第515回:横浜ゴムの最強オフロードタイヤ
「GEOLANDAR X-MT」で“泥遊び”を満喫!

2018.07.20 エディターから一言
泥濘(でいねい)をものともせずに走破する、「ヨコハマ・ジオランダーX-MT」を装着した「トヨタ・タンドラ」。
泥濘(でいねい)をものともせずに走破する、「ヨコハマ・ジオランダーX-MT」を装着した「トヨタ・タンドラ」。拡大

迫力満点のデザインと、それに負けない圧巻のオフロード性能が自慢。ヨコハマ製オフロードタイヤの頂点に君臨する「GEOLANDAR(ジオランダー)X-MT」がいよいよ日本に導入される。本場アメリカで鍛えられたその実力を、究極の“どろんこコース”で試した。

ヨコハマ製オフロードタイヤの中でも、特にデザインと走破性能に特化した「ジオランダーX-MT」。2018年秋の日本導入が予定されている。
ヨコハマ製オフロードタイヤの中でも、特にデザインと走破性能に特化した「ジオランダーX-MT」。2018年秋の日本導入が予定されている。拡大
日本に導入される3サイズの中でも、最も巨大な40×13.50R17サイズの「ジオランダーX-MT」。その外径は40インチ(約102cm)と、まさかのメートル超えである。
日本に導入される3サイズの中でも、最も巨大な40×13.50R17サイズの「ジオランダーX-MT」。その外径は40インチ(約102cm)と、まさかのメートル超えである。拡大
取材当日はまさかの雨! ヨコハマのスタッフに「わざわざコースの一部に泥濘路を用意していたのに、(コース全体が水びたしになってしまったので)意味がなくなっちゃいましたね」と言わしめるほどの“マッドテレイン日和”となった。
取材当日はまさかの雨! ヨコハマのスタッフに「わざわざコースの一部に泥濘路を用意していたのに、(コース全体が水びたしになってしまったので)意味がなくなっちゃいましたね」と言わしめるほどの“マッドテレイン日和”となった。拡大

シリーズ最強のオフロードタイヤ

横浜ゴムから届いた試乗会の“旅のしおり”には、「動きやすく、汚れてもいい服装・靴」を持参するよう指示があった。目的地は埼玉県川越市にあるオフロードコース。2018年秋に発売予定のジオランダーX-MTが、ここで試乗できるというのだ。

ジオランダーシリーズはヨコハマタイヤが1996年に発売したオフロードタイヤで、いまやすっかりおなじみの商品。このうち、オールシーズン(M+S)のラインナップとしては、オフロード性能を重視した“マッドテレイン”タイヤの「M/T」を筆頭に、“オールテレイン”の「A/T」、ハイウェイユースも考慮した“ハイウェイテレイン”の「H/T」、クロスオーバーや都市型SUV向けの「SUV」という4つがある。さらに、サマータイヤの「ブルーアース」や「アドバンスポーツ」にもSUV用サイズを設定して、世界的なSUVブームに対応している。

今回追加設定されるX-MTは、マッドテレインタイヤの「M/T G003」をさらに上回るオフロード性能を追求したタイヤで、「X-」は“エクストリーム”を意味している。つまり、X-MTはシリーズ最強のオフロード向けタイヤということになる。

すでに北米市場に投入済みのX-MT、日本では少し遅れて登場する予定。発売サイズは40×13.50R17 LT 121Q、37×13.50R17 LT 121Q、35×12.50R17 LT 121Qの3サイズで、実物を見るとその大きさに驚く。どんなクルマがこのジオランダーX-MTを履きこなすのか、すぐにはイメージできなかった。

あなたにおすすめの記事
新着記事