スズキ・スイフトスポーツ(後編)

2018.07.05 谷口信輝の新車試乗 最新型「スズキ・スイフトスポーツ」の走りを、レーシングドライバーの谷口信輝は大絶賛。では、ドライビングポジションやデザインについてはどんな印象を抱いたのか? 率直な感想を聞いてみた。

大柄なひとでも大丈夫

スイフトスポーツの走りを絶賛した谷口信輝。しかし、身長180cmを軽々と超える彼にとって、全長3.9mを切る“スイスポ”はいささか小さすぎるのではないか? あらためて運転席に腰掛けてもらおう。

「なにも窮屈じゃありません」
なるほど、ドライビングポジションをとった谷口の姿勢はいかにもゆったりとしていて、無理がない。脚の長い谷口は、ものによってはステアリングホイールと太ももの位置関係に余裕のないことがあるが、スイスポはこの点でも十分なスペースが確保されているように思える。

「足まわりも全然大丈夫。それと、このクルマはシートのスライド量がすごいですよね。僕がポジションをあわせた状態でも、まだ後ろに下げられる」

ヘッドルームはどうか?
「全然ラクチンです。僕より背が高い人は決して多くないだろうから、前席のスペースは全然心配要らないと思いますよ。まあ、あえて言えば、側頭部の右側の部分は、あまり余裕がありませんが……」 

なるほど、谷口の頭上にあたる天井部分は高くて広々としているが、そこからドアと接する部分にかけては天井がぐっと低くなっていて、側頭部との余裕はあまりない。もっとも、この部分はサイドシルと同じで、ぎゅっと絞り込めば絞り込んだ分だけボディー剛性が向上する。心理的圧迫感とボディー剛性とのバランスが重要になるところではある。

「まあ、見た目は多少窮屈そうかもしれませんが、運転していたらほとんど気にならないですよ」

 
スズキ・スイフトスポーツ(後編)の画像拡大
 
スズキ・スイフトスポーツ(後編)の画像拡大
 
スズキ・スイフトスポーツ(後編)の画像拡大
 
スズキ・スイフトスポーツ(後編)の画像拡大

スズキ・スイフトスポーツ
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3890×1735×1500mm/ホイールベース:2450mm/車重:970kg/駆動方式:FF/エンジン:1.4リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:6段MT/最高出力:140ps(103kW)/5500rpm/最大トルク:230Nm(23.4kgm)/2500-3500rpm/タイヤ:(前)195/45R17 81W/(後)195/45R17 81W(コンチネンタル・コンチスポーツコンタクト5)/価格:183万6000円


	スズキ・スイフトスポーツ
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3890×1735×1500mm/ホイールベース:2450mm/車重:970kg/駆動方式:FF/エンジン:1.4リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:6段MT/最高出力:140ps(103kW)/5500rpm/最大トルク:230Nm(23.4kgm)/2500-3500rpm/タイヤ:(前)195/45R17 81W/(後)195/45R17 81W(コンチネンタル・コンチスポーツコンタクト5)/価格:183万6000円
	拡大

関連キーワード:
スイフトスポーツ, スズキ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)/スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.6 試乗記 スズキのコンパクトスポーツモデル「スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、パワフルでトルキーな1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新型の走りやいかに? その実力をリポートする。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.8 試乗記 “FF最速”の称号を賭け、日独のライバルとしのぎを削るフランスの高性能ホットハッチ「ルノー・メガーヌ ルノースポール」。その新型がいよいよ日本に導入された。よりマニア度を増した足まわりと、新開発の直噴ターボエンジンが織り成す走りを報告する。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)【試乗記】 2017.11.8 試乗記 日本を代表するコンパクトスポーツ「スズキ・スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。動力性能も操縦性も乗り心地も、全方位的に進化を遂げた新型だが、2日間にわたる試乗体験ではいまひとつ留飲が下がらなかった。その理由とは?
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール【動画試乗記】 2013.3.1 試乗記 ルノー・メガーヌ ルノースポール(注文生産オプション 19インチホイール)(FF/6MT)
    ……422万円

    最高峰レースの舞台として知られる鈴鹿サーキットを、ルノーのハイパフォーマンスクーペ「メガーヌR.S.」でタイムアタック。果たして、その結果は……? 動画で報告する。

    には、今回のタイムアタックの様子を荒 聖治氏が自ら記したインプレッションが掲載されています。併せてご覧ください。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.12.12 試乗記 新たにトルコン式の6段ATが搭載された、2ペダル仕様の「スズキ・スイフトスポーツ」。“元気モリモリ”のコンパクトスポーツをイージードライブで走らせるというのはアリなのか? 雨の中のドライブを経てたどり着いた結論を報告する。
ホームへ戻る