンキープアシストといったドライバーアシスタンスシステムに欠かせないステレオカメラなども供給している。

自動車部品だけ、あるいはタイヤだけを供給するメーカーがほとんどなのに対し、コンチネンタルはその両方を高いシェアで提供するのも強みのひとつ。いまやほとんどのクルマにABSやスタビリティーコントロールが装着されていることから、その機能を十二分に生かすことのできるタイヤを開発するなんていうこともできるわけだ。

あなたにおすすめの記事
新着記事