第512回:トップを目指す若手プレーヤーたちが競う
男子テニスの国際大会「ポルシェ軽井沢フューチャーズ」とは?

2018.06.27 エディターから一言
クラブハウスの入り口には「ポルシェ・マカン」が展示され、観光客の注目を集めていた。
クラブハウスの入り口には「ポルシェ・マカン」が展示され、観光客の注目を集めていた。拡大

ポルシェ ジャパンから軽井沢にテニスの試合を見に来ないかとお誘いをいただいた。世界男子テニスツアーの上位トーナメントを目指す若手選手が出場する大会「軽井沢フューチャーズ2018」だ。これはポルシェが取り組んでいる若手スポーツ選手をサポートする活動の一環で、2016年より協賛しているのだ。

試合会場は、天皇皇后両陛下の出会いの場として知られる軽井沢会テニスコート。
試合会場は、天皇皇后両陛下の出会いの場として知られる軽井沢会テニスコート。拡大
軽井沢会テニスコートには「PORSCHE」の横断幕が。
軽井沢会テニスコートには「PORSCHE」の横断幕が。拡大
東京から軽井沢までは「ポルシェ・マカンGTS」で往復した。
東京から軽井沢までは「ポルシェ・マカンGTS」で往復した。拡大

優勝賞品は「ポルシェ・マカン」?

「この大会って、優勝するとポルシェがもらえるんですか?」

観光人力車に乗った上品な奥さまがストレートな質問を投げかける。ここは、旧軽井沢銀座通りと呼ばれるメインストリートからほど近い場所にあるテニスコート。若き日の天皇陛下と美智子妃が出会ったことでも知られている場所だ。ポルシェのエンブレムを掲げた横断幕がかかり、入り口には「ポルシェ・マカン」が展示されている。奥さまがそれを賞品だと考えたのはもっともなことだ。

残念ながら、優勝してもマカンはもらえない。このテニス大会はエントリーレベルで、参加するのは武者修行中の若手たち。上を目指して世界中を駆けめぐっているから、クルマに乗っている暇はない。今は高級車をもらうより、賞金を獲得して遠征費用の足しにしたいのだ。活躍してトップ選手になれば、何台でもポルシェを買えるようになる。

6月9日、10日の2日間にわたって開催されたテニス大会は、軽井沢フューチャーズ。2005年に始まり、2016年からポルシェのスポンサードを受けるようになって正式名称が「ポルシェ軽井沢フューチャーズ」に。それまで賞金総額が1万ドルだったのが2万5000ドルになり、選手にとっての魅力が上がった。単に賞金がアップしただけでなく、獲得できるポイントが増えたことが大きい。

ウィンブルドン、全米、全仏、全豪のグランドスラムを頂点として、テニス大会にはランク付けがある。グランドスラムの次にランキング8位以上の選手だけが出場できるATPファイナルズがあり、マスターズ1000、500、250と続く。ここまでがツアー公式戦で、若手はその下のチャレンジャーやフューチャーズに参加してポイントを稼いでいく必要がある。

あなたにおすすめの記事
新着記事