第27回:ロールス・ロイスとベントレー
激動の時代を生き抜いた2つの名門

2018.07.05 自動車ヒストリー 今も昔も、高級車の代名詞として語られるロールス・ロイスと、豪快かつ豪奢(ごうしゃ)なGTカーを世に送り出してきたベントレー。英国が生んだプレミアムブランドはどのようにして生まれ、今日に命脈をつないだのか。誕生の経緯と、その後の数奇なエピソードを紹介する。

赤旗法で自動車の進歩が止まったイギリス

貴族の子弟として生まれたチャールズ・スチュアート・ロールズは、1896年にパリへ旅行した折にプジョーを手に入れる。新しもの好きの学生だった彼は自動車の魅力にとりつかれたが、祖国イギリスでは満足に走らせることができなかった。1865年に施行された赤旗法のせいである。蒸気自動車の普及に恐れをなした馬車業者が行政府に圧力をかけ、自動車に不利な規定を定めさせたのだ。赤旗を持った人間がクルマの前を歩いて危険を知らせなければならず、スピード制限も設けられた。

自動車の未来に希望を抱いていたロールズは、仲間とともに赤旗法撤廃に向けて運動を起こす。制限速度を無視し、ロンドン市内をハイスピードで走り回った。わざと捕まって、裁判で赤旗法の不条理を訴えようとしたのである。しかし、上流階級の彼らを拘束すれば面倒なことになるため、警官は見て見ぬふりをした。それでもさすがにこのばかばかしい法律は1896年に廃止され、ロールズは大手を振ってクルマを走らせることができるようになったのである。

彼はヨーロッパ各国のレースに出場するようになり、本国にもモータースポーツの団体を設立する。また、親友のクロード・ジョンソンとともにC.S.Rolls & Co.を創立し、プジョーやミネルヴァなどの自動車の輸入販売を手がけるようになった。好きなことを仕事にできたのは喜ばしいが、ロールズには大きな不満があった。レースに出場するクルマも、売るクルマも、英国車ではないということだ。赤旗法の時代にイギリスは自動車の進歩から取り残され、フランスやドイツに後れを取ってしまっていた。

そこに、希望の光を見せてくれる人物が現れた。フレデリック・ヘンリー・ロイスである。ロールズとは対照的に貧しい粉ひきの息子として生まれた彼は、苦学の末に電気製品の会社を興し、事業を成功させていた。

ロールス・ロイスの創業者の一人である、チャールズ・スチュアート・ロールズ(1877-1910)。自動車に加え、航空機についても深い造詣を持つ人物だった。
ロールス・ロイスの創業者の一人である、チャールズ・スチュアート・ロールズ(1877-1910)。自動車に加え、航空機についても深い造詣を持つ人物だった。拡大
フレデリック・ヘンリー・ロイス(1863-1933)。苦学の果てにエンジニアとして身を立てた努力の人で、完璧な品質の製品を送り出すことに心血を注いだ。
フレデリック・ヘンリー・ロイス(1863-1933)。苦学の果てにエンジニアとして身を立てた努力の人で、完璧な品質の製品を送り出すことに心血を注いだ。拡大
ロールス・ロイスの誕生には、2人の創業者のほかにもさまざまな人物が深く関わった。写真はロールズとロイスを引き合わせたクロード・ジョンソン(左)と、経営面でロールス・ロイスを支えたアーネスト・クレアモント。
ロールス・ロイスの誕生には、2人の創業者のほかにもさまざまな人物が深く関わった。写真はロールズとロイスを引き合わせたクロード・ジョンソン(左)と、経営面でロールス・ロイスを支えたアーネスト・クレアモント。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事