プジョーがディーゼルの「308GT」に新開発の8段ATを搭載

2018.07.18 自動車ニュース
「プジョー308GT BlueHDi」
「プジョー308GT BlueHDi」拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2018年7月18日、「プジョー308」の2リッターディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のトランスミッションを6段ATから8段ATへと変更し、販売を開始した。

 
プジョーがディーゼルの「308GT」に新開発の8段ATを搭載の画像拡大

今回の8段AT「EAT8」は、仏グループPSAの設計に基づき、アイシン・エィ・ダブリュが製造するもの。プジョー車としては日本初導入となる。

新たなユニットは小型かつ軽量であることがうたわれており、ギアの小型化やオイルポンプ外径の小径化、ケースの小型化などにより、従来の6段ATと同等の全長を実現。容積では逆に小さくなっているという。新たに採用したシフトバイワイヤも軽量化に寄与しており、車重も6段ATモデルと同等にとどめられている。

EAT8の搭載に伴い、従来「通常」と「スポーツ」の2種類であったドライブモードを、「エコ」を加えた3種類に拡充。あわせて、アダプティブクルーズコントロールを標準装備としている。

価格は従来モデルから2万円アップとなっており、5ドアハッチバックの「308GT BlueHDi」が359万円、ステーションワゴンの「308SW GT BlueHDi」が383万8000円。

(Clubpyme)

関連キーワード:
308, 308SW, プジョー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー308アリュールBlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.3.6 試乗記 プジョーのハッチバック車「308」がマイナーチェンジ。1.5リッターディーゼルターボエンジンに8段ATを組み合わせた、新たなパワートレインを手にした。効率性と環境性能、そして高いドライバビリティーを追い求めたという、その出来栄えやいかに!?
  • プジョーが「308」を改良 新型ディーゼルと8段ATを搭載 2018.12.17 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2018年12月17日、「プジョー308」に新型1.5リッタークリーンディーゼルエンジンと8段ATなどを採用したモデルを導入すると発表し、同日に販売を開始した。同時に、新エンジン搭載の特別仕様車「308 GTライン」を設定し、販売する。
  • プジョー308 GTライン(FF/6AT)【試乗記】 2015.9.4 試乗記 プジョーのCセグメントモデル「308」に、18インチアルミホイールや専用デザインの外装パーツなどが特徴の新グレード「GTライン」が登場。“しなやかさ”が魅力とされる308の足まわりと、225/40ZR18という偏平タイヤが織り成す走りをリポートする。
  • ジュネーブショー2019の会場から(プジョー) 2019.3.13 画像・写真 プジョーは第89回ジュネーブモーターショーに、コンパクトハッチバック「208」の新型や、そのEVバージョン「e-208」、ワゴン「508SWハイブリッド」などを出展した。同ブランドのブースを写真で紹介する。
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
ホームへ戻る