【F1 2018 続報】第9戦オーストリアGP「ローラーコースター・レース」

2018.07.02 自動車ニュース
F1第9戦オーストリアGPを制したレッドブルのマックス・フェルスタッペン(写真右から2番目)、2位に入ったフェラーリのキミ・ライコネン(同左端)、3位でレースを終えたフェラーリのセバスチャン・ベッテル(同右端)。(Photo=Red Bull Racing)
F1第9戦オーストリアGPを制したレッドブルのマックス・フェルスタッペン(写真右から2番目)、2位に入ったフェラーリのキミ・ライコネン(同左端)、3位でレースを終えたフェラーリのセバスチャン・ベッテル(同右端)。(Photo=Red Bull Racing)拡大

2018年7月1日、オーストリアのレッドブル・リンク(4.318km)で行われたF1世界選手権第9戦オーストリアGP。気温、路面温度が高まった決勝日、各陣営はタイヤのマネジメントやマシンの信頼性に苦慮することに。目まぐるしく変わる順位を尻目に、レース中盤からトップに立ったあの男が、劇的な勝利を飾った。

2014年のオーストリアGP復活から4年間でメルセデス全勝。お膝元のレッドブル・リンクで、これまでレッドブルは表彰台2回を数えるにすぎなかったが、今年ようやくホームウィンを達成することに。フェルスタッペン(写真)はベッテルの降格で繰り上がり4番グリッドからスタート。母国オランダから大挙してやってきたオレンジ色の応援団の声援を受け、レース中盤にトップに立つと、盤石の走りで今シーズン初優勝を飾った。(Photo=Red Bull Racing)
2014年のオーストリアGP復活から4年間でメルセデス全勝。お膝元のレッドブル・リンクで、これまでレッドブルは表彰台2回を数えるにすぎなかったが、今年ようやくホームウィンを達成することに。フェルスタッペン(写真)はベッテルの降格で繰り上がり4番グリッドからスタート。母国オランダから大挙してやってきたオレンジ色の応援団の声援を受け、レース中盤にトップに立つと、盤石の走りで今シーズン初優勝を飾った。(Photo=Red Bull Racing)拡大
フェラーリでの出走回数139回目と、歴代2位のフェリッペ・マッサと肩を並べたライコネン(写真)。2007年にともにタイトルを勝ち取ったスクーデリアとは長い付き合いになるが、来季は新進気鋭のルーキー、シャルル・ルクレールのフェラーリ入りもうわさされており、残留できるかどうかは微妙なところ。2002年から2006年まで在籍したマクラーレンからオファーを受けているのではと、F1随一の人気を誇る現役最年長ドライバーの行く末にメディアも興味津々である。オーストリアGPでは、ベッテルの降格ペナルティーで3番グリッドを得、スタートでは抜群の蹴り出しで2位に躍り出るもすぐに4位に後退。それでも、各車タイヤのマネジメントに苦しむ中、安定した走りで2位に返り咲き、今年5回目の表彰台にのぼった。(Photo=Ferrari)
フェラーリでの出走回数139回目と、歴代2位のフェリッペ・マッサと肩を並べたライコネン(写真)。2007年にともにタイトルを勝ち取ったスクーデリアとは長い付き合いになるが、来季は新進気鋭のルーキー、シャルル・ルクレールのフェラーリ入りもうわさされており、残留できるかどうかは微妙なところ。2002年から2006年まで在籍したマクラーレンからオファーを受けているのではと、F1随一の人気を誇る現役最年長ドライバーの行く末にメディアも興味津々である。オーストリアGPでは、ベッテルの降格ペナルティーで3番グリッドを得、スタートでは抜群の蹴り出しで2位に躍り出るもすぐに4位に後退。それでも、各車タイヤのマネジメントに苦しむ中、安定した走りで2位に返り咲き、今年5回目の表彰台にのぼった。(Photo=Ferrari)拡大
今季のフェラーリ、特にベッテル(写真)は金曜日に遅く、土曜日になってマシンの帳尻を合わせてくることが多い。オーストリアでも金曜日の2回のフリー走行は4位と3位。土曜日になると最後のプラクティスでようやくトップタイムをマークし、予選へ期待をつなげた。しかし、何かと取りこぼしが多いのも今年のベッテル。予選中にサインツJr.を妨害したとして3グリッド降格、6番グリッドと後ろからのスタートになってしまった(妨害に関しては、無線でベッテルに後続の様子を知らせなかったチームの責任も重い)。ところが、タイトル争いでのダメージを最小化するつもりが、最大のライバルであるメルセデスの脱落にも助けられ、3位表彰台が転がりこんできたのだからレースは何が起こるかわからない。さらに前戦ルイス・ハミルトンに奪われたポイントリーダーの座も奪還、宿敵に1点差をつけオーストリアを後にした。(Photo=Ferrari)
今季のフェラーリ、特にベッテル(写真)は金曜日に遅く、土曜日になってマシンの帳尻を合わせてくることが多い。オーストリアでも金曜日の2回のフリー走行は4位と3位。土曜日になると最後のプラクティスでようやくトップタイムをマークし、予選へ期待をつなげた。しかし、何かと取りこぼしが多いのも今年のベッテル。予選中にサインツJr.を妨害したとして3グリッド降格、6番グリッドと後ろからのスタートになってしまった(妨害に関しては、無線でベッテルに後続の様子を知らせなかったチームの責任も重い)。ところが、タイトル争いでのダメージを最小化するつもりが、最大のライバルであるメルセデスの脱落にも助けられ、3位表彰台が転がりこんできたのだからレースは何が起こるかわからない。さらに前戦ルイス・ハミルトンに奪われたポイントリーダーの座も奪還、宿敵に1点差をつけオーストリアを後にした。(Photo=Ferrari)拡大

来季に向けた、強豪同士のにらみ合い

F1史上初のトリプルヘッダーの2戦目はオーストリアGP。同国の名士で、レッドブルの創業者のひとりであるディートリッヒ・マテシッツの尽力(財力)により2014年に復活した、レッドブルのお膝元でのGPである。

先ごろ、2019年からホンダのパワーユニットで戦うことを決めたレッドブルには、ダニエル・リカルドとの契約延長という、もう1つの大仕事が残っている。チームは、この5年間でともに7回の優勝を勝ち取ってきたオーストラリア人ドライバーの残留を望んでいるといわれており、リカルドは、既に長期契約を結んでいる僚友マックス・フェルスタッペンとの待遇の違いさえなければとどまることに前向きと見られている。

そもそもリカルドがほかのトップチームに移籍することは難しい状況である。メルセデスは、ルイス・ハミルトンとの契約更新はまず間違いないといわれており、またバルテリ・ボッタスもこのままのパフォーマンスを維持できれば残留する可能性は高い。さらにメルセデス系ドライバーで、現在フォースインディアに乗るエステバン・オコンというカードも残っている。

フェラーリのシートは、キミ・ライコネンの去就次第。2007年にスクーデリアでワールドチャンピオンとなった現役最年長ドライバーは、同じマシンでセバスチャン・ベッテルが今季3勝しているのに対し未勝利のままで、調子を上げてきているとはいえ往時の輝きはない。フェラーリは伝統的に実績のあるドライバーを選ぶことで知られているが、今年ザウバーを駆り活躍中のルーキー、フェラーリ・アカデミー出身のシャルル・ルクレールを来季抜てきするのではとのうわさもある。また、ベッテルとリカルドがレッドブルに在籍していた2014年シーズンには、4連覇達成の王者ベッテルがリカルドに負け越したという事実もあり、このペアの復活は微妙との見方もある。

かように膠着(こうちゃく)状態の3強間のドライバーマーケットに関して「カギを握るのはメルセデス」とオーストリアGP前の記者会見で語ったのは、レッドブルのチームボスであるクリスチャン・ホーナーだった。ワールドチャンピオンになることを渇望しているリカルドも、万一、チャンピオンチームに空きができたら……と考えれば決断には慎重にならざるを得ない。レッドブルとて、リカルド移籍となれば、ルノーに貸し出し中のカルロス・サインツJr.を呼び戻すなどしなければならないし、フェラーリもその動きに影響を受けることもあり得るわけだ。

強豪同士の腹の探り合い、にらみ合いは、夏のうちに決着するのではと見られているが、果たしてどのようなかたちで落ち着くことになるか。

前戦フランスGPで快勝しポイントリーダーの座に返り咲いたハミルトン(写真)。3連戦でハットトリックを決め、ライバルに差をつけてタイトル争いを優位に進めたいところだったが、そのシナリオ通りに運んだのはレース序盤まで。トップ走行中、バルテリ・ボッタスのリタイアで入ったバーチャルセーフティーカーのタイミングでピットインできず順位を落とし、さらに終盤、燃料のプレッシャー異常に見舞われリタイアを喫することに。最多連続ポイント獲得記録は「33」でストップ、さらにベッテルにチャンピオンシップ首位を奪われてしまった。(Photo=Mercedes)
前戦フランスGPで快勝しポイントリーダーの座に返り咲いたハミルトン(写真)。3連戦でハットトリックを決め、ライバルに差をつけてタイトル争いを優位に進めたいところだったが、そのシナリオ通りに運んだのはレース序盤まで。トップ走行中、バルテリ・ボッタスのリタイアで入ったバーチャルセーフティーカーのタイミングでピットインできず順位を落とし、さらに終盤、燃料のプレッシャー異常に見舞われリタイアを喫することに。最多連続ポイント獲得記録は「33」でストップ、さらにベッテルにチャンピオンシップ首位を奪われてしまった。(Photo=Mercedes)拡大

ボッタス、得意のオーストリアで今季初ポール

1周4.3kmとカレンダーで4番目に短いコースに、最少の10のコーナーが配されたレッドブル・リンクは、約65%をフルスロットルで駆け抜ける高速コースであり、63.5mもの高低差と相まって「ローラーコースター・サーキット」とも称される。さらに海抜700mの山間部にあることから空気密度も低く、そのためか、強心臓を持つメルセデスが2014年のGP復活以来全勝していた。

そのメルセデスは、バージボードやサイドポッド、ウイングなど多岐にわたる今季最大級のマシンアップデートを実施。3連戦でハットトリックを達成すべく、万全の態勢でオーストリアに入った。その成果は予選で遺憾なく発揮され、シルバーアローは2戦連続、今年3回目の最前列ロックアウトに成功。ただし今回のポールシッターはハミルトンではなく、オーストリアのコースを得意とするボッタスだった。2014年に自身初表彰台を記録2017年には初のポール・トゥ・ウィンを飾った同地で、今シーズン初、通算5回目の予選P1を獲得した。

2位ハミルトンに次いだのはフェラーリのベッテルだったが、セッション中にサインツJr.の進路を妨害したとしてペナルティーを受け、3グリッド降格の6番グリッドに。ライコネンが繰り上がって3番グリッドを得た。レッドブルのフェルスタッペンが4番グリッド、そして今季まだ無得点と苦境に立たされているハースのロメ・グロジャンが健闘し5番グリッドを獲得した。

レッドブルのリカルドは、チームメイトのフェルスタッペンと「どちらが前を走ってアタックするか」で意見が対立、憤まんやる方ない予選を終え7番グリッドにつけた。好調ハースのケビン・マグヌッセンは8番グリッド。その後ろにはルノーの2台が並び、サインツJr.9番グリッド、ニコ・ヒュルケンベルグ10番グリッドからレースに臨んだ。

第2戦バーレーン、第3戦中国、第4戦アゼルバイジャンなど、優勝目前まではいくも、なかなか表彰台の頂点までたどり着けないバルテリ・ボッタス(写真)。得意のオーストリアで昨年の最終戦アブダビGP以来となるポールを獲得、今度こそ今季初勝利をと意気込んで迎えたレースだったが、スタートで4位に後退、すぐに2位まで挽回するも、14周目に油圧系のトラブルで突如スローダウンし戦列を去った。今年のボッタスにツキはない。(Photo=Mercedes)
第2戦バーレーン、第3戦中国、第4戦アゼルバイジャンなど、優勝目前まではいくも、なかなか表彰台の頂点までたどり着けないバルテリ・ボッタス(写真)。得意のオーストリアで昨年の最終戦アブダビGP以来となるポールを獲得、今度こそ今季初勝利をと意気込んで迎えたレースだったが、スタートで4位に後退、すぐに2位まで挽回するも、14周目に油圧系のトラブルで突如スローダウンし戦列を去った。今年のボッタスにツキはない。(Photo=Mercedes)拡大
決勝日が29回目の誕生日と重なったレッドブルのダニエル・リカルド(写真前)。ジェームズ・ハント(1976年)、ジャン・アレジ(1995年)に次ぐバースデー・ウィナーを目指したが、そうはならなかった。7番グリッドから2位まで上がったものの、タイヤのブリスター(火ぶくれ)に見舞われ緊急ピットイン。さらにメカニカルトラブルに襲われリタイア。優勝という最良のバースデープレゼントを手にすることはできなかった。(Photo=Red Bull Racing)
決勝日が29回目の誕生日と重なったレッドブルのダニエル・リカルド(写真前)。ジェームズ・ハント(1976年)、ジャン・アレジ(1995年)に次ぐバースデー・ウィナーを目指したが、そうはならなかった。7番グリッドから2位まで上がったものの、タイヤのブリスター(火ぶくれ)に見舞われ緊急ピットイン。さらにメカニカルトラブルに襲われリタイア。優勝という最良のバースデープレゼントを手にすることはできなかった。(Photo=Red Bull Racing)拡大

スタートでハミルトンがトップ、2位ボッタスは無念のリタイア

快晴の決勝日に、気温22度、路面温度は47度まで上昇。この高温下で各車はタイヤに手を焼くことになる。

メルセデスは中間のスーパーソフト、フェラーリは今回一番やわらかいウルトラソフトを履き、71周のレースがスタート。蹴り出し抜群のライコネンがメルセデスの間に割って入りターン1手前まで3台が横に並んだ。トップを取ったのはハミルトン、2位ライコネン、3位フェルスタッペン、4位にボッタスとなるも、ボッタスは瞬く間に2位まで挽回。一方のライコネンはラインをはらみ、またフェルスタッペンとの軽い接触もあり4位に下がった。オープニングラップは、1位ハミルトン、2位ボッタス、3位フェルスタッペン、4位ライコネン、5位リカルド、6位グロジャン、7位ベッテルという順位で終わった。

1-2を快走するメルセデスが後続を突き放そうとしていた14周目、ボッタスが突如スローダウン。油圧系のトラブルでコース脇にマシンを止めた。今シーズン、勝利を狙える位置にいながら度々不運に泣かされていたボッタスは、またしても無念のリタイアを喫した。

このタイミングで出たバーチャルセーフティーカーに合わせて、上位陣では1位ハミルトンを除く各車が続々とピットインしソフトタイヤに交換。ハミルトンの13秒後方に、1ストップ済みの2位フェルスタッペン、3位ライコネン、4位リカルド、5位ベッテルらが続いた。

ピットに入り損ねたハミルトンには、メルセデスから「トップを失わないためには、もう8秒稼いでくれ」との厳しい無線が飛ぶのだが、それはできない相談だった。26周目、リードタイムは13秒のままハミルトンはソフトタイヤに交換、4位でコースに戻ることとなった。

今季8戦を終え無得点なのは、ウィリアムズのセルゲイ・シロトキンとハースのロメ・グロジャン(写真)の2人だけ。特にチームメイトのケビン・マグヌッセンが入賞を繰り返しているのに比べると、スペインGPでクラッシュするなど、グロジャンの評価は下がる一方だった。オーストリアでは予選6位(セバスチャン・ベッテルの降格で5番グリッド)と好位置からスタート。トップランナーの脱落にも助けられ、マグヌッセンを従えて4位でゴールし、待望の初得点となった。(Photo=Haas)
今季8戦を終え無得点なのは、ウィリアムズのセルゲイ・シロトキンとハースのロメ・グロジャン(写真)の2人だけ。特にチームメイトのケビン・マグヌッセンが入賞を繰り返しているのに比べると、スペインGPでクラッシュするなど、グロジャンの評価は下がる一方だった。オーストリアでは予選6位(セバスチャン・ベッテルの降格で5番グリッド)と好位置からスタート。トップランナーの脱落にも助けられ、マグヌッセンを従えて4位でゴールし、待望の初得点となった。(Photo=Haas)拡大
トロロッソは、ピエール・ガスリー(写真)が最初の2回のフリー走行のいずれでもトップ10内に入り好発進。しかし予選では、ルノーやハースらライバルに迫れず、ガスリー12位。ブレンドン・ハートレーはQ1落ちの19位で、パワーユニットのコンポーネントを戦術的に交換するも、フェルナンド・アロンソがピットレーンスタートを選んだことで19位のままレースに臨んだ。ガスリーはスタートでの接触に巻き込まれ14位に落ちるも、レースが進むにつれ入賞圏まで駒を進めた。しかし終盤、ザウバーの2台に先を越され、結果11位とポイント獲得ならず。ハートレーはメカニカルトラブルで途中リタイア。(Photo=Toro Rosso)
 
トロロッソは、ピエール・ガスリー(写真)が最初の2回のフリー走行のいずれでもトップ10内に入り好発進。しかし予選では、ルノーやハースらライバルに迫れず、ガスリー12位。ブレンドン・ハートレーはQ1落ちの19位で、パワーユニットのコンポーネントを戦術的に交換するも、フェルナンド・アロンソがピットレーンスタートを選んだことで19位のままレースに臨んだ。ガスリーはスタートでの接触に巻き込まれ14位に落ちるも、レースが進むにつれ入賞圏まで駒を進めた。しかし終盤、ザウバーの2台に先を越され、結果11位とポイント獲得ならず。ハートレーはメカニカルトラブルで途中リタイア。(Photo=Toro Rosso)
	 拡大

リカルド、ハミルトンも戦列を去り、残ったのは……

メルセデスの失敗を受け、レースリーダーに躍り出たのはフェルスタッペン。リカルドとともにレッドブルが1-2フォーメーションを築き、ライコネンが3位でこれを追うかたちとなった。

しかし、レッドブル1-2も長くは続かなかった。レースの折り返し地点を迎えると、2位リカルドの左リアタイヤにはブリスター(火ぶくれ)が現れ、ペースが上げられない状態に。リカルドは38周目にライコネンに抜かれ3位に後退。その直後に新しいタイヤを与えられ挽回を試みるも、マシンの不調を訴え、戦列を去った。

次にレッドブル・リンクの餌食となったのは、ハミルトンだった。1位フェルスタッペン、2位ライコネン、3位ベッテルに続く4位を走っていたハミルトンにもタイヤの熱ダレが起きており、52周を終えて2度目のタイヤ交換を余儀なくされた。その10周後、燃料のプレッシャーを失ったことにより、ハミルトンは2016年マレーシアGP以来となるリタイアを喫した。

ライバルが続々と倒れる中、トップを守っていたのはフェルスタッペン。当初あった7秒のリードタイムは、残り10周で3秒台、ゴールまで3周の時点で2秒台、そしてファイナルラップに1秒台まで縮まるも、追うフェラーリとてタイヤに余裕はなかった。フェルスタッペンは、順位がめまぐるしく変わる、まさにローラーコースターのようなレースを制し、今季初優勝を飾ったのだった。

フェルスタッペンを頂点に、2位ライコネン、3位ベッテルが両脇を固める表彰台。実はフェルスタッペンがレッドブル移籍初戦で劇的初優勝を遂げた2016年の第5戦スペインGPと同じ順位、顔ぶれである。そしてあの時も、鉄壁の安定感を誇るメルセデスが2台ともリタイアしていた(2年前は同士打ちが原因だったが)。

チームの名を冠したサーキットでの初ホームウィン、しかもオランダから大挙して押し寄せたファンの目の前での劇的勝利に、この20歳のドライバーの「幸運の引きの強さ」を感じずにはいられなかった。

また、ベッテルにとってもラッキーな週末だった。グリッド降格ペナルティーから3位表彰台を引き寄せ、さらにはレース前にハミルトンとの間にあった14点のギャップが、1点のリードに変わったのだ。オーストリアGPは、2018年シーズンを象徴するかのような、意外性に満ちた一戦だった。

怒涛(とどう)の3連戦の最後は、“ハミルトンの庭”であるイギリスGP。決勝は7月8日に行われる。

(文=bg) 

関連キーワード:
F1 2018, モータースポーツ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事