第562回:◯◯を食べると効果抜群!?
イタリア式クルマ酔い防止の極意とは?

2018.07.13 マッキナ あらモーダ!

その名は「シートロエン」

2018年7月5日、シトロエンが乗り物酔い防止アイウエアをリリースした。

「seetroen(シートロエン)」という、ウイットに富んだネームが冠されたこの商品は、連続した計4個の真円形フレームで構成されている。フレームのいずれにも下半分に青い液体が封入されており、装着した人の平衡感覚維持に寄与する。

装着開始10~12分後に、内耳を通じて感知する動きと意識が同期され、クルマの中でスマートフォンや本を注視していても酔わなくなるという。加えて、効果が表れた後は、装着しなくても旅を楽しめるようになる、と解説されている。

もともとのアイデアは、フランス南東部オリウルのスタートアップ企業、ボーディング・リング・リーディングによるもので、同社が特許を有している。すでに日本でも2015年頃から通販サイトや一部メディアで紹介されてきた。

しかし今回シトロエンは、パリのデザイン事務所、ストゥディオ5.5に、そのリファインを依頼。シトロエン・デザインのコンセプトに沿わせるとともに、よりフレッシュでシンプル、かつ人間工学的なデザインを実現した。

大人だけでなく、内耳の成長が終わる10歳以上の子供も使用可能で、メガネの上からも装着できる。

シートロエンの価格は、99ユーロ(約1万3000円)。シトロエン“ライフスタイル”コレクションの公式ウェブサイトを通じて販売されている。

シトロエンの乗り物酔い防止アイウエア「シートロエン」。
シトロエンの乗り物酔い防止アイウエア「シートロエン」。拡大
「シートロエン」は、10歳から使用可能。
「シートロエン」は、10歳から使用可能。拡大
もちろん大人の移動にも。
もちろん大人の移動にも。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。、(ともに二玄社)、、(ともに光人社)、(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事