第513回:日本にクラシックカー文化を根付かせるか?
「ヤナセクラシックカーセンター」が秘めた可能性

2018.06.30 エディターから一言
ヤナセが保有する1951年式「メルセデス・ベンツ170S カブリオレB(W136)」。
ヤナセが保有する1951年式「メルセデス・ベンツ170S カブリオレB(W136)」。拡大

長年にわたり輸入車ビジネスを手がけてきたヤナセが、ついにクラシックカー事業をスタート。メーカー、ユーザーともに信頼を寄せる巨人の挑戦は、日本にクラシックカー文化が根付くきっかけになるか? 開所式の様子から、彼らのポテンシャルを探った。

クラシックカーのレストア事業を担うヤナセクラシックカーセンターは、関東地区のアフターサービス事業の拠点である、神奈川のヤナセ横浜ニューデポー内に開設された。
クラシックカーのレストア事業を担うヤナセクラシックカーセンターは、関東地区のアフターサービス事業の拠点である、神奈川のヤナセ横浜ニューデポー内に開設された。拡大
クラシックカーセンターの前に並べられたレストア車両。同所では“オールドタイマー”と呼ばれるクラシックカーはもちろん、ここ20~30年で生産された“ヤングタイマー”と呼ばれる世代の車両についても、レストアを行っている。
クラシックカーセンターの前に並べられたレストア車両。同所では“オールドタイマー”と呼ばれるクラシックカーはもちろん、ここ20~30年で生産された“ヤングタイマー”と呼ばれる世代の車両についても、レストアを行っている。拡大
吉田 茂元首相も愛用したという1963年式「メルセデス・ベンツ300SEラング(W112)」。現在はエアサスペンションの修理などで入庫しているという。
吉田 茂元首相も愛用したという1963年式「メルセデス・ベンツ300SEラング(W112)」。現在はエアサスペンションの修理などで入庫しているという。拡大
開所式に参加した、ヤナセの関係者と報道関係者。
開所式に参加した、ヤナセの関係者と報道関係者。拡大

対象車種は“ヤナセ取り扱い”に限らない

いつもは整備を待つクルマが整然と、しかし殺風景に並んでいる場所に、今日は着飾ったように磨き上げられたクルマが展示されている。その顔ぶれは1951年式の「メルセデス・ベンツ170S(W136)」を筆頭とするクラシックカーだ。ガレージの奥には祝いの花。梅雨の合間の、夏のように強い日差しの2018年6月22日、ヤナセは「ヤナセクラシックカーセンター」の開所式を実施した。

私たちは、同センターが開設されたヤナセ横浜ニューデポーを訪れた。第三京浜道路・港北インターの最寄りに位置する横浜ニューデポーは、関東地区のヤナセのアフターサービスの中核拠点であり、すぐ隣には、横浜の誇る崎陽軒の工場がある。また、ヤナセの販売拠点である「ヤナセブランドスクエア横浜」も直近。ただし住宅街というよりも工場や自動車販売店が並ぶエリアで、クルマ通りは多いけれど、近隣住民は少ない。普段は、どちらかといえばひっそりとした場所だろう。しかし開所式ということで、その日のクラシックカーセンターのガレージは人がひしめきあっていた。軽く見積もって150名。その半数がメディアで、残りがヤナセと取引のある関係者たち。祝いの席ということもあり、みなスーツをきちんと着用しており、凛(りん)とした雰囲気が漂う。暑かったがジャケットを忘れずに持ってきてよかったと、ほっと胸をなでおろすほどだ。

ヤナセクラシックカーセンターは、古い輸入車の修復・復元を目的に、同年4月5日にオープンしている。驚くべきは、扱うのがヤナセの取り扱い車種に限らないこと。できるものであれば、なんでもレストアするという。また、将来的には輸入車のクラシックカーの売買も行いたいというから、さらに驚かされる。

あなたにおすすめの記事
新着記事