「ホンダN-BOXスラッシュ」に特別仕様車「インディロックスタイル」登場

2018.07.05 自動車ニュース
「ホンダN-BOXスラッシュ インディロックスタイル」
「ホンダN-BOXスラッシュ インディロックスタイル」拡大

本田技研工業は2018年7月5日、軽乗用車「N-BOXスラッシュ」に特別仕様車「INDIE ROCK STYLE(インディロックスタイル)」を設定し、同年7月6日に発売すると発表した。

 
「ホンダN-BOXスラッシュ」に特別仕様車「インディロックスタイル」登場の画像拡大
 
「ホンダN-BOXスラッシュ」に特別仕様車「インディロックスタイル」登場の画像拡大
 
「ホンダN-BOXスラッシュ」に特別仕様車「インディロックスタイル」登場の画像拡大
 
「ホンダN-BOXスラッシュ」に特別仕様車「インディロックスタイル」登場の画像拡大
 
「ホンダN-BOXスラッシュ」に特別仕様車「インディロックスタイル」登場の画像拡大

N-BOXスラッシュ インディロックスタイルは、充実した装備が特徴の「G・L」グレードをベースに、内外装をブラックを基調とした装飾でドレスアップした特別仕様車である。

主な特別装備は以下の通り。

  • ブラックペイントフロントグリル
  • ブラックペイントリアライセンスガーニッシュ
  • ブラックペイントビレット
  • ブラックシート
  • ブラックペイントオーディオガーニッシュ
  • ピアノブラック調ステアリングガーニッシュ
  • ブラックペイントドアオーナメントパネル
  • クロームメッキ加飾(インナードアハンドル、セレクトレバーボタン&シャフト、スピーカーリング<フロント>)
  • 14インチスチールホイール+ブラックディッシュホイール
  • あんしんパッケージ(シティーブレーキアクティブシステム、前席用i-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム<前席/後席対応>)

ボディーカラーは「クリスタルブラック・パール」「シャイニンググレー・メタリック」「プラチナホワイト・パール」(有償色)の全3色。オプションでサウンドマッピングシステムも用意されている。

価格は、FF車が151万9560円、4WD車が165万0240円。

(Clubpyme)

関連キーワード:
N-BOXスラッシュ, ホンダ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダN-BOXカスタム 2017.8.31 画像・写真 軽乗用車初のシーケンシャルウィンカーなど、他のモデルにはないディテールが目を引く新型「ホンダN-BOXカスタム」。クロームメッキで飾られたボディーや、黒を基調としたインテリアなど、標準車とは一味違うその姿を写真で紹介する。
  • ホンダN-BOX/N-BOXカスタム【試乗記】 2017.9.28 試乗記 ホンダのベストセラー軽乗用車「N-BOX」がフルモデルチェンジ。見た目はマイナーチェンジ? と感じさせるほどの小変更にとどまるが、新設計のプラットフォームやエンジンの採用など、中身はまるで別物といえるほどの進化を遂げている。その使い勝手をテストした。
  • ホンダN-BOX 2017.8.31 画像・写真 トールワゴンタイプではもちろん、軽自動車全体でも“ナンバーワン”の販売台数を誇るホンダの人気モデル「N-BOX」がフルモデルチェンジを受けた。一新された内外装やスーパーロングスライド機構付きの助手席など、新型のディテールを写真で紹介する。
  • ホンダの軽「N-BOX」「N-BOXカスタム」に装備充実の特別仕様車 2016.8.4 自動車ニュース 本田技研工業は、軽乗用車「N-BOX」「N-BOXカスタム」に装備充実の特別仕様車を設定、ツートンカラーを特徴とする「2トーンカラースタイル」も選択可能としたうえで、2016年8月5日に販売を開始する。さらに、ブラックのパーツでドレスアップした「N-BOXカスタム」ベースの特別仕様車も、同時に発売する。
  • 第105回:N-BOXは怪獣だ 2018.10.2 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第105回は「N-BOXは怪獣だ」。広報車とディーラー車では乗り味が違うってホント!? 今、日本で一番売れている、事実上の国民車「ホンダN-BOX」をプチ検証。実物を前に、筆者が導き出した答えとは?
ホームへ戻る