第563回:ランボ創業者の伝記映画は2019年に封切り!
クルマ好きを納得させる自動車ムービーのあり方とは!?

2018.07.20 マッキナ あらモーダ!

1世紀を前に

「イベントで会おう」

このところ、フランスのシトロエン・ファンから次々とメールが舞い込む。

今年の夏か? と思ってよく聞けば、なんと来年の話をしているのだった。2019年は、シトロエンの創業100周年にあたる。

厳密にいうと、ブランドのシンボルとなった山形歯車を手がけたのち、第1次世界大戦中に砲弾の大量生産に成功したアンドレ・シトロエン(1878-1935)が、最初の自動車「ティープA」を発売した1919年から1世紀を迎えるのだ。

それに合わせて、シトロエンが所有するラ・フェルテ・ヴィダームの敷地では、2019年7月にメーカー主催のイベントが催される。熱烈ファンとしては、1年前からそわそわしているというわけだ。

もうひとつ、彼らが盛り上がっている理由は、100周年よりひと足先に制作された、予告編ともいうべきショートムービーである。。

実際に視聴してみると“Notre vision de la mobilite nait de votre desir de liberte”――私たちのモビリティーのビジョンは、あなたの自由への望みから生まれる――というテーマに納得する。

1分半という短い時間の中に、「2CV」から「Hトラック」「メアリ」「CX」「ヴィザGTi」……と、歴代モデルが次々と登場する。これはシトロエンファンが、1年前から心躍らすに十分なビジュアルである。

本稿執筆時点で、すでに4万6000回以上が再生されていることからも、彼らの盛り上がりぶりがうかがえる。

シトロエンは2019年に100周年を迎える。これは2018年2月にパリで開催されたレトロモビルで。レジャーカー「メアリ」の誕生50周年を祝った。
シトロエンは2019年に100周年を迎える。これは2018年2月にパリで開催されたレトロモビルで。レジャーカー「メアリ」の誕生50周年を祝った。拡大
同じく2018年2月のレトロモビルで。「シトロエン2CV」の市販型誕生から70周年をアピールした。
同じく2018年2月のレトロモビルで。「シトロエン2CV」の市販型誕生から70周年をアピールした。拡大
「シトロエンCX」。ここまでいずれも同型車が100周年予告ムービーの中に登場する。
「シトロエンCX」。ここまでいずれも同型車が100周年予告ムービーの中に登場する。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。、(ともに二玄社)、、(ともに光人社)、(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事