BMW M5(後編)

2018.07.19 谷口信輝の新車試乗 新型「BMW M5」のワインディングロードでの走りを絶賛した谷口信輝。しかし、スポーティな走りだけがこのクルマの魅力のすべてではない。後編では、より多角的な視点で新型M5を評価してもらおう。

「ノブテル、行きまーす!」

「このクルマ、前編でも言いましたがハイパフォーマンスモデルなのにうるさくない。エンジンのいいサウンドはしっかり聞かせてくれるけど、決して爆音を響かせるわけじゃありません。この辺は個人的にすごくいいと思いますが。それと乗り心地もいいですよね。ノーマルモードだと本当に当たりが柔らかくて快適。ただ、ワインディングロードでペースを上げていくと、これだとちょっとダンピングが不足気味になるので、そんなときはこのスポーツモードを選んであげると、ダンピングが上がってボディーの動きも安定する。でも、決して硬すぎない設定で、バランスがいいですよね」

谷口はインストゥルメントパネルの凝った表示にも心引かれていて、たとえば乗り込んだ直後にデジタル式メーターパネルに現れる「M」のロゴを見て、「ほら、このウエルカム的な感じがいいじゃないですか」と語っていた。

メーターパネル以外のインテリアはどうなのか? 谷口に語ってもらおう。

「まずは、このシート、どうですか? 真っ白でもうすぐにでも汚しちゃいそうですが、メチャクチャかっこいいですよね。このショルダーサポートの張り出しとか最高です。なんか、完全に(『機動戦士ガンダム』の)アムロ・レイが座っていそう。できればアムロのヘルメットをかぶって、『ノブテル、行きまーす!』って取りあえず言いたくなりますね(笑)」

「あとシートはサイドサポートも深いんですが、ショルダー部分を含め、実はそれほどクッションが硬くない。だから、どちらかといえば見ため優先の設計なんですが、それでも洗練されていて質感の高いデザインですよね」

谷口がインテリアのデザインについて、これほどほれぼれと語ったことはあまりなかったように記憶している。で、このまますべて絶賛で終わるかと思いきや、BMW関係者ならびに熱狂的ファンの皆さんには誠に申し訳ないが、そうは問屋が卸さなかった。

 
BMW M5(後編)の画像拡大
 
BMW M5(後編)の画像拡大
 
BMW M5(後編)の画像拡大
 
BMW M5(後編)の画像拡大
BMW M5
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4965×1905×1480mm/ホイールベース:2980mm/車重:1950kg/駆動方式:4WD/エンジン:4.4リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:600ps(411kW)/6000rpm/750Nm(76.5kgm)/1800-5600rpm/タイヤ:(前)275/35ZR20/(後)285/35ZR20(ピレリPゼロ)/価格:1703万円
BMW M5
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4965×1905×1480mm/ホイールベース:2980mm/車重:1950kg/駆動方式:4WD/エンジン:4.4リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:600ps(411kW)/6000rpm/750Nm(76.5kgm)/1800-5600rpm/タイヤ:(前)275/35ZR20/(後)285/35ZR20(ピレリPゼロ)/価格:1703万円拡大

関連キーワード:
M5セダン, BMW

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 330i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2019.3.2 試乗記 BMWが誇るスポーツセダンのベンチマーク「3シリーズ」が、7代目にフルモデルチェンジ。ブランドの“伝統芸”ともいえるミズスマシ的ドライブフィールと、隔世の進化を遂げた強力なドライビングアシストに触れ、リポーターが感じたこととは?
  • BMW M3セダン(FR/7AT)【試乗記】 2014.8.22 試乗記 ハイパフォーマンスセダン「BMW M3」の最新型に、一般道で試乗。これまで以上にパワーと軽量化を追求したという、その走りを確かめた。
  • BMW X3 M40d(4WD/8AT)【試乗記】 2019.3.15 試乗記 最高出力326psの3リッター直6ディーゼルターボエンジンを搭載する「BMW X3 M40d」に試乗。BMW Mが手がけた高性能ディーゼルと、同社がスポーティーなチューンを施したというシャシーの組み合わせを味わってみた。
  • ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブル(4WD/8AT)【海外試乗記】 2019.3.12 試乗記 「ベントレー・コンチネンタルGT」をベースとしたオープントップモデルが、3代目にモデルチェンジ。名称も新たに「GTコンバーチブル」となった4シーターフルオープンは、どのような進化を遂げているのか? スペインはアンダルシアで西川 淳が試した。
  • ハスクバーナ・スヴァルトピレン401(MR/6MT)【レビュー】 2019.3.9 試乗記 魅力はデザインだけじゃない。ハスクバーナのユニークなスクランブラー「スヴァルトピレン401」は、スムーズかつ鋭い吹け上がりのシングルエンジンと、ちょっとクセのあるライドフィールにより、「操る楽しさ」を求めるライダーにうってつけの一台となっていた。
ホームへ戻る