「スズキ・ハスラー」の特別仕様車「タフワイルド」発売

2018.07.17 自動車ニュース
「スズキ・ハスラー タフワイルド」。ボディーカラーは「オフブルーメタリック×ブラック」。
「スズキ・ハスラー タフワイルド」。ボディーカラーは「オフブルーメタリック×ブラック」。拡大

スズキは2018年7月17日、軽乗用車「ハスラー」に特別仕様車「タフワイルド」を設定し、販売を開始した。

 
「スズキ・ハスラー」の特別仕様車「タフワイルド」発売の画像拡大
「ブリスクブルーメタリック×ブラック」
「ブリスクブルーメタリック×ブラック」拡大
「フェニックスレッドパール×ブラック」
「フェニックスレッドパール×ブラック」拡大
「アクティブイエロー×ブラック」
「アクティブイエロー×ブラック」拡大
「スチールシルバーメタリック×ブラック」
「スチールシルバーメタリック×ブラック」拡大
 
「スズキ・ハスラー」の特別仕様車「タフワイルド」発売の画像拡大
 
「スズキ・ハスラー」の特別仕様車「タフワイルド」発売の画像拡大

今回のハスラー タフワイルドは、Aピラーからルーフ、リアクオーターパネルをブラックとした2トーンカラーが最大の特徴だ。既存の2トーンカラーよりも塗り分けをより鮮明にしたことで、新鮮な印象を持たせたとうたわれている。塗り分けられるボディーカラーは「オフブルーメタリック」「ブリスクブルーメタリック」「フェニックスレッドパール」「アクティブイエロー」「スチールシルバーメタリック」の全5色が設定される。

「使い込むほど愛着の湧くインテリア」をテーマにした内装には、専用色となるオフブルーのインパネやレザー調とファブリック素材を組み合わせた専用シート表皮を採用した。

このほか、予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」やディスチャージヘッドランプ、LEDフォグランプなども装備する。

特別装備の内容は以下の通り。

【エクステリア】

  • ブラック2トーン(Aピラー、ルーフ、リアクオーターパネル)[ブラック塗装]
  • 専用フロントバンパーガーニッシュ[車体色と同色]
  • 専用リアパーガーニッシュ[車体色と同色]
  • 「HUSTLER」アルファベットエンブレム[ホワイト](フロントグリル)
  • 「TOUGH WILD」エンブレム(バックドア)
  • カラードドアハンドル[ブラック]
  • LEDサイドターンランプ付きドアミラー
  • 専用色15インチスチールホイール[ブラックメタリック]

【インテリア】

  • 専用色インパネカラーパネル[オフブルー]
  • 専用色エアコンガーニッシュ[ガンメタリック]
  • 専用色エアコンルーバーリング[ガンメタリック]
  • 専用レザー調&ファブリックシート表皮[ネイビー&ブラウン]
  • 専用色スピーカーリング[ガンメタリック]
  • 専用色ドアトリムカラーパネル[オフブルー]
  • メッキインサイドドアハンドル
  • 専用色ステアリングガーニッシュ[ガンメタリック]
  • ステアリングオーディオスイッチ

【機能&装備】

  • ディスチャージヘッドランプ[ハイ/ロービーム、オートレベリング機構付き]
  • LEDフロントフォグランプ
  • オートライトシステム
  • プレミアムUV&IRカットガラス(フロントドア)
  • 「ナノイー」搭載フルオートエアコン[カテキン・エアフィルター付き]
  • フロント2スピーカー、フロント2ツイーター、リア2スピーカー
  • 電動格納式リモコンドアミラー[リモート格納]

【安全装備】

  • デュアルカメラブレーキサポート
  • 誤発進抑制機能
  • 車線逸脱警報機能
  • ふらつき警報機能
  • 先行車発進お知らせ機能

価格はFF車が148万7160円、4WD車が161万3520円。

(Clubpyme)

関連キーワード:
ハスラー, スズキ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ハスラー X(FF/CVT)【試乗記】 2014.2.24 試乗記 ユニークな見た目で話題の新型軽「スズキ・ハスラー」。では、実際に乗ってみたらどうなのか? 燃費を含め、クルマとしての仕上がりを報告する。
  • スズキ・ハスラー Xターボ(4WD/CVT)/ハスラー X(FF/CVT)【試乗記】 2014.1.23 試乗記 ハイトワゴンの使い勝手とSUVテイストのデザインを併せ持つ「スズキ・ハスラー」に試乗。日本ならではの「カワイイ文化」が生んだ、軽クロスオーバーの実力を試した。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)【試乗記】 2017.11.8 試乗記 日本を代表するコンパクトスポーツ「スズキ・スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。動力性能も操縦性も乗り心地も、全方位的に進化を遂げた新型だが、2日間にわたる試乗体験ではいまひとつ留飲が下がらなかった。その理由とは?
  • 第123回:タイヘンな盲点 2019.2.12 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第123回は「タイヘンな盲点」。「エコでサステイナブル、しかもメチャクチャカッコいい」と筆者絶賛の「BMW i8ロードスター」、しかし……。買ってみてわかった! 元i8オーナーが語るザンネンな点とは? 
  • レクサスES300h“バージョンL”(FF/CVT)【試乗記】 2019.2.11 試乗記 7代目にして初めて日本に導入されたレクサスのFFセダン「ES」に試乗。テスト車は話題の新装備「デジタルアウターミラー」が装着された最上級グレード“バージョンL”。夜明け前から日暮れまでの長いドライブで浮き彫りになった、同車の秘めた二面性とは!?
ホームへ戻る